Home > webmaster

「犬を飼っていると心臓発作や脳卒中による死亡リスクが下がる」という研究結果|GIGAZINE

イヌは、人間と共に暮らす身近な存在であるとともに、 私たち人間に様々な影響を与えています。 こうした影響を調べる研究テーマが多いことから アンドラでもイヌについての研究を多く取り上げています。 今回は、スウェーデンのウプサラ大学の 研究チームが行なった30万人以上のデータを 分析した研究をご紹介します。 2001年から2012年にかけての期間において 急性心臓発作を起こした40歳~85歳の患者約18万2000人と、 脳卒中を起こした40歳~85歳の患者15万人以上の データを収集。 この2つのグループ全体で、およそ20人に1人が 犬を飼っていたことが判明したとのことで、 研究チームは犬を飼っている患者と 飼っていない患者の死亡率を比較したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 人は何万年も前から犬を飼っていたといわれていて、「犬を飼うことは人の遺伝子に刻まれている」と主張する研究も存在します。スウェーデンで実施された、30万人以上のデータを分析した研究で、「犬を飼っていると心臓発作や脳卒中による死亡リスクが低くなるかもしれない」ということが報告されています。 情報源: 「犬を飼っていると心臓発作や脳卒中による死亡リスクが下がる」という研究結果  

Read More

地質サンプルが語る 小惑星衝突、恐竜最後の日 | NATIONAL GEOGRAPHIC

夏休み時期に開催される恐竜に関する展示会は、 毎年大盛況です。 かつて地球上で長きにわたり隆盛を極めていた 恐竜たちは、小惑星の衝突であっという間に 絶滅してしまったと考えられています。 今から6600万年前、メキシコのユカタン半島沖に 「チクシュルーブ衝突」と呼ばれる出来事がありました。 巨大な小惑星が衝突し、動植物種の75パーセントを 絶滅に追いやった最も有力な原因とされています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/チクシュルーブ衝突体 米テキサス大学オースティン校などの研究グループが このときの様子を海底からコアサンプルを採取して 地質から検証した研究をご紹介します。 岩石のデータとコンピューターモデルを組み合わせて、 分析が行われた結果、小惑星衝突のときに いったい何が起こったのでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 地質サンプルが語る 小惑星衝突、恐竜最後の日 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト  

Read More

最古のオーロラ様現象記録 (紀元前660年前後) の発見 ~アッシリア占星術レポートの解析~ | 日本の研究.com

占いは太古の昔から、世界中の様々な国で その国の政治を司る人々の決断を助けるような 目的で利用されてきました。 その占いの中でも、占星術は夜空の星や 空の状態を観察して行う占いで、現代の 私たちにも馴染みがある占い方法とも言えます。 この星占いのために紀元前に粘土板に刻んだ 天文現象が当時の空の様子を記録していたことが わかったという研究をご紹介します。 筑波大学、大阪大学、英国科学技術施設研究会議・ ラザフォード・アップルトン研究所、京都大学、 名古屋大学の研究チームは、 紀元前8世紀から紀元前7世紀に 楔形文字、アッカド語で粘土板に記され、 実際に観測された天文現象について アッシリアの王に説明する役割を果たした 占星術レポートを解析。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】最古のオーロラ様現象記録 (紀元前660年前後) の発見 ~アッシリア占星術レポートの解析~ | 日本の研究.com  

Read More

ノーベル化学賞が「リチウムイオン電池の父」に授与されることの価値|WIRED.jp

電気をためておくことができる仕組み、 つまり電池の開発は昔から科学技術に 大きく寄与する研究となるため、 ノーベル賞候補になると言われてきました。 そして、ついに、2019年10月のノーベル化学賞で リチウム電池の開発に貢献した3名、 テキサス大学オースティン校のジョン・グッドイナフ氏、 ニューヨーク州立大学ビンガムトン校のスタンリー・ウィッティンガム氏、 旭化成名誉フェローで名城大学教授の吉野彰氏が ノーベル化学賞を授与されることが決まりました。 スマートフォンやパーソナルコンピューターなどを はじめとして、現在の私たちの生活に欠かせない リチウムイオン電池がどのように開発されたのか、 詳しくはリンク記事でご確認ください。 また、毎年恒例の日本科学未来館における ノーベル賞に関するブログでも3人の科学者の関係が わかりやすく説明されています。 【速報】2019年のノーベル化学賞はリチウムイオン電池で日米の3博士 https://blog.miraikan.jst.go.jp/topics/201910092019-6.html#more 2019年のノーベル化学賞が、リチウムイオン電池の開発に貢献した旭化成名誉フェローの吉野彰ら3人に授与されることが決まった。いまや世界のインフラともいえるリチウムイオン電池の“父”が受賞 情報源: ノーベル化学賞が「リチウムイオン電池の父」に授与されることの価値|WIRED.jp  

Read More

土星に20個の新衛星を発見、太陽系で最多に|NATIONAL GEOGRAPHIC

昔は発見できなかったものが、技術の発達により どんどん発見できるようになっています。 その最も顕著な例が「宇宙」の観測かもしれません。 望遠鏡の精度や観測技術が発達してきて、 太陽系の星に関する情報も格段に増えていきます。 今回は、その太陽系の「土星」の周りを回る 衛星について、新たな発見があったという 記事をご紹介します。 米カーネギー研究所のスコット・シェパード氏らの 研究グループは、米国ハワイにある、 すばる望遠鏡を使って、その望遠鏡での観測が 可能なギリギリの大きさである直径5キロメートルほどの 天体を20個発見したとのこと。 新たな衛星のうち、17個にみられた特徴とは? 新たな20個の天体は12月6日まで名前を募集しているそう。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 土星に20個の新たな衛星が見つかった。これにより、土星が木星を抜き、衛星の数が一番多い天体となった。 情報源: 土星に20個の新衛星を発見、太陽系で最多に  

Read More

ウシにシマウマのシマ模様を描くと「吸血ハエの数が半分になる」と判明|GIGAZINE

シマウマの縞模様には、 吸血動物や虫を避ける作用がある可能性が あることが過去の研究でも判明しているそうですが、 この縞模様をウシに描いてみたらどうなるか? という研究をご紹介します。 この面白い実験を行ったのは、 愛知県農業総合試験場の研究チーム。 6頭の黒毛和牛を 「白黒のしま模様のウシ」 「黒い線だけのウシ」 「模様をつけないウシ」 に分けて、同じ場所にロープでつなぎました。 1分間ごとに1回の写真撮影を30分間行う観察を、 朝と晩の2回に分けて実施。 そして、写真に写ったハエの数や 各グループのウシが行う「忌避行動」の 頻度を調べた結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 過去の研究により、シマウマの模様には「吸血動物を避ける作用がある可能性」が認められたほか、「白黒模様のボディペイントには実際に害虫を遠ざける効果がある」ことが判明しています。そんな中、ウシにしま模様をつけてその様子を観察した実験により、「シマウマの模様を描くとウシにたかるハエが半減する」ことが確認されました。 情報源: ウシにシマウマのシマ模様を描くと「吸血ハエの数が半分になる」と判明  

Read More

若くして失敗を経験した研究者は後に成功しやすいという研究結果|GIGAZINE

失敗は成功のもと。 若い時の苦労は買ってでもせよ。 よく耳にすることわざですが、 できれば失敗したくないという気持ちは 先の成功が見えない若い時ほど 強くなるのかもしれません。 若い頃に失敗した経験が将来の研究に生かされている ということが見えてくる研究結果をご紹介します。 アメリカのノースウェスタン大学の研究チームは、 1990年から2005年にアメリカ国立衛生研究所の R01助成金に申し込んだ研究に関して、 支給の可否を決定する「NIHスコア」が ・しきい値をわずかに下回って助成金を受けられなかった研究 ・しきい値をわずかに上回って助成金を受けられた研究 の2つのグループをR01助成金の 申し込み後の10年間を追跡調査。 それぞれのグループに分類された研究の著者が、 その後に「成功」したかを調べたそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 キャリアの初期に発表した論文が大きな反響を得られず、「失敗」を経験した研究者のほうが、将来的に成功する確率が高いという研究結果が発表されました。 情報源: 若くして失敗を経験した研究者は後に成功しやすいという研究結果  

Read More

青山学院大学、研究者育成へ大学院生を助手に雇用 | 大学ジャーナルオンライン

毎年ノーベル賞が発表される度に、 日本の研究者が受賞することが話題になりますが、 その時にもう一つ話題となるのが、 現在の大学の制度のままでは大学院生が 研究に専念することが難しいといった問題。 将来はノーベル賞の受賞者だけでなく、 研究者自体も減少してしまうのではないか という危機が叫ばれています。 (32)日本人に科学ができるであろうか|野依良治の視点|国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター(2019年1月15日) https://www.jst.go.jp/crds/about/director-general-room/column32.html 青山学院大学は2020年度から、 大学院、専門職大学院研究科の大学院生約40人を 「院生助手」として雇用する新制度を 始めると発表しました。 どのような制度で、この制度を利用すると 大学院生にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   青山学院大学は2020年度から大学院、専門職大学院研究科の大学院生約40人を「院生助手」として雇用する新制度を始める。 情報源: 青山学院大学、研究者育成へ大学院生を助手に雇用 | 大学ジャーナルオンライン  

Read More

ワサビの来た道 葉緑体ゲノム解読でわかった進化の道筋 | 日本の研究.com

和食に欠かせない香辛料「ワサビ」。 鼻にツーンと抜ける爽やかな辛味は独特で、 海外でも人気があります。 この日本ならではの「ワサビ」ですが、 日本人が薬味として利用してきた栽培ワサビは、 野生のワサビを栽培化したものだそうです。 この野生のワサビはどのようなツールを 持っているのでしょうか? 岐阜大学、明治大学農学部、 静岡県農林技術研究所伊豆農業研究センター わさび生産技術科などの研究グループは、 日本のワサビ属植物のルーツを調べるため 葉緑体全ゲノム解読を実施しました。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】ワサビの来た道 葉緑体ゲノム解読でわかった進化の道筋 | 日本の研究.com  

Read More

「ダークモード」は、本当に“目に優しい”のか? 5つの観点から科学的に検証した結果|WIRED.jp

「ダークモード」は、パソコンや スマートフォンなどのメインカラーを 黒を基調とした配色に変更する機能で、 OS(オペレーションシステム)にこの機能が 搭載されたことで、アプリケーションでも 「ダークモード」への切り替えができるものも 増えてきています。 この「ダークモード」は、暗い背景色を 採用するため、特に夜などに視覚から入る 明るさを軽減することで睡眠を妨げない、 目に優しいなどと言われています。 本当のところはどうなのでしょうか? 検証1)ダークモードは目の疲れを軽減するのか? 検証2)ダークモードは文字を読みやすくする? 検証3)ダークモードはバッテリー寿命を延ばすか? 検証4)ダークモードにすると集中力が高まり、気が散りにくくなる? 検証5)就寝前はダークモードのほうがいい? という5つの検証を様々な分野の専門家が 行なっています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 スマートフォンやPCの「ダークモード」表示を好む人たちは、このモードが目の疲れを減らし、バッテリー寿命を延ばし、睡眠を改善してくれるのだという。だが実際のところをどうなのか? 5つ 情報源: 「ダークモード」は、本当に“目に優しい”のか? 5つの観点から科学的に検証した結果|WIRED.jp  

Read More
error: