Home > NEWS > イヌが人の感情の変化に共感、麻布大学など共同研究で確認 | 大学ジャーナルオンライン

イヌが人の感情の変化に共感、麻布大学など共同研究で確認 | 大学ジャーナルオンライン


イヌを飼ったことのある人の中には、
その時の気持ちの変化に寄り添ってくれたり、
まるで共感してくれているような行動をとる
といったことを経験したことがある方も
多いかもしれません。

感情の変化の伝染は「情動伝染」と呼ばれるそうですが、
この「情動伝染」がイヌにも起こるのか、
起こっているとしたら、どのような特徴があるかを
麻布大学、熊本大学、名古屋大学、
奈良先端科学技術大学院大学が共同研究で実験調査しました。

実験は、13組の飼い主とイヌのペアを対象にして
行われました。
飼い主がイヌから見える位置に座り、
見学者の前で安静にしたり、
暗算や文章の説明という心的なストレスを体験。
その間、飼い主とイヌの心拍数の変化をモニター、
行動をビデオで解析したそうです。

分析の結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
イヌが人の急激な感情の変化に共感する能力を持っていることが、麻布大学、熊本大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学の共同研究で明らかになった。

情報源: イヌが人の感情の変化に共感、麻布大学など共同研究で確認 | 大学ジャーナルオンライン

 


error: