Home > NEWS > 放射能汚染土の新処理技術を早稲田大学が開発、高圧洗浄技術でコスト3分の1に | 大学ジャーナルオンライン

放射能汚染土の新処理技術を早稲田大学が開発、高圧洗浄技術でコスト3分の1に | 大学ジャーナルオンライン


東日本大震災の後、福島第一原子力発電所の
事故が発生。放射能汚染が広がりました。
その後、放射能汚染土を除染する作業が
行われ続けており、そこで袋詰された
大量の放射能汚染土が仮置場に山積みに
されている状況となっています。

その仮置場などに保管された汚染土は
除染作業を行い、中間貯蔵施設や
仮設焼却施設等に搬出されています。

仮置場について|除染情報サイト
http://josen.env.go.jp/soil/temporary_place.html

早稲田大学の松方正彦教授らの研究グループは、
高圧洗浄技術を応用した新しい放射能汚染土の
処理(減容化)技術の開発に成功したそうです。

その仕組みとは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
早稲田大学の松方正彦教授らの研究グループは、高圧洗浄技術を応用した新しい放射能汚染土の処理(減容化)技術の開発に成功した。情報源: 放射能汚染土の新処理技術を早稲田大学が開発、高圧洗浄技術でコスト3分の1に | 大学ジャーナルオンライン

 


error: