Home > ITスキル > Office365版【Word】ヘッダーとページ番号

Office365版【Word】ヘッダーとページ番号


これまで公開していた
Microsoft Office 2010版「ITスキル」シリーズを
Offce365(投稿時点ではOffice2016と同様の機能)に
バージョンアップしてお届けします。

Office365版のWord編、
第二回目は『クイック アクセス ツールバー』です。
なお、Word2010版をご覧になりたい方は、
こちらをご覧ください。

目次:ITスキル【Word編】(Office2010版)
http://andla.jp/wp/?page_id=1337

 

 

すずき
大学で学んでいる時に、Wordでレポート用のテンプレートを作っていたのだけど、その時にヘッダーを学籍番号や名前を設定しておいて利用していたよ。
提出する人はたくさんのレポートを見るだろうから、一目でわかるようにしようという作戦(笑)
こやま
ヘッダーを利用すると便利ですよね。仕事のフォーマットでも利用できるし。
すずき
すごく気になったのは、ページ番号を入れていない人が結構多いってこと。数ページならなくてもいいけど、論文のようにある程度のボリュームがあるものには必ずページ番号を入れたいね。
こやま
ページ番号はマストですね!ということで、今回はヘッダーとページ番号について説明します。

 

レポートや卒論を作成する際、
文章の体裁を整えることは
「見栄えの良いレポート」を作る上で
とても重要です。

今回は、入れておいた方がベターな「ヘッダー」と、
入れておくことがマストだと思われる「ページ数」の
作成方法について説明します。

 

ヘッダーの挿入方法

 

(1)リボンの [挿入] タブをクリックし、
[ヘッダーとフッター] から、[ヘッダー] を選択。

リボンの挿入タブをクリックし、 ヘッダーとフッターから、ヘッダーを選択。

(2)ヘッダーのスタイル候補が出ます。
今回は、自分で設定する方法を説明します。

[ヘッダーの編集(E)] をクリックしてください。

ヘッダーの編集をクリック

(3)[ヘッダー/フッターツール] の [デザイン] タブが
表示されるとともに、ヘッダーの入力画面に切り替わります。
ページ上部の部分 (下図黄色く塗られたエリア) に
ヘッダーを自由に配置できます。

ヘッダーの入力画面に切り替わる

たとえば、授業名・担当教官名・学部学科ゼミ名・
学生番号・自分の名前を配置してみましょう。

これらを改行しながらテキスト入力します。

改行しながらテキスト入力

(4)入力後の段階では、テキストはすべて左側に寄せられています。
ヘッダーの右側に配置したい項目については、
目的の行にカーソルを置き、[ホーム] タブの [段落] にある
[文字列を右に揃える] をクリックします。

ホームタブの段落にある文字列を右に揃えるをクリック

(5)指定した行が右側に寄せられました。

指定した行が右側に寄せられた

入力したヘッダーが他のどのページにも入ります。

なお、ヘッダーの編集を終了し、
本文入力に戻る時は、

・[ヘッダー/フッターツール] の [デザイン] タブから
 [ヘッダーとフッターを閉じる] をクリック

 ヘッダーとフッターを閉じるをクリック

・本文エリアの任意の場所をダブルクリック

のどちらかでできます。

すずき
この説明のヘッダー事例のほうが見やすいよなぁ。
早く知りたかった(笑)
私の場合は、1ページにできるだけ多く文字を入力できるようにしたくて、ヘッダーは一行でという目標を掲げて、「大学名、所属科名、科目名、学籍番号、名前」という項目をフォントサイズを下げて入れていました。

 

ページ番号の挿入方法

 

次にページ番号を挿入します。

(1)リボンの [挿入] タブをクリックし、
 [ヘッダーとフッター] から、[ページ番号] をクリックすると、
ドロップダウンリストが表示されます。

[ページの上部] (ヘッダー)、[ページの下部] (フッター)、
[ページの余白] (文書横の余白部分)や
[現在の位置] など、文書内でページ番号を
表示する位置を選びます。

リボンの挿入タブをクリックし、ヘッダーとフッターから、ページ番号をクリックすると、ドロップダウンリストが表示されるので、文書内でページ番号を表示する位置を選ぶ

※ [現在の位置] を選ぶと、
文書内で現在カーソルがある位置に
ページ番号が挿入されます。
すべてのページに番号が表示されるわけではありません。

今回はページの下部にページ番号を表示させたいので、
[ ページの下部(B) ] を選択します。

(2)ページ番号の書式候補が並んだギャラリーが
表示されますので、好きなものを選択します。

用意された書式は、シンプルに番号だけのものから、
数字に線がついたタイプなど様々ありますので、
スクロールして探してください。

今回は、[シンプル] の [番号のみ 2] を選択。
ヘッダーの中央にページ番号が表示されました。

ヘッダーの中央にページ番号が表示される

なお、ページ番号がグレー表示されていますが、
印刷時には数字だけになります。

※1/18というような、総ページの何ページ目かを表す
ページ番号の書式は、ギャラリーから
[X/Yページ] を選択します。
[太字の番号1] はフッターの左側、
[太字の番号2]はフッターの中央、
[太字の番号3]はフッターの右側に表示されます。

フッターの左側、中央、右側に表示された例

(3)ページ番号のスタイルを変更するには、
[ページ番号] のドロップダウンリストから
[ページ番号の書式設定] をクリックします。

ページ番号のドロップダウンリストからページ番号の書式設定をクリック

番号書式リストから、好きな書式を選択し、
[OK]ボタンをクリック。
-1- -2-などのスタイルが選べます。

番号書式リストから好きな書式を選択する

※ページ番号を選択し、[ホーム] タブの [フォント] で、
自由にページ番号の文字のサイズ、
フォント等を変更することも可能です。

(4)ページ番号の編集作業を終了するには、
ヘッダーのときと同様、
[ヘッダー/フッターツール] の [デザイン] タブから
[ヘッダーとフッターを閉じる] をクリックするか、
本文エリアの任意の場所をダブルクリックしてください。

 

さて、ここまで簡単にヘッダーと
ページ番号の挿入方法の基本について説明しました。

ただ、これだけだと、文書に同じヘッダー等が
表示されることになります。
「表紙だけ、違うヘッダーを入れたい」
「目次のページにはページ番号を入れたくない」
という時も少なくないはず。

そういった場合は、文書をグループに分けて
設定できる[セクション]という機能を使うと
簡単に設定できます。

 

こやま
次回はその「セクション」という概念と手順について説明します。お楽しみに。

 

 


error: