Home > NEWS > 賞金3億円の大型科学賞、ブラックホール撮影に|NATIONAL GEOGRAPHIC

賞金3億円の大型科学賞、ブラックホール撮影に|NATIONAL GEOGRAPHIC


科学界のアカデミー賞とも言われる
ブレイクスルー賞の受賞者が発表されました。
このブレイクスルー賞は、主要な各賞の
賞金が300万ドル(約3億2000万円)と、
科学分野では最も賞金額が高いことで知られています。

今回の基礎物理学ブレイクスルー賞は、
アンドラでもご紹介した研究でもある、
M87銀河の中心にある巨大ブラックホールの
画像化に成功した
「イベント・ホライズン・テレスコープ」の
チームメンバー347人に授与されることが
発表となりました。

史上初、ブラックホールの撮影に成功 ― 地球サイズの電波望遠鏡で楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る | 国立天文台|アンドラ(2019年4月11日)
http://andla.jp/wp/?p=11078

今回の発表ではブラックホール撮影のほかに
生命科学で4組、数学で1人の計6チームが
受賞したそうです。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


科学界の最先端の業績を称える今年の「ブレイクスルー賞」に、ブラックホールの撮影に初めて成功した347人のチームなどが選ばれた。

情報源: 賞金3億円の大型科学賞、ブラックホール撮影に

 


error: