Home > NEWS > 音楽演奏に対する感性を理解する人工知能技術を開発 | 日本の研究.com

音楽演奏に対する感性を理解する人工知能技術を開発 | 日本の研究.com


音楽コンクールでの評価は、
・アーティキュレーション
・デュナーミク
・フレージング
とよばれる演奏技巧に関する違いに基づいて、
経験的な人の感性によって行われているそうです。
(用語の解説はリンク記事にあり)

筑波大学と大阪大学の研究グループは、
ピアノの演奏に着目。

演奏の音楽表現を人工知能で認識させることを
目標として、MIDIデータを用いて
楽譜通りに作った基準となる演奏と
実際に演奏者が弾いたデータを比較して
類似性を判断できる人工知能を開発したそうです。

この演奏類似性の技術を用いて、
ピアノレッスンの自動化技術として
取り入れられているツールもあるようです。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】音楽演奏に対する感性を理解する人工知能技術を開発 | 日本の研究.com

 


error: