Home > NEWS > 【大学受験】試験当日のトラブル発生率、平成世代は昭和世代の3倍以上 | リセマム

【大学受験】試験当日のトラブル発生率、平成世代は昭和世代の3倍以上 | リセマム


大学受験を「昭和」時代に経験した人と、
「平成」時代に経験した人とでは
どのような違いがあるかを調査した
興味深い結果をご紹介します。

株式会社タイムカレントは、
「昭和」時代に大学受験を経験した
48歳~59歳の四年制大学卒業資格保有者と、
「平成」時代に大学受験を経験した、
18歳~21歳の現役大学生を対象に、
インターネットで
「大学受験に関する意識・実態調査」を実施。

・本番試験当日に発生した予想外の事態やトラブル
・本番試験の当日、予期せぬ事態やトラブルの内容
・試験当日の必須アイテム
・本番試験当日の忘れ物
・試験会場までの地図を用意していたか
・どうか本番試験で「実力を発揮できた」かどうか
などの結果はどのように違っているでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
入学試験当日に予想外の事態やトラブルが発生した受験生は平成世代が昭和世代の3倍以上にのぼることが、タイムカレントが発表した調査結果より明らかになった。試験当日の三大トラブルは、「忘れ物」「体調不良」「交通機関のトラブル」だという。

情報源: 【大学受験】試験当日のトラブル発生率、平成世代は昭和世代の3倍以上 | リセマム


error: