Home > NEWS > 最古のオーロラ様現象記録 (紀元前660年前後) の発見 ~アッシリア占星術レポートの解析~ | 日本の研究.com

最古のオーロラ様現象記録 (紀元前660年前後) の発見 ~アッシリア占星術レポートの解析~ | 日本の研究.com


占いは太古の昔から、世界中の様々な国で
その国の政治を司る人々の決断を助けるような
目的で利用されてきました。
その占いの中でも、占星術は夜空の星や
空の状態を観察して行う占いで、現代の
私たちにも馴染みがある占い方法とも言えます。

この星占いのために紀元前に粘土板に刻んだ
天文現象が当時の空の様子を記録していたことが
わかったという研究をご紹介します。

筑波大学、大阪大学、英国科学技術施設研究会議・
ラザフォード・アップルトン研究所、京都大学、
名古屋大学の研究チームは、
紀元前8世紀から紀元前7世紀に
楔形文字、アッカド語で粘土板に記され、
実際に観測された天文現象について
アッシリアの王に説明する役割を果たした
占星術レポートを解析。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 【プレスリリース】最古のオーロラ様現象記録 (紀元前660年前後) の発見 ~アッシリア占星術レポートの解析~ | 日本の研究.com

 


error: