Home > NEWS > わずか 3 分、目の動きの解析で認知機能を評価 認知症の早期診断に向けた新技術 | 日本の研究.com

わずか 3 分、目の動きの解析で認知機能を評価 認知症の早期診断に向けた新技術 | 日本の研究.com


認知症かもしれないと思ったとき、
まず病院で診察を受け、認知症なのか、
あるいは別の病気の可能性がないかを
正しく診てもらう必要があります。

この時の認知症の診断は、
医師との対面方式による問診法をベースにした
認知機能評価が行われます。

認知症の診断方法、診察をうける際の注意点とは|LIFULL介護
https://kaigo.homes.co.jp/manual/dementia/basic/diagnosis/

この方法は検査に時間がかかり、対面で検査するので
検査を受ける人の心理的負担が大きいことなどが
問題となっていました。

大阪大学大学院医学系研究科の研究グループは、
目の動きを解析することで簡単に認知機能を
評価する新技術を開発したそうです。
その方法とは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】わずか 3 分、目の動きの解析で認知機能を評価 認知症の早期診断に向けた新技術 | 日本の研究.com

 


error: