Home > NEWS > 発見が困難な28種類のガンのありかを放射性医薬品で可視化することに研究者が成功|GIGAZINE

発見が困難な28種類のガンのありかを放射性医薬品で可視化することに研究者が成功|GIGAZINE


体内に取り入れた後で医薬品から出る
放射線を分析することで、病気などを診断する
ポジトロン断層法(PET)という検査方法を
受けたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

ガン組織の多くはブドウ糖代謝が旺盛なことを利用し、
その場所を発見しようとする検査方法ですが、
ガンの種類によってはブドウ糖代謝が
それほど活発ではないため発見できないものもあります。

ハイデルベルク大学などの研究チームは、
別の物質で作られた放射性医薬品を使用した
検査方法を考案。

その結果、どのような種類のガンが発見できるように
なったのでしょうか。
また、その検査で使用した放射性医薬品とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

放射性医薬品とは放射能を持つ医薬品であり、体内に取り入れた後で医薬品から出る放射線を分析することで、体外から見えない病気などを診断することができます。そんな放射性医薬品を使い、28種類ものガンを識別することに成功したと研究者らが発表しました。

情報源: 発見が困難な28種類のガンのありかを放射性医薬品で可視化することに研究者が成功

 


error: