Home > webmaster

Office365版【Word】タブ

これまで公開していた Microsoft Office 2010版「ITスキル」シリーズを Offce365(投稿時点ではOffice2016と同様の機能)に バージョンアップしてお届けします。 Office365版のWord編、 第3回目は『タブ』です。 なお、Word2010版をご覧になりたい方は、 こちらをご覧ください。 目次:ITスキル【Word編】(Office2010版) http://andla.jp/wp/?page_id=1337   (さらに…)

Read More

広島大学文書館が豪雨災害で水損した学校文書の修復作業を行いました|広島大学

先日、西日本を襲った豪雨災害では、 水没によって多くの文書類なども被害を受けました。 広島市安佐北区の深川小学校が冠水したことで、 学校文書が水損するという被害があったそうです。 広島市公文書館の支援要請を受けた広島県立文書館が 「災害等の発生に伴う史・資料保護に関する相互協力協定」 に基づいて、広島大学に協力を要請し、 広島大学文書館が修復作業を行ったそうです。 その修復作業について、広島大学が過程などの 報告をしています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   情報源: 広島大学文書館が豪雨災害で水損した学校文書の修復作業を行いました

Read More

細胞が情報物質を取り込む瞬間の撮影に成功!―生きた細胞の表面を「見る」革新的技術― | 日本の研究.com

技術の発達とともに、可視化されるものが増え、 これまでは予測に過ぎなかったことが 次々に明らかになっています。 人体の仕組みもそのうちのひとつです。 今年の春頃にNHKの「人体」という番組で放送され、 国立科学博物館で今年の3月から6月までの間、 この番組とも関連した「人体」に関する展示が 行われていましたが、ここで取り上げられていた 内容として、臓器などが放つ情報伝達物質が体を駆け巡り、 人間の臓器や脳は実にダイナミックに 情報交換を行なっているということに 関心を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。 NHKスペシャル「人体」神秘の巨大ネットワーク|NHK https://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/ その体の中を駆け巡っている情報伝達物質が、 細胞に取り込まれて行く瞬間を撮影することに 成功したという研究報告がありますので、 ご紹介します。 京都大学大学院、東北大学学際科学フロンティア研究所、 オリンパス株式会社らの研究グループは、 細胞が外界の物質を取り込む際の 直径数100nmの陥入構造を生きた細胞で可視化した というものです。 つまり、生きた細胞の細胞膜を可視化する 特殊な顕微鏡を独自に開発に成功したというもの。 その特殊な顕微鏡で観察してわかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】細胞が情報物質を取り込む瞬間の撮影に成功!―生きた細胞の表面を「見る」革新的技術― | 日本の研究.com

Read More

自尊心の低い人はVRでアインシュタインになると点まで上がる|GIZMODO

違う自分になれたら、もっと違う人生があったかも。 そんな思いは案外簡単に叶えられるかもしれません。 それも現在ある仮想現実(VR)の仕組みで。 バルセロナ大学が行なった実験は、 18~30歳の男性30人を対象として行われました。 この対象者を2つのグループに分け、 まず事前テストとして、自尊心、問題を解く力、 高齢者に対する無意識の偏見の度合いをチェック。 続いて、ボディスーツとVRゴーグルを装着し、 その2つのグループにそれぞれ ・アルベルト・アインシュタインになる ・同年代の平凡な風貌の人になる という、それぞれの姿で約30分過ごしてもらい、 終わってからまたテストを実施。 その変化を調べたそうです。 その結果、ある特徴を持った人に 驚くべき変化が現れたようです。 その変化とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 アバターって偉大ですね…。仮想現実(VR)でアインシュタインに化けると頭の働きまでよくなることが、バルセロナ大学の実験で明らかになりました。仮想の自分に現実の自分が影響される錯覚を「バーチャル・エンボディメント」と呼びます。「没入型のVR 情報源: 自尊心の低い人はVRでアインシュタインになると点まで上がる

Read More

人工知能を用いた火山灰粒子の形状判別 噴火状況の迅速な理解を目指して | 日本の研究.com

最近、火山活動が活発担っている場所が多く、 ニュースでの報道も増えています。 例えば、ハワイのキラウェア火山や鹿児島の桜島、 そして西之島のように大爆発によって 新たに島ができて拡大し続けている場所もあります。 その噴火の様式などを判断するために 今回ご紹介する研究が着目したのは「火山灰」です。 東京工業大学と産業技術総合研究所、 統計数理研究所の共同研究グループは、 人工知能(AI)を用いて火山灰粒子形状の 判別・分類を行ったそうです。 これまでは目視や比率を計測して数値化してきましたが、 目で見て判断するというのは限界があります。 また見分けるためには経験が必要だったそう。 そこで研究グループは、伊豆半島、三宅島、 アイスランドから集めた火山灰の画像から 「ブロック状」 「えぐれている」 「長細い」 「丸い」 という4つの特徴的な形状をもつ粒子を選び、 AIに学習させたそうです。 その結果、どのくらいの精度で分類できたでしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 今後、さらに改良を進めて噴火から解析までの時間が 短縮されれば、火山噴火の経緯を把握できたり その火山の分類なども素早くできるように なるかもしれません、 情報源: 【プレスリリース】人工知能を用いた火山灰粒子の形状判別 噴火状況の迅速な理解を目指して | 日本の研究.com

Read More

世界各都市の道路が向いている方角が可視化されたグラフを比べてみると何がわかるのか?|GIGAZINE

地図を見ているとその都市の様子がよくわかります。 日本の例で言えば、京都などの碁盤の目のように 道が区切られている場所があったり、 田園都市のように放射線状に広がるように 道路が走っていたりと様々な形があります。 そんな「道」をテーマにした、 とても面白い研究がありますのでご紹介します。 カリフォルニア大学バークレー校の博士研究員を務める ジェフ・ボーイング氏が行なった研究は、 道路網をプログラムによって地図から抽出。 それによって、道路の向きがどれくらいの頻度で登場するのかを 図示することが可能になり、そのことによって 都市の複雑さを比較するという手法を採用しています。 具体的には、その地図から取り出した「道」の情報を 極座標上に道路の方向と頻度を示したグラフに落とし込んでいます。 実際にグラフにしてみると、それそれの都市で 道の整備状態が一目瞭然です。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 なお、この都市境界線と道路網を抽出するために利用した Pythonパッケージ「OSMnx」は、GitHubで公開されているそうです。 カリフォルニア大学バークレー校の博士研究員を務めるジェフ・ボーイング氏が、道路網をプログラムによって地図から抽出し、道路の向きがどれくらいの頻度で登場するのかを図示することで都市の複雑さを比較する 情報源: 世界各都市の道路が向いている方角が可視化されたグラフを比べてみると何がわかるのか?

Read More

日本産ドジョウ類全35種類の3Dモデルをオンライン公開 | 日本の研究.com

博物館などで、ホルマリン漬けになっている 標本を見た経験がある人は多いかもしれません。 保存された当時の状態をそのままに保存されているとはいえ、 瓶まで近づかないとよく見えないことが多いですし、 保存状態によっては少し見づらいこともあります。 また、実際に博物館にはたくさんの生物標本があるとしても 展示されているのは、その中のごく一部ということも 多いのが現実です。 もっと標本を自由に見る方法はないでしょうか。 九州大学持続可能な社会のための決断科学センターの 鹿野准教授らは、福岡県保健環境研究所、 山階鳥類研究所、三重県総合博物館、 滋賀県立琵琶湖博物館と共同で調査研究を行い、 日本産のドジョウ類全35種類について、 各標本をCTスキャンし、その3Dモデルを オンライン公開したそうです。 どのような標本が見られるのでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 3Dモデルへのリンクも掲載されています。 公開された3Dモデルはマウスの操作によって 拡大したり回転したり自由にできるので、 ドジョウの肌の様子を見たり、お腹や尻尾のあたりを 注意深く観察できます。 それぞれのドジョウでどのような違いがあるか ぜひ確認してみてください。   情報源: 【プレスリリース】日本産ドジョウ類全35種類の3Dモデルをオンライン公開 -デジタル化により標本の形態を半永久的に劣化なく保存することが可能に- | 日本の研究.com  

Read More

過去の経験から自由になれる?京都大学が洞察瞑想時の脳活動を明らかに | 大学ジャーナルオンライン

ストレスが多い現代において、 気持ちを切り替えるのも難しいと感じることがあります。 最近は、このようなストレスフルな状態から、 マインドフルネスと呼ばれる、自分の心を今このときに 向けていくための方法が紹介されることも増えています。 注目を集めている方法のひとつに「瞑想」があります。 この瞑想には、 ・特定の対象に意図的に注意を集中する集中瞑想 ・今この瞬間に生じている経験にありのままに気づく洞察瞑想 があるそうです。 今回ご紹介する研究は、洞察瞑想に関するもの。 京都大学の研究グループが、 瞑想実践者の洞察瞑想時の脳活動をMRI装置で測定。 脳領域間の関係を調べる機能的結合性解析を実施したそうです。 脳活動を具体的に測定することでわかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 マインドフルネスの瞑想については、 様々なメディアや媒体でも紹介されています。 今回はNHKで放送された方法をまとめた 以下のウェブサイトも参考までにご紹介します。 マインドフルネスめい想|NHK健康ch https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_699.html 実践的マインドフルネス 美と若さの新常識|NHK https://www.nhk.or.jp/beautyscience-blog/2018/123/298997.html     京都大学の研究グループは、瞑想実践者の洞察瞑想時の脳活動をMRI装置で測定し、脳領域間の関係を調べる機能的結合性解析を実施した。 情報源: 過去の経験から自由になれる?京都大学が洞察瞑想時の脳活動を明らかに | 大学ジャーナルオンライン

Read More

「孤独」を感じるかどうかには遺伝子が関係している可能性があるとの研究結果|GIGAZINE

孤独を感じることは誰にでもあることですが、 似たような環境にあっても、 その感じ方やその頻度などは人ぞれぞれに違うようです。 なぜ、そのような違いが生まれるのか。 その理由の一つに遺伝子が関係しているかもしれない という研究をご紹介します。 ケンブリッジ大学のJohn Perry氏は、 イギリスのバイオタンク「UK Biobank」に登録されている 被験者48万7647人分の遺伝子変異について調査。 孤独と関係する遺伝子領域15箇所を特定したそうです。 さらに、この研究チームは以前の研究結果も踏まえ、 孤独には同じ遺伝子が関係していることとの 関係性についても明らかにしています。 その同じ遺伝子が関係していることとは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 by sasint 孤独な人が風邪をひくと症状が悪化するということが研究で示されているように、孤独は人の健康状態と大きく関わってきます。そんななか、「人がどのくらい孤独を感じるのかは、部分的には遺 情報源: 「孤独」を感じるかどうかには遺伝子が関係している可能性があるとの研究結果

Read More

女子の教育機会の欠如、国に巨額の損失をもたらすことに|世界銀行

7月12日は「マララ・デー」でした。 すべでの子どもたちが教育を受ける権利を唱えた パキスタンのマララ・ユスフザイさんの勇気をたたえ、 国連が制定したものです。 この日に先駆けて、世界銀行が発表した新報告書の中で、 女子の教育機会の欠如や中等教育(12年間)の修了が 妨げられることによる生涯生産性と生涯所得の損失について 指摘しています。 その損失は、15兆ドル~30兆ドルに上るそうです。 教育を受けられないことで、どのような弊害があるかを このレポートではまとめています。 特に、女性が教育を受けることで、 社会的、経済的な恩恵がもたらされる事実は、 これまでに改善に取り組んできた国の状況を見れば 明らかなことでもあります。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 「失われた機会:女子の教育機会の欠如が招く巨額の損失」 と題された報告書(英語)へのリンクも掲載されています。 世界銀行は、国連が定めた7月12日の「マララ・デー」に先駆け発表した新報告書の中で、女子の教育機会の欠如や中等教育(12年間)の修了が妨げられることによる生涯生産性と生涯所得の損失は、15兆ドル~30兆ドルに上ると指摘する。 情報源: 女子の教育機会の欠如、国に巨額の損失をもたらすことに ―世界銀行新報告書

Read More