Home > ITスキル > 【準備編】(8)画面キャプチャの方法を知る

【準備編】(8)画面キャプチャの方法を知る

IT準備編

すずき
おっ、今日はプレゼンテーションを作成しているのかな。
さとう
そうなんです。明日発表なんですけど 、画面上のこの画像を取り込みたくて 。「Print Screenボタン」を押して画面をキャプチャしているんですけど、これを使いたい部分だけに加工しないといけないなぁ。
すずき
必要な部分だけを画面キャプチャできる方法があるよ。

新入生のさとうさん、今度はプレゼンテーションを作成しているようです。
画面キャプチャという表示されている画面の状態を画像で保存する方法は知っているようですが、必要な部分だけをキャプチャする方法があります。
今回は画面キャプチャについて説明します。

 

●パソコンで学ぶために最低限整えたい10のこと
(1) タスクバーによく使うアプリを固定する(掲載済み)
(2) 専用フォルダーをつくる(掲載済み)
(3) ファイル名の付けかた(掲載済み)
(4) バックアップを自動化する(掲載済み)
(5) クラウドサービスを利用する(掲載済み)
(6) USBドライブは補助的に(掲載済み)
(7) メモ帳機能を使う(掲載済み)
(8) 画面キャプチャの方法を知る
(9) 圧縮と解凍ツール
(10) Acrobat Readerのインストール

 

キーボードのショートカットを使った基本的な画面キャプチャ

 

画面キャプチャはキーボードの特定のキーを押して取得することができます。
これは、WindowsもMacの場合も同じです。

●Windowsの場合

ご利用になっているキーボードによって表示は違いますが、[Print Screen]や[PrtSc]と書いてあるキーを使います。
今回の説明では[Print Screen]と記載します。

(A) 画面全体をキャプチャ
  [Print Screen]キーのみをクリックします。
(B) アクティブになっているウインドウをキャプチャ
  [Alt]キーと[Print Screen]キーを同時に押す
(C) 画面全体をキャプチャしたものを自動保存
  [Windows]キー+[Print Screen]キー

画面全体のキャプチャを「ピクチャー」ライブラリの「スクリーンショット」フォルダーに自動的に保存(PNG形式)します。

(A)と(B)は、画面をキャプチャした(撮影された)瞬間をパソコンが一時的にキープしている状態です 。
それを、PowerPointなどのアプリケーション上に直接貼り付けることができます。
キャプチャした画像を貼り込みたい場所で右クリック、貼り付けオプションで「図」をクリックすると画面キャプチャした画像を貼り付けができます。

また、「ペイント」を使って画像として保存することもできます。

※参考:ペイントで画像を編集して、保存する方法
(1)「Windowsアクセサリ」というメニューの中に、[ペイント]があるのでクリックします。
 よく使う場合は、タスクバーにペイントを保存しておくと便利です。
 タスクバーへの登録は、【準備編】タスクバーによく使うアプリを固定するをご参照ください。
(2)ペイントが開いたら 、貼り付けをクリック(あるいは、[Ctrl]キーと[V]キーで貼り付け)します。

ペイントで保存

(3)貼り付けた画面のままで大きさだけ変更して保存するには、メニューの[サイズ変更]をクリックします。

ペイントでサイズ変更

選択をクリックして表示されるメニューは以下のようになっています。
サイズ変更で、自分の必要とするサイズに変更して[OK]をクリックします。

ペイントサイズ変更のメニュー画面

(4)貼り付けた画像の一部だけを利用したい場合(トリミング)は、メニューの[選択]をクリックして、切り抜きたいエリアを選びます。

ペイントで画像をトリミング

選択したら、メニューの[トリミング]をクリックすると選択した部分が切り抜かれます。

選択範囲をトリミングメニュー

(5)画像を加工したら、保存します。保存形式は以下のように、「PNG画像」「JPEG画像」「BMP画像」「GIF画像」「その他の形式」から選ぶことができます。画像形式を選んで、名前を付けて保存します。

ペイントで画像を保存する

なお、画像をキャプチャして加工する方法がもうひとつあります。
「Snipping Tool」というアプリケーションを使う方法です。
詳しくは、「【+α】Snipping Toolを利用しよう」をご覧ください。

 

●Macの場合

Macの場合は、画面キャプチャを「スクリーンショット」と呼びます。
操作方法は、基本的にキーボードを利用したショートカット操作で行います。

(A) 画面全体のスクリーンショットを撮る
[shift]キー + [command (⌘) ]キー + [3]キーを同時に押す。

画面全体のスクリーンショット

(B) 画面の選択した部分(手動で選択できる)のスクリーンショットを撮る
(1)[shift]キー + [command (⌘) ]キー + [4]キーを 同時に押して、マウスポインターを十字型に変える
(2)マウスポインターで範囲をドラッグして選択して、選択できたらドラッグしたマウスのボタンを離す
(タッチパッドの場合はドラッグ中に抑えている指を離す)

画面の選択した部分をスクリーンショット

(C) ウインドウのスクリーンショットを撮る
(1)[shift]キー + [command (⌘) ]キー + [4]キーを同時に押してマウスポインター を 十字型に変える
(2)スペースバーを押すと、マウスポインターが十字型からカメラのマークに変わる
(3)撮影したいウインドウにカメラマークを持っていき、そのウインドウがアクティブな状態(ハイライト)にする
(4)ウインドウがアクティブになったら、クリックする
※見えているウインドウが別々にキャプチャできる

画面の見えているところを指定して別々にスクリーンショット

(D) メニューのスクリーンショットを撮る(メニュー全体
(1) [shift]キー + [command (⌘) ]キー + [4]キーを同時に押してマウスポインター を十字型に変える
(2) メニュー全体をドラッグして選択して、選択できたらドラッグしたマウスのボタンを離す
(タッチパッドの場合はドラッグ中に抑えている指を離す)

メニューのスクリーンショットを撮る

(E) メニューのスクリーンショットを撮る(タイトルを除いたメニューの内容のみ)
(1)[shift]キー + [command (⌘) ]キー + [4]キーを同時に押して、マウスポインターを十字型に変える
(2)スペースバーを押すと、マウスポインターが十字型からカメラのマークに変わる
(3)開いているメニュー部分にカメラマークを移動するとアクティブ(ハイライト)になるのでクリックする

メニュー内容のみスクリーンショットを撮る

(F) Touch Bar のスクリーンショットを撮る
(注:Touch Bar を装備した Mac に macOS Sierra 10.12.2 をインストールしている場合のみ)
[shift]キー + [command (⌘) ]キー + [6]キーを同時に押す。

という5つの方法があります。

詳しくは、以下のページも参照してください。
Mac でスクリーンショットを撮る方法(Appleサポート)
https://support.apple.com/ja-jp/HT201361

Macの場合は、画像を「プレビュー」という機能で編集加工することができます。
保存した画像を、Dockの「プレビュー」アイコンにドラッグすると、「プレビュー」アプリを開くことができます。
最初に、開いた「プレビュー」の上部右上にあるツールボックス型のアイコン(マークアップツールバーのボタン)をクリックして、操作メニューを表示します。

マークアップツールバーを表示するボタン
※マークアップツールバーを表示するボタン

マークアップツールバーボタンをクリックした結果

トリミングしたりコピーしたりという基本的な編集機能のほかに、
・インスタントアルファ:画像の背景やその他のオブジェクトを選択して消去する
・図形ツール:図形を追加する
・テキストツール:テキストを追加する
・カラー調整ボタン:画像のレベル、色合い、露出、コントラストなどを調整する
・サイズを調整ボタン:サイズを調整する
・PDFファイルを編集する
という機能もあります。

詳しくは、以下のページも参照してください。
プレビュー App で画像や PDF を表示・編集する
https://support.apple.com/ja-jp/HT201740

すずき
説明の補足にキャプチャ画像を貼り込んだり、動画をキャプチャした画像をノートテイキングしているEvernoteに貼り込んだりと、学業の中ではフル稼働だった画面キャプチャ。WindowsやMacに最初から搭載されているアプリでも十分に編集が可能なので、覚えて活用してください。次回は圧縮と解凍ツール のお話です。お楽しみに。

 


error: Content is protected !!