Home > webmaster

消費者の商品選択を誘導する「おとり効果」とはどのような販売戦略なのか?|GIGAZINE

ネットショッピングのウェブサイトなどをみていると、 商品のレコメンデーション機能(おすすめ機能)が 充実してきています。 何かを購入しようと商品を見比べている時に、 価格帯が似ている別の商品を表示してきたり、 セットの内容が微妙に違う商品を並べてきたりと さらに迷ってしまうような表示が出てくることが しばしばあります。 こうした売り手側の販売戦略のひとつは 「おとり効果」と呼ばれます。 クイーンズランド工科大学のゲイリー・モーティマー准教授や 行動経済学者のダン・アリエリー氏により 具体的な事例を交えて、三つ目の選択肢が提示されたとき、 消費者が好みを変更する現象について 解説している記事をご紹介します。 解説記事に掲載されている具体例を見ると、 気づかないうちに、同じような経験したことがあると 気づくかもしれません。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 商品やサービスを顧客に提供する売り手側の販売戦略のひとつ「おとり効果」は、商品の選択で悩んでいる消費者の思考をずる賢く誘導することもあるため注意が必要だと、クイーンズランド工科大学のゲイリー・モーティマー准教授が解説しています。 情報源: 消費者の商品選択を誘導する「おとり効果」とはどのような販売戦略なのか?

Read More

共同作業は多人数ほどうまくいく 複数ロボットによる作業にも適用可能 | 日本の研究.com

何かの作業を一人で行うのと、 複数人で行うのとではどちらが効率がよいでしょうか。 たとえば、複数で行うのが効率がよいとして、 その場合の人数は2人のほうが効率がよいのか、 あるいはそれ以上の人数のほうが効率がよいのか。 共同作業を行う際の人数に関する研究が 東京工業大学科学技術創成研究院、 インペリアル・カレッジ・ロンドン、東京大学らの 研究グループによって行われました。 今回行われた実験は、例えるなら 大きなテーブルを多人数で動かすような 共同作業を想定して設計されたものです。 今回はコンピュター画面上をランダムに動き回るターゲットを、 カーソルを動かして追いかける作業を行なったそうです。 その際に、集団全体でどのように動きを 調整しているのかを解明することを目的としています。 実験に際しては、ロボットインターフェースと呼ばれる 特殊な装置を被験者の手に装着。 仮想的なバネを設定し、手の触覚を介して 他人の動きを互いに検知しあうことができるようにしたそう。 この装置をつけて、被験者が2人の時、 あるいは3人、4人と被験者を増やした時に 作業効率がどのように変化したかを実験。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】共同作業は多人数ほどうまくいく 複数ロボットによる作業にも適用可能 | 日本の研究.com  

Read More

留学先に選ぶべき米大学 2019年のトップ50校 | Forbes JAPAN

グローバル化が進められて久しく、高校や大学において 留学するコースを導入するところも増え、 それが当たり前のような時代になっています。 日本からの留学先として、相変わらず人気が高い アメリカの大学ですが、どのような大学が 留学先として適しているのかを検討するうえで、 参考になりそうな記事をご紹介します。 Forbesが独自の基準で評価づけした 「留学生向け米大学トップ50校」ランキング という記事です。 その基準としては、「大学の質」や 「留学生の6年目の卒業率」や支援や制度の有無など のいくつかの評価基準で分析した結果です。 2019年のランキングに入った50校とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 米政府がここ2年間、国境の封鎖を主張してきたことを考えれば、米国の大学で学ぶ留学生の数が伸び悩んでいることはさほど驚きではない。米国には今でも100万人以上の留学生がいるが、国際教育交流の状況をまとめる米NPOの国際教育研究所(IIE)によ 情報源: 留学先に選ぶべき米大学 2019年のトップ50校 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Read More

電気刺激を与えると笑いが出る脳の部位が見つかる、覚醒状態の開頭手術中でも不安軽減に効果あり|GIGAZINE

アメリカの神経科学者らが、脳の特定の部位に 電気刺激を与えることで、人を笑わせたり 不安を軽減したりできることを発見したそうです。 ある脳の部位に電気刺激を与えることにより、 笑いを誘発できることをというこの現象は、 発作診断のためのモニタリングを受けている最中の てんかん患者で確認されたのだそう。 脳の手術の中には、覚醒した状態の患者と 医師が会話を行うなどして様子を常に確認しながら 重要な脳機能を損傷しないよう行う手術方法がありますが、 覚醒している患者からすると、脳の手術を 受けている様子がわかるのは不安な気持ちになります。 この笑いを誘発する部位を刺激すると リラックスした気持ちになり、不安感が軽減され 手術中にパニックを起こさずに手術を終えられたそうです。 その刺激を与えた脳の部位とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 アメリカの神経科学者らが、脳の特定の部位に電気刺激を与えることで、人を笑わせたり不安を軽減したりできることを発見しました。これは、たとえ覚醒した状態での開頭手術中でも効果があって、患者を落ち着かせることができたそうです。 情報源: 電気刺激を与えると笑いが出る脳の部位が見つかる、覚醒状態の開頭手術中でも不安軽減に効果あり

Read More

滋賀の図書館 貸出冊数なぜ多い(もっと関西)|日本経済新聞

県民1人当たりの図書館からの貸出冊数が この10年、1位または2位の県があります。 それは、滋賀県。 1980年代初頭には、県内の公立図書館が 10カ所ない状態で、県民への1人当たりの 貸出冊数も年1冊前後であったようですが、 その後、どのような経緯を経て、 図書館が愛されるようになってきたのかが 記事となっています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 なお、記事に登場する図書館のURLは以下のとおりです。 滋賀県立図書館 https://www.shiga-pref-library.jp/ 守山市図書館 http://moriyama-city-lib.jp/ 湖南市立図書館 https://www.lics-saas.nexs-service.jp/konan/ 公益財団法人江北図書館 http://www.geocities.jp/kohokutoshokan/ 滋賀県民の人と雑談し、こんな話題になった。「滋賀の人はほんま、図書館が好きなんや」。調べてみると、県民1人当たりの図書館からの貸出冊数はこの10年、1位または2位だ。なぜ、ここまで愛されるのか。それ 情報源: 滋賀の図書館 貸出冊数なぜ多い(もっと関西)

Read More

親密な人間関係をデータから客観的に識別できる新手法を開発 | 日本の研究.com

ウェアラブルセンサを用いた接触データの 蓄積が進んでいるそうで、このデータに 行動情報もプラスした形で蓄積されているそう。 こうして取得されたデータは、 社会ネットワークの形成メカニズムに関する 理論・データの解析に利用されています。 神戸大学が行なった研究は、 各個人が潜在的にもつ活動量をデータから推計し、 その集団にできるネットワークを分析するというもの。 その方法は、無作為に相手を選んだ場合に起こりうる 接触回数の分布を各ペアについて求めて、 現実に観察された接触回数と比較したそうです。 例えば、無作為に相手を選択する場合に 期待される範囲に収まっていれば、 そのペアは統計的には親密とは言えず、 起こりえないほど多ければ、 そのペアは統計的に親密であると判定。 この分析方法は、コミュニティだけでなく 銀行間の資金取引関係に適用した分析にも使えるようです。 具体的な分析結果などはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】親密な人間関係をデータから客観的に識別できる新手法を開発 | 日本の研究.com  

Read More

斬新なアイデアを生むのは9人以下の「少人数チーム」であることが判明|ニコニコニュース

10人未満の「小さなチーム」と 10人以上で構成された「大きなチーム」。 それぞれのチーム構成でメリットやデメリットは あるでしょうが、それぞれのチームに 向いていることは何なのでしょうか? シカゴ大学のジェームス・エバンズ氏率いる 研究チームが、過去50年間にわたる、 6,500万もの研究や特許、ソフトウェア製品を分析。 その分析結果から、研究や製品がどのように 生み出されてきたのかを評価するための 指標を開発したそうです。 画期的なアイデアでブレイクスルーを 生み出すためには何名のチームで行うのが よいという結果が出たでしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   Point ■過去50年間の研究や特許について分析をおこなった結果、「9人以下」の小さなチームのほうが斬新なアイデアを提供しやすいことが分かった ■逆に「10人以上」の大きなチームは、既存のアイデアをブラッシュアップすることが得意である… 情報源: 斬新なアイデアを生むのは9人以下の「少人数チーム」であることが判明  

Read More

立命館大学 2017年度日本人学生の海外派遣数で初の全国第1位 | 大学ジャーナルオンライン

今年の1月に、日本学生支援機構が 以下の調査結果を発表しました。 2017年度協定等に基づく日本人学生留学状況調査結果|独立行政法人日本学生支援機構 https://www.jasso.go.jp/about/statistics/intl_student_s/2018/index.html 日本人学生の海外派遣数を様々な角度から まとめたこの調査。 1.地域別・留学期間別日本人留学生数 2.地域別・男女別日本人留学生数 3.国(地域)別日本人留学生数 4.専攻分野別日本人留学生数 5.日本人学生派遣数の多い大学 などの結果が報告されています。 今回の調査で初の全国第1位(1,543人)となったのは、 立命館大学です。 その取り組みとは? また、留学生が多い専攻分野とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   立命館大学は、日本学生支援機構が発表した「2017年度協定等に基づく日本人学生留学状況調査結果」において、日本人学生の海外派遣数で初の全国第1位(1,543人)となった。  情報源: 立命館大学 2017年度日本人学生の海外派遣数で初の全国第1位 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

日本人の表情がエクマンの理論とは異なることを実証 -世界で初めて日本人の基本6感情の表情を報告|京都大学

アメリカの心理学者であるポール・エクマンが パプアニューギニアの部族民などを 調査した基本的な感情のリストを作成。 その基本的な感情リストとは、 「怒り」「嫌悪」「恐れ」「幸福感」「悲しみ」「驚き」 という6つの感情と定義されています。 それでは日本人の場合はこの感情がどのように 表出するのでしょうか。 京都大学こころの未来研究センターの研究グループが 日本人65人を対象として、表情の表出を調査。 その際にエクマンの理論に基づいて作られた 表情写真を模倣するというターゲット条件と、 その感情を表出するためのシナリオ条件で 実験を行なったそうです。 その結果、どのような違いがみられたでしょうか。 ターゲット条件とシナリオ条件の表情を モーフィング技術で平均顔を作成されていますが、 表情の違いに驚きます。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 佐藤弥 こころの未来研究センター特定准教授らの研究グループは、日本人65人を対象として、表情の表出を調べ、日本人の表情が心理学研究において著名なエクマン博士の理論とは異なることを実証しました。 情報源: 日本人の表情がエクマンの理論とは異なることを実証 -世界で初めて日本人の基本6感情の表情を報告- — 京都大学  

Read More

大学生の平均印刷枚数7,600枚、エプソンが実態調査 | 大学ジャーナルオンライン

デジタルデバイスが浸透してきた現代では、 仕事だけでなく、学生生活においても、 これまでにプリンターで印刷していたものを デジタルデバイスで見ているということも 増えているのではないかと思いますが、 実際はどうなのでしょうか。 セイコー・エプソン、エプソン販売の 2017年度、2018年度新入社員の一部142人を 対象にエプソン販売が、大学4年間における プリントの実態調査を実施したそうです。 それによると、なんと平均印刷枚数は7,630枚! 目的別で使用量が大きかったのは、 どのようなことだったでしょうか。 また、文系と理系で印刷枚数に違いはあったでしょうか? 印刷に関する困りごとは、学生時代に同じ思いを した人も多いことがリストアップされています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   大学生が4年間の学生生活で印刷する紙の枚数が平均7,630枚に上ることが、エプソン販売の実態調査で分かった。 情報源: 大学生の平均印刷枚数7,600枚、エプソンが実態調査 | 大学ジャーナルオンライン  

Read More
error: