Home > NEWS > AIと電波を利用して壁の向こうの人の動きを検知できるシステムをMITが開発|GIGAZINE

AIと電波を利用して壁の向こうの人の動きを検知できるシステムをMITが開発|GIGAZINE


壁の向こう側に誰かが歩いていても
壁の手前側からは見えません。
しかし、壁の向こうを歩く人の動きが
わかってしまう、そんな研究をご紹介します。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の
Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory (CSAIL)
の研究チームが開発した「RF-Pose」という
技術を利用すれば、壁で遮られた状態にもかかわらず、
画面には壁の向こうにいる人の動きを示す
棒人形が表示されます。

このようにわかってしまう理由は、
環境に存在する電波が人体に反射するときの変化を
センサーで検知して、AIにパターンを
学習させることで人の動きを読み取るという仕組みだそうですが、
なぜ壁の向こうの動きが棒人形に反映できるのでしょうか。

その仕組みはリンク記事でご確認ください。
動画を見るとリアルに動きを反映している様子が
よくわかります。

空間内を飛び交っている電波(RF)を利用することで人の動きを検知し、AIが壁の向こうにいる人の動きをも読み取って画面に表示することが可能な技術「RF-Pose」が開発されています。AI sen

情報源: AIと電波を利用して壁の向こうの人の動きを検知できるシステムをMITが開発