Home > NEWS > 腰痛の有訴に1.1~1.2 倍の社会経済的格差 | 日本の研究.com

腰痛の有訴に1.1~1.2 倍の社会経済的格差 | 日本の研究.com


腰痛に悩んでいる人は多いと思います。
「腰痛」と言っても、その種類はさまざまで
成長期や加齢、感染や炎症で発生するものもあります。

「腰痛」|日本整形外科学会
https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/lumbago.html

東北大学と日本医療研究開発機構の研究チームは
教育歴や所得による、「腰痛」の有訴率格差が
日本の高齢者にあるかどうかを調べるため、
2013 年に日本老年学的評価研究(JAGES)が
65 歳以上の要介護認定を受けていない高齢者を
対象に実施したアンケート調査に回答した
26,037 名を対象として調査を実施。

過去1年間の腰痛の有無や、所得、教育歴、
最も長く就労した職業の種類などについて
回答してもらい、市町村ごとに異なる環境や
腰痛有訴のばらつきを考慮した
ポアソン回帰分析を実施したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】腰痛の有訴に1.1~1.2 倍の社会経済的格差 | 日本の研究.com

 


error: