Home > NEWS > スタンフォード大学、ロボットハンドに触覚を与える人間の皮膚感覚を模倣した電子手袋を発表。|Seamless

スタンフォード大学、ロボットハンドに触覚を与える人間の皮膚感覚を模倣した電子手袋を発表。|Seamless


今や製品を作る過程のほとんどを
ロボットが行なっているというのも
珍しいことではなくなりました。

形を整形したり、センサーで分別したり、
職人の技を再現することもあります。

今回ご紹介するのは、そのロボットに
触覚を与えるという研究です。

スタンフォード大学の研究者らは、
人間の皮膚に似た感覚を検出できるという
e-skinを用いて、ロボットに触覚を与える
電子手袋を発表しました。

そのe-skinでできた手袋を使うと、
ロボットの手はどのようなことが
できるようになるでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


スタンフォード大学の研究者らは、人間の皮膚に似た感覚を検出できるe-skinを用いて、ロボットに触覚を与える電子手袋を発表しました。

情報源: スタンフォード大学、ロボットハンドに触覚を与える人間の皮膚感覚を模倣した電子手袋を発表。物体を潰すことなく掴んだりタッチしたりが可能


error: