Home > NEWS > コーヒー粕で土壌消毒 | 日本の研究.com

コーヒー粕で土壌消毒 | 日本の研究.com


コーヒーをドリップした後に残る、
いわゆる「コーヒー粕(かす)」。

インターネットを検索すると「コーヒー粕」を
再利用する様々な方法が掲載されています。
例えば、以下のようなものがあります。

コーヒー豆かすリサイクルループ|スターバックス・コーヒー・ジャパン
https://www.starbucks.co.jp/responsibility/environment/bean_resycle.html

コーヒー抽出かす「脱臭効果」|UCC上島珈琲株式会社
https://www.ucc.co.jp/company/research/residue/01.html
※「生物の生育への効果」と「植物の育成、土壌改良の評価」の記事もあり

さっそく役立つ!みんなのコーヒーかす利用法|AGF
https://enjoy.agf.jp/article/article/white_book/1228/

今回ご紹介する研究は、
農業・食品産業技術総合研究機構が、
「コーヒー粕」で作ったある資材を利用して、
土地を改良する新たな技術を開発するために
行なった実験についてです。

施設トマトの産地で問題となっている、
土壌中の青枯病菌によって引き起こされる「青枯病」。
この「青枯病」に対して効果がある
土地改良剤ができたそうですが、
「コーヒー粕」を利用するという、その仕組みとは?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 


情報源: 【プレスリリース】コーヒー粕で土壌消毒 | 日本の研究.com

 


error: