Home > NEWS > 「健康経営」の推進に新たな科学的知見:ワーク・エンゲイジメントは精神的健康の増進と生産性向上に関連|北里大学

「健康経営」の推進に新たな科学的知見:ワーク・エンゲイジメントは精神的健康の増進と生産性向上に関連|北里大学


健康でいきいきとした職場づくりとして
「職場のメンタルヘルス」に対しての注目が
高まっている昨今。その中でも、
ワーク・エンゲイジメント(Work Engagement)
という考え方について取り上げられることが
増えています。

ワーク・エンゲイジメントとは、
従業員と仕事内容の間に構築される
エンゲージメント(絆、愛着心、思い入れ)のことで、
仕事に対してポジティブで充実している
心理状態を指します。

ワーク・エンゲイジメント|BIZHINT|BIZREACH
https://bizhint.jp/keyword/79052

ワーク・エンゲイジメントの高い従業員は、
心身の健康が良好で、生産性も高いとされていますが、
負の影響についての研究がこれまでになかったそう。

北里大学の研究チームが7ヶ月間のインターバルを置いて
2回にわたるインターネット調査を労働者に実施し、
短期的な影響と長期的な影響を検討を実施したそうです。

その結果、わかったこととは?
詳しくはリンク記事でご確認ください。


情報源: 「健康経営」の推進に新たな科学的知見:ワーク・エンゲイジメントは精神的健康の増進と生産性向上に関連 — 北里大学

 


error: