Home > NEWS > 「寝だめ」の効果はごく一時的なもの、20分昼寝したほうがまだ効果的との専門家の意見|GIGAZINE

「寝だめ」の効果はごく一時的なもの、20分昼寝したほうがまだ効果的との専門家の意見|GIGAZINE


睡眠不足の日が続いたとき、
久しぶりの休日に「寝だめ」をして
帳尻を合わせようとすることがあります。

しかし、ミシガン大学睡眠障害センターの
キャシー・ゴールドスタイン博士は、
「睡眠を取れる時に長めに眠ることには
多少の効果はありますが、
埋め合わせにはならない」としています。

その理由を、
・睡眠負債を埋め合わせることができるか
・睡眠不足とそれを回復させるための睡眠の繰り返しは
 悪化した代謝を修正できるか
を探る2つの研究結果から考察を行なっています。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


仕事で忙しく毎日寝不足気味の人が、週末に「寝だめ」して睡眠不足を解消しようとするケースは多々あるかと思います。睡眠に関する研究の中には「寝だめは死亡リスクを下げる」というものも存在しており、確かに寝だめには一定の効果があることが判明していますが、睡眠と神経学の専門家は「寝だめよりも20分の昼寝の方が効果的」と指摘しています。

情報源: 「寝だめ」の効果はごく一時的なもの、20分昼寝したほうがまだ効果的との専門家の意見


error: