Home > NEWS > 透明人間は身体所有感を感じるか? バーチャルリアリティ空間で操作する透明な身体に感じる全身所有感 | 日本の研究.com

透明人間は身体所有感を感じるか? バーチャルリアリティ空間で操作する透明な身体に感じる全身所有感 | 日本の研究.com


子どもの頃からアニメーションでも、
戦隊モノの番組でも頻繁に取り扱われてきた
「透明人間」。
この「透明人間」は人からは見えませんが、
「透明人間」側では身体所有感を感じるのか?
その疑問に応える研究がありますのでご紹介します。

豊橋技術科学大学、東京大学先端科学技術研究センター、
慶應義塾大学、慶應義塾大学大学院などの共同研究で、
目の前の手袋と靴下が、
自分の手足の運動と同期して運動することで、
そこに自在に操作可能な透明身体が補間されて知覚され、
それがまるで自分の身体であるかのように感じること
(身体所有感の錯覚)があることを示したとのこと。

20人の大学生、大学院生が実験に参加。
実験参加者にHMD(頭部搭載型ディスプレイ)を
装着してもらい、2m前方に手袋と靴下だけを提示。

自分の身体運動と同期して手袋と靴下が動いて見える条件と、
非同期に関係なく動く条件を各2回、
5分ずつ体験したのち、
それぞれについて質問紙に回答したそう。
また、次の実験では、透明身体と全身アバタとの比較を
行なったそうです。

その結果とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。
VRが生活に浸透した未来で、「透明人間」となったとき
果たしてどのような世界が待ち受けているのでしょうか。

 

情報源: 【プレスリリース】透明人間は身体所有感を感じるか? バーチャルリアリティ空間で操作する透明な身体に感じる全身所有感 | 日本の研究.com

 


error: