Home > NEWS > ADHDとデジタルメディアの使い過ぎには関連性があると研究|GIGAZINE

ADHDとデジタルメディアの使い過ぎには関連性があると研究|GIGAZINE


スマートフォンの利用が普及してから
かなりの年数が経過しました。
最近は、その影響に関する研究が盛んに
行われるようになってきています。
10代の少年少女とデジタルメディアに関しての
アンケート調査研究をご紹介します。

南カリフォルニア大学のAdam Leventhal氏らは、
ADHDとメディアの関わりについて
初めて長期的な研究を行いました。
調査対象となったロサンゼルスの高校に通う
10代の少年少女2800人。
この2800人の被験者のうち、調査開始当時から
ADHDの症状が顕著にみられる人は調査対象から
除外し、研究開始当時にADHDの症状を
持たなかった生徒は2600人をその後2年にわたって
追跡調査したそうです。

ADHDの症状とデジタルメディアの使用について問う
アンケート調査を実施。
ソーシャルメディアやテキストメッセージ、ストリーミング、
オンラインショッピングなど14タイプの
デジタルメディアの使用頻度を尋ねたそうです。

その結果、示されたこととは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。


by Elijah O’Donell
10代の少年少女約2800人を対象とした2年間にわたる研究で、注意欠陥・多動性障害(ADHD)と現代のデジタルメディアの関係が初めて長期的に調査され、ADHD

情報源: ADHDとデジタルメディアの使い過ぎには関連性があると研究


error: