Home > NEWS > いじめをAIで分析し特徴を予測 滋賀県大津市|教育新聞

いじめをAIで分析し特徴を予測 滋賀県大津市|教育新聞


いじめの対策は様々な角度から行われていますが、
最近ではインターネットやデジタルデバイスの普及も伴い、
複雑でクローズドな状況で深刻化しており、
いじめを見つけること自体も難しくなってきています。

滋賀県大津市教育委員会が2月8日に、
市内の小・中学校から報告されたいじめの事例を
AI(人工知能)で分析する取り組みを
2019年度から開始すると発表しました。

どのようなデータを用いて分析を行うかなど
詳しくはリンク記事でご確認ください。

なお、滋賀県大津市は、
いじめ対策ポータル
というウェブサイトを運営しています。
このポータルサイトでは、子どもがいじめかどうか
迷ったときに確認したり、声をどうあげたらよいかを
伝えるコーナーが設けられていたり、
保護者や市民に対して、子どもたちを守るために
それぞれ何ができるかを記載されています。

いじめ対策ポータル|滋賀県大津市
http://www.city.otsu.lg.jp/ijime_taisaku/index.html

 

滋賀県大津市教委は2月8日、市内の小・中学校から報告されたいじめの事例をAI(人工知能)で分析する取り組みを2019年度から開始すると発表した。全国初の試みで、長期化するいじめの特徴や効果的な学校の対応などを予測し、教職員と共有する。

情報源: いじめをAIで分析し特徴を予測 滋賀県大津市


error: