Home > NEWS > 宇宙生活で染色体に異変、双子で実験、最新研究|NATIONAL GEOGRAPHIC

宇宙生活で染色体に異変、双子で実験、最新研究|NATIONAL GEOGRAPHIC


宇宙に滞在するとなれば、地球上とは異なる
環境下で過ごしていくことになり、
滞在している間に、体に変化が起こることは
以前から知られています。

今回ご紹介する記事は、双子の兄弟が
宇宙と地上で別々の暮らしをしたときに、
どのような違いがあるかを追った興味深い研究です。

参加したのは、宇宙飛行士スコット・ケリー氏と、
一卵性双生児の兄弟であるマーク氏。
スコット氏が国際宇宙ステーション(ISS)へ行き、
微小重力の条件下で宇宙飛行士として生活。
一方、地球ではマーク氏は自由で典型的な
民間人として生活しました。

2015年3月27日から2016年3月2日までの
約1年行われた実験からわかったこととは?
宇宙で過ごしたスコット氏には、どのような変化が
起こっていたでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


宇宙滞在で遺伝子、生理学、そして認知力に何が起こるのか。スコット・ケリー氏と双子の兄弟を比べることで、科学者たちは疑問を解き明かし始めた。

情報源: 宇宙生活で染色体に異変、双子で実験、最新研究


error: