Home > NEWS > 大腸がんになりやすい腸内環境とは 大阪大学らが大腸がん初期の関連細菌を特定 | 大学ジャーナルオンライン

大腸がんになりやすい腸内環境とは 大阪大学らが大腸がん初期の関連細菌を特定 | 大学ジャーナルオンライン


血液検査でさまざまな疾患の可能性を知ることが
できることと同じように、人間の排泄物である便も
腸内細菌の様子などから、病気の手がかりを
知ることができます。

最近、腸内細菌と疾患の関係が次々に明らかになっており、
注目が集まっています。
今回は、大腸がんの罹患者と健常者と比較して
便中に増減している腸内細菌や腸内代謝物質について
便を使って調査した研究をご紹介します。

大阪大学、東京工業大学、東京大学、慶應義塾大学などの
研究グループは、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けた
616例の患者を対象に、その便を用いて、
メタゲノム解析とメタボローム解析を実施。

どのような腸内細菌や腸内代謝物質が
健常者と比較して、便中に増減していたのでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
大阪大学、東京工業大学、東京大学、慶應義塾大学などの研究グループは、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けた616例の患者を対象に便を用いてメタゲノム解析とメタボローム解析を行い、前がん病変である多発ポリープ(腺腫)や粘膜内がんの患者の便に特徴的な細菌や代謝物質を同定することに成功した。 

情報源: 大腸がんになりやすい腸内環境とは 大阪大学らが大腸がん初期の関連細菌を特定 | 大学ジャーナルオンライン

 


error: