Home > NEWS > オスのマウスばかり使う実験が科学的研究をダメにしている|GIZMODO

オスのマウスばかり使う実験が科学的研究をダメにしている|GIZMODO


サイエンス誌に掲載された、実験に使われている
マウスに関するある主張をもとに、
動物を使った研究におけるオス・メスの性別が
研究に与える影響についてがまとめられた記事を
ご紹介します。

サイエンス誌に掲載されたのは、
ノースイースタン大学の心理学科、
レベッカ・シャンスキー准教授の主張です。

その主張とは、長きにわたってオスの動物、
特にマウスばかりが使われてきたというもの。

なぜそのような状況になっていたのか、
そして、現在はどのような状況になっているのか、
詳しくはリンク記事でご確認ください。


科学分野における性差別って人間の女性だけに向けられたものじゃないんですって。今週発表された新しい論文によると、動物研究でもみられるのだそうです。実験に使われるマウスはオスばかりどういうことなのかというと、エストロゲンのようなホルモンが実験

情報源: オスのマウスばかり使う実験が科学的研究をダメにしている

 


error: