Home > NEWS > ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チームが109通りの「論理回路」の作製に成功|WIRED.jp

ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チームが109通りの「論理回路」の作製に成功|WIRED.jp


プログラミングしたツールが役に立つというのは、
よく聞く話ですが、こちらは驚きのニュース。

ボストン大学の研究チームが、ヒト細胞のプログラムを書き換え、
109通りの論理演算命令に従わせることに成功したというもの。

DNA組み換え酵素と呼ばれるタンパク質を使ってDNAを切り刻み、シャッフルして、再度くっつけることで演算命令を実行する。組み換え酵素は、DNA鎖のなかの特定部位に反応する。そして研究チームは、この酵素の反応を引き起こす方法を発見したのだ。組み換え酵素が活性化されているか否かにより、細胞はDNAの特定部位にエンコードされたタンパク質の生産を開始したり中止したりする。

本当に「細胞の演算処理」です。驚き。
とはいえ、この演算処理された細胞をヒトに戻して
病気の治療などに応用するためには、まだまだ方法を考えたり、
研究を進めなくてはいけないと思いますが、
こうした考え方で遺伝子そのものを操作する方法の
研究が進んでいることに驚きました。


ボストン大学の研究チームが、ヒト細胞のプログラムを書き換え、109通りの論理演算命令に従わせることに成功した。生物学的な論理ゲートの作製は過去にも成功例があるが、これだけの数を安定して生み出したのは初めて。化学物質の生成からガン治療まで、さ

情報源: ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チームが109通りの「論理回路」の作製に成功|WIRED.jp


error: