Home > NEWS > 適度な「ノイズ」が人間のパフォーマンスをブーストしてくれるかもしれない|GIGAZINE

適度な「ノイズ」が人間のパフォーマンスをブーストしてくれるかもしれない|GIGAZINE


雑音が少ししていたほうが集中できる
という方も多いかもしれません。
あえてノイズを混ぜて、パフォーマンスに
好影響を及ぼすような現象を
「確率共鳴」と呼ぶそうです。

日本においても、「確率共鳴」に関する以下のような
研究が行われています。

確率共鳴(Stochastic Resonance: SR)現象による視覚-運動統合の向上|慶應義塾大学
http://www.kio.ac.jp/nrc/kio_nrc_press_20181219

自然界のありふれた雑音は小さな信号を際立たせる|北海道大学
https://www.hokudai.ac.jp/news/180219_pr2.pdf

今回は、スイスのチューリッヒ工科大学在籍時に
共同研究された実験結果が記載された記事をご紹介します。

頭皮上に置かれた電極から人間の脳に
ランダムな振幅&周波数の交流を流すという
経頭蓋ランダムノイズ刺激法(tRNS)を
用いた実験でわかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


誰かのせき払い、空調のモーター音、椅子のきしむ音、キーボードのタイピング音など、静かな空間でも完全に無音ということはありません。雑音が気になるという人も多いはずですが、雑音がむしろ人の認知機能をブーストしてくれる可能性があることが報じられています。

情報源: 適度な「ノイズ」が人間のパフォーマンスをブーストしてくれるかもしれない


error: