Home > NEWS > 緊張を乗り越える脳内メカニズムを解明|名古屋大学、高知工科大学ほか

緊張を乗り越える脳内メカニズムを解明|名古屋大学、高知工科大学ほか


プレゼンテーションを行う場面や、
アスリートや演奏家がパフォーマンスをするとき、
大きな緊張感が襲います。
この緊張感がよい結果をもたらすこともあれば、
緊張のあまりに失敗してしまうこともあります。

こうした人が緊張やプレッシャーを感じているとき
脳はどのように緊張を乗り越えようとしているのかを
調査した研究をご紹介します。

高知工科大学、米国ラトガース大学、名古屋大学、
情報通信研究機構の研究グループは、
行動実験とfMRを組み合わせて、
人間が興奮状態(緊張やプレッシャー)を
抑制的にコントロールし、課題の成績を
向上させるメカニズムを調査するため、
22名の参加者にストップウォッチを使った
ある課題に挑戦してもらったそうです。

練習時間を経て、賞金が出る本番に臨んだとき
脳はどのような状態になったでしょうか?

詳しくはリンクのPDF(プレスリリース)で
ご確認ください。


緊張を乗り越える脳内メカニズムを解明|プレスリリース|名古屋大学
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20190918_i1.pdf

 

 


error: