Home > NEWS > アニメの彩色の自動化技術 奈良先端科学技術大学院大学など共同開発 | 大学ジャーナルオンライン

アニメの彩色の自動化技術 奈良先端科学技術大学院大学など共同開発 | 大学ジャーナルオンライン


日本で制作されるアニメは、
日本国内のみならず海外でも人気が高く、
アニメの聖地巡りやグッズ購入などが
外国から訪日するときのひとつの目的と
なっています。

ニーズの高まりにあわせて、
アニメ作品の制作数も増加していますが、
人手不足の影響はこの世界も同様で、
制作の効率化や自動化が求められています。

奈良先端科学技術大学院大学は、
株式会社IMAGICA GROUPと
株式会社オー・エル・エム・デジタルと共同で、
アニメ制作工程の1つである「色を塗る」業務を
自動化するための技術を開発したと発表しました。

どのような技術によって色を塗る作業が
自動化されているのでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 
奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)は、株式会社IMAGICA GROUPと株式会社オー・エル・エム・デジタルと共同で、アニメ制作工程の1つである「色を塗る」業務を自動化するための技術を開発した。 

情報源: アニメの彩色の自動化技術 奈良先端科学技術大学院大学など共同開発 | 大学ジャーナルオンライン


error: