Home > NEWS > 「犬を飼っていると心臓発作や脳卒中による死亡リスクが下がる」という研究結果|GIGAZINE

「犬を飼っていると心臓発作や脳卒中による死亡リスクが下がる」という研究結果|GIGAZINE


イヌは、人間と共に暮らす身近な存在であるとともに、
私たち人間に様々な影響を与えています。
こうした影響を調べる研究テーマが多いことから
アンドラでもイヌについての研究を多く取り上げています。

今回は、スウェーデンのウプサラ大学の
研究チームが行なった30万人以上のデータを
分析した研究をご紹介します。

2001年から2012年にかけての期間において
急性心臓発作を起こした40歳~85歳の患者約18万2000人と、
脳卒中を起こした40歳~85歳の患者15万人以上の
データを収集。

この2つのグループ全体で、およそ20人に1人が
犬を飼っていたことが判明したとのことで、
研究チームは犬を飼っている患者と
飼っていない患者の死亡率を比較したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


人は何万年も前から犬を飼っていたといわれていて、「犬を飼うことは人の遺伝子に刻まれている」と主張する研究も存在します。スウェーデンで実施された、30万人以上のデータを分析した研究で、「犬を飼っていると心臓発作や脳卒中による死亡リスクが低くなるかもしれない」ということが報告されています。

情報源: 「犬を飼っていると心臓発作や脳卒中による死亡リスクが下がる」という研究結果

 


error: