Home > NEWS > 成績上昇には「メタ認知」が重要 東京大学とベネッセが高校生を追跡調査 | 大学ジャーナルオンライン

成績上昇には「メタ認知」が重要 東京大学とベネッセが高校生を追跡調査 | 大学ジャーナルオンライン


メタ認知は、自分の状況を客観的に
認識することを指しますが、
学習においても、客観的に自分の学習状況を
捉えながら学ぶことは重要だと言われています。

ベネッセ教育総合研究所と東京大学社会科学研究所の
研究グループは、2015年度から同じ親子を
12年間追跡する「親子パネル調査」を実施。

親子パネル調査|東京大学社会科学研究所
https://web.iss.u-tokyo.ac.jp/clal/

親子パネル調査|ベネッセ教育総合研究所
https://berd.benesse.jp/special/childedu/

今回、2018年3月に高校を卒業した子どもの
高校3年間の追跡データ(703人)を用いて、
学習成果を上げるために、どのような活動を
行っていたかを調査した結果がまとめられています。

成績が上昇した高校生が行っていたこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
ベネッセ教育総合研究所と東京大学社会科学研究所は、同じ親子を12年間追跡する「親子パネル調査」を2015年度から実施してきた。 

情報源: 成績上昇には「メタ認知」が重要 東京大学とベネッセが高校生を追跡調査 | 大学ジャーナルオンライン

 


error: