Home > NEWS > 従順な犬は幸せな飼い主を持つ一方で問題行動を起こす犬はストレスフルな飼い主を持つ傾向がある|GIGAZINE

従順な犬は幸せな飼い主を持つ一方で問題行動を起こす犬はストレスフルな飼い主を持つ傾向がある|GIGAZINE


犬と飼い主の関係はさまざまです。
お互いに見つめ合って散歩するような関係もあれば、
飼い主がいないところでは吠え続ける場合もあり。
こうした問題行動は、飼い主がいないことへの不安から
起こる行動として分離不安症と呼ばれているそうです。

今回ご紹介する研究は、飼っている犬が、
「飼い主がいない間に犬が問題行動を起こす程度」と
「飼い主が幸せかどうか」
の関係について調査したものです。

ヌエボレオン州立自治大学の研究チームは
メキシコ国内で、
・分離不安症を持つ犬と飼い主のペア36組
・飼い主から見ても従順でお利口な犬と飼い主のペア40組
という異なるグループを対象に調査を行ったそうです。

その結果、わかったこととは?
動物と一緒に暮らすときに考えなくてはいけない
問題も浮き彫りになっています。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


by Jean Flanagan
犬の中には驚くほど飼い主の言うことをよく聞き、飼い主の言いつけ通りに行動できる従順な犬がいる一方で、常に落ち着きがなく飼い主と離れると問題行動を起こす犬もいます。

情報源: 従順な犬は幸せな飼い主を持つ一方で問題行動を起こす犬はストレスフルな飼い主を持つ傾向がある


error: