Home > NEWS > 世界で初めて「生物学的年齢」を若返らせる可能性が示される|GIGAZINE

世界で初めて「生物学的年齢」を若返らせる可能性が示される|GIGAZINE


毎年重ねていく年齢よりも、
かなり若く見える人もいれば、
年相応、あるいはそれ以上に見えることもあります。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の
スティーブ・ホルヴァート氏は、
DNAメチル化により求める生物学的年齢として、
「エピジェネティクス的年齢」を提唱しているそう。

その生物学的年齢であるエピジェネティクス的年齢を
世界で初めて巻き戻すことに成功したとする
研究をご紹介します。

その臨床実験は、1年にわたり9人の被験者に対して
成長ホルモンと2種の糖尿病薬という
3種類の薬の組み合わせでカクテル療法を
施すというもの。

実験期間後に被験者のゲノムを解析した結果、
生物学的年齢であるエピジェネティクス的年齢は
若返ったのでしょうか?
また、今後の課題とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


組織を若返らせる技術は加齢に伴う疾患の治療に役立つという可能性から、近年注目される研究分野となっています。暦年齢とは別に組織や細胞の老化の程度から求められる「生物学的年齢」(Biological Age)という概念がありますが、3つの薬を組み合わせて飲むことで、この生物学的年齢を若返らせることができるということが世界で初めて示されました。

情報源: 世界で初めて「生物学的年齢」を若返らせる可能性が示される

 


error: