Home > NEWS > 「ダークモード」は、本当に“目に優しい”のか? 5つの観点から科学的に検証した結果|WIRED.jp

「ダークモード」は、本当に“目に優しい”のか? 5つの観点から科学的に検証した結果|WIRED.jp


ダークモード」は、パソコンや
スマートフォンなどのメインカラーを
黒を基調とした配色に変更する機能で、
OS(オペレーションシステム)にこの機能が
搭載されたことで、アプリケーションでも
「ダークモード」への切り替えができるものも
増えてきています。

この「ダークモード」は、暗い背景色を
採用するため、特に夜などに視覚から入る
明るさを軽減することで睡眠を妨げない、
目に優しいなどと言われています。
本当のところはどうなのでしょうか?

検証1)ダークモードは目の疲れを軽減するのか?
検証2)ダークモードは文字を読みやすくする?
検証3)ダークモードはバッテリー寿命を延ばすか?
検証4)ダークモードにすると集中力が高まり、気が散りにくくなる?
検証5)就寝前はダークモードのほうがいい?
という5つの検証を様々な分野の専門家が
行なっています。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


スマートフォンやPCの「ダークモード」表示を好む人たちは、このモードが目の疲れを減らし、バッテリー寿命を延ばし、睡眠を改善してくれるのだという。だが実際のところをどうなのか? 5つ

情報源: 「ダークモード」は、本当に“目に優しい”のか? 5つの観点から科学的に検証した結果|WIRED.jp

 


error: