Home > NEWS > 中年期から初老期の肥満で脳の老化が早まる、米マイアミ大学研究|@DIME アットダイム

中年期から初老期の肥満で脳の老化が早まる、米マイアミ大学研究|@DIME アットダイム


ホルモンバランスが変化し、代謝が落ちてくる
中年期から体重増加に悩む人も増えてきます。
ダイエットの必要性はわかっていても、
体型を維持するのはなかなか難しいものです。

ただ、中年期以降の肥満が、
脳にも影響を与える可能性があるとしたら
「運動は明日からでいいか」
とは言っていられないかもしれません。

米マイアミ大学医学部の研究チームは、
平均年齢64歳の男女1,289人を対象に
BMIとウエスト周囲長などを測定。
平均で約6年後に脳MRI検査で評価した
大脳皮質の厚みや脳容積との関連を調べたそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 中年期から初老期の肥満で脳の老化が早まる、米マイアミ大学研究|@DIME アットダイム

 


error: