Home > NEWS > 「歯」に含まれる化学物質を分析することで病気のリスクを測定できる|GIGAZINE

「歯」に含まれる化学物質を分析することで病気のリスクを測定できる|GIGAZINE


子どもの頃に生えていた乳歯は、
ある時期になると抜け落ちて、
そのあとに永久歯が生えてきます。

乳歯の役割については、こちらのウェブサイトに
詳しく記載があります。

乳歯期のはみがきQ&A|オーラルケア情報|花王
https://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/nyushi/03/

日本では昔の迷信のような言い伝えとして、
抜けた上の乳歯を床下へ、
そして下の乳歯は屋根の上に投げると
永久歯がちゃんと生えてくるといわれていたことも。

しかし、その抜け落ちた乳歯が、
別の目的で役立つようになるかもしれない
という面白い研究があるのでご紹介します。

マウントサイナイ医科大学のマニッシュ・アローラ氏は、
抜け落ちた乳歯を利用して、
病気の早期兆候を見つけ出すという
活用方法を開発したそうです。

その分析方法とは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


by rawpixel.com
人間の歯は生後6~8カ月ごろから乳歯が生え始め、やがて永久歯に生え替わります。そんな人間の歯に含まれている化学物質を分析することで、その人がどのような病気のリスクを

情報源: 「歯」に含まれる化学物質を分析することで病気のリスクを測定できる


error: