Home > NEWS > 「適量」の飲酒であっても脳卒中のリスクは高まるという研究結果|GIGAZINE

「適量」の飲酒であっても脳卒中のリスクは高まるという研究結果|GIGAZINE


脳卒中は、脳に血液が流れなくなることによって
脳の神経細胞が壊死する病気です。
その原因によって、「脳梗塞」「脳出血」などに分類されます。

脳卒中の主な症状|日本脳卒中協会
http://www.jsa-web.org/citizen/87.html

この生命の危険や重度の障害を残す可能性のある
脳卒中とアルコールの関係を調査した研究を
ご紹介します。

オックスフォード大学のリチャード・ピート教授らの
研究チームは、中国で2004年から2008年にかけて
50万人以上の成人から収集された
健康・ライフスタイル・遺伝データを分析。

その結果、飲酒と脳卒中との関連についての
リスクについて指摘しています。
その結果とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


脳卒中は脳の血管が詰まったり破れたりして、手足のしびれ・麻痺、言語・思考障害を引き起こしたり、重度の場合では寝たきりになったり、死に至ったりする病です。脳卒中は日本においてがん・心臓病に次いで高い死因を誇る病ですが、「適量」の飲酒ですら脳卒中のリスクを高めるという研究結果を、The Guardianが報じています。

情報源: 「適量」の飲酒であっても脳卒中のリスクは高まるという研究結果


error: