Home > NEWS > 幸せだった出来事を思い返すことでうつ病のリスクを減らすことができる|GIGAZINE

幸せだった出来事を思い返すことでうつ病のリスクを減らすことができる|GIGAZINE


気持ちが沈んでいるときに、
幸せだった過去の経験を思い出すことで
どのような変化があるのかを青少年に対して
調査した研究をご紹介します。

ケンブリッジ大学やロンドン大学の研究チームは
ケンブリッジ大学の周辺地域から、
「うつ病のリスクがある」と判明している
平均年齢14歳の若者427人を研究対象として、
・手がかりを元に自分に関連する記憶を
 想起するテスト
・2回のインタビュー調査
・唾液サンプルの採取
(2回のインタビュー前後でそれぞれ4日ずつ)
という実験を行なったそうです。

過去に経験した記憶はどのように影響を
与えることになったでしょうか。

詳しくはリンク記事でご確認ください。


うつ病は世界中の人々が苦しむ病となっており、多くの研究者がうつ病の要因や治療法についての研究を行っています。ケンブリッジ大学やロンドン大学の研究チームが行った研究によると、過去に経験した幸せな出来事を思い返すことで、うつ病のリスクを軽減することができるとのことです。

情報源: 幸せだった出来事を思い返すことでうつ病のリスクを減らすことができる


error: