Home > ITスキル > Office365版【Word】表組み Part.1

Office365版【Word】表組み Part.1


これまで公開していた
Microsoft Office 2010版「ITスキル」シリーズを
Offce365(投稿時点ではOffice2016と同様の機能)に
バージョンアップしてお届けします。

Office365版のWord編、
第14回目は『表組み Part1』です。
なお、Word2010版をご覧になりたい方は、
こちらをご覧ください。

目次:ITスキル【Word編】(Office2010版)
http://andla.jp/wp/?page_id=1337

 

 

すずき
論文を書くときに、やはり結果表示に表は欠かせない。
文中のここだという場所に配置したいのに、なかなかうまく収まらないときがあるんだよね。
こやま
表もWordで作成する場合とExcelで作成する場合では、対応方法が異なりますよね。
すずき
そう、単純な表はWordで文中に作成したほうが見栄えを調整しやすいこともあるし、集計や分析をExcelで行っているときは、そこで得られた結果をExcelのまま貼り込みたい場合もあるし、表を文中に入れたいと言ってもいろいろなパターンがあるなぁ。
こやま
今回は、まずWordで文中に表を作成するときに知っておいたほうがよいことを説明しましょう。表をうまく配置できると論文などの見栄えもぐっとよくなりますよ!

 

 

表組みを文書に挿入したいときは、2つの方法があります。

一つ目はWordの表作成機能を使う方法。
比較的小規模でシンプルな表を作る時に有効です。

二つ目はExcelの表をコピーする方法。
計算式を用いている複雑な表はExcelで作成して
Wordに貼り付けるのがいいでしょう。

今回はPart1として、Wordでの表作成にともなう
様々なTipsをご紹介、
次回Part2ではExcelで作成した表を
貼りこむ方法について説明したいと思います。

 

表の作成について

 

表の作成については、すでにお使いの方が
ほとんどだと思いますので、簡単に説明します。

表の作成メニューの [挿入] にある
[表] のところから作成できます。

表を入れたいところにカーソルを置き、
メニューの[挿入]にある[表]から、
作りたい表のサイズを選択します。

下では、3行×4列の表を作成しているところです。

3行×4列の表を作成しているところ

それでは、Wordで作成した表についての
様々なTipsをご紹介します!

 

TIP1 マウス操作で表幅を変える

 

表のセル幅の調整方法は数値を入力するなどの
方法がありますが、マウス操作だけで
様々な調整が可能です。

下の表を例に説明します。

この表を例に説明します

列1の左側の罫線を選択し、
左側にドラッグすると下のように、
全体の表幅は変わりません

選択した罫線の左右のセル幅が変わります

列1の幅が列2、列3と比べると広くなります。

左側の罫線を選択し、左側にドラッグすると左右のセル幅が変わる

 (A) 幅を変更したい罫線上にマウスカーソルを移動し、
[Ctrl]キーを押しながら左にドラッグすると、
全体の表幅は変わらず、
右側のすべての列幅が均等になります。

Ctrlキーを押しながら左にドラッグすると、全体の表幅は変わらず、 右側のすべての列幅が均等になる

(B) 幅を変更したい罫線上にウスカーソルを移動し、
[Shift]キーを押しながら左にドラッグすると、
右側すべての列幅は変わらず、
全体の表幅が狭くなります

Shiftキーを押しながら左にドラッグすると、 右側すべての列幅は変わらず、全体の表幅が狭くなる

(C) ダブルクリックによる列の自動調整

ダブルクリックにより、入力されている
文字列の長さにあわせて
列の幅を自動で調整できます。

1)列幅の調整

幅を変更したい罫線上にマウスカーソルを移動し、
ポインタ ポインタ の上でダブルクリックすると、
一番左側の列が文字列の長さに合わせて幅が変更され
全体の表幅も変わります
列1~3の幅は変わっていません。

ポインタの上でダブルクリックすると、文字列の長さに併せて幅が変更され、全体の表幅も変わる

2)選んだ行のみ列幅を調整

あまり利用しないかもしれませんが、
選択した行だけの列幅調整もできます。
行を選択し、その行の中のタテ罫線をダブルクリックすると、
選択した行だけ文字幅に合わせて自動調整されます。

1行目を選択して、罫線上でダブルクリックしたのが下の図です。

行を選択してその行の中のタテ罫線をダブルクリックすると、 選択した行だけ文字幅に合わせて自動調整される

3)表全体の列幅自動調整

表内にマウスカーソルを移動すると、
[表の移動ハンドル]が表示されます。
[表の移動ハンドル]は表ごとの移動などに使用するのですが、
表全体を選択したいときにも便利に使えます。

表の移動ハンドル

[表の移動ハンドル]をクリックし、
表全体を選択したら、
いずれかのタテ罫線上でダブルクリックすると、
各列幅がその列に入力されている
一番長い文字列の長さに合わせて
自動調整されます

列2はパイナップル、列3はマスクメロンの
長さにあった列幅になっています。

表の移動ハンドルをクリックして表全体を選択いずれかのタテ罫線上でダブルクリックすると一番長い文字列の長さに合わせて 自動調整される

(D)表を好きな大きさに指定し、
その中で列の幅や行の高さを
均等に揃えられる方法も便利です。

表の幅を好きな大きさに変化させた後、
[表の移動ハンドル]をクリックし
表全体を選択した状態で右クリック。
メニューから「列の幅を揃える」を選択。

表の移動ハンドルをクリックし表全体を選択した状態で右クリック、メニューから列の幅を揃えるを選択する

各列が均等な幅に揃えられます。

各列が均等な幅に揃えられる

 

Tip2 表を固定する配置

 

表の前の文章を増やすと表は下へ、減らすと上方に移動します。
前後の文章に関係なく、表の配置方法の指定によって
表を固定する方法を説明します。
(※アンカーを使うやり方については、後の「図」の回で説明します)

(1)[表の移動ハンドル]上で右クリック

(2)メニューリストから[表のプロパティ]を選択

表のプロパティを選択

(3)表タブにある「文字列の折り返し」で、
[する]を選択し [位置]をクリック

表タブにある文字列の折り返しで「する」を選択し位置をクリック

(4)表示された [表の位置]ダイアログボックスの
オプション「文字列と一緒に移動する」の
チェックを外し [OK] ボタンをクリック。

文字列と一緒に移動するのチェックを外しOKボタンをクリック

これで、文章の増減等に影響をうけることなく
位置が固定されます。

 

Tip3 表内の改ページ

 

Word の既定では、長い行内に改ページがある場合、
その行は2ページに分割されます。

長い行内に改ページがある場合、 その行は2ページに分割される

あえて次のページに分割したくない場合は、
以下の手順で回避できます。

(1) 改行を入れたくないセル内のどこでもよいので、
カーソルを移動して右クリック

(2) メニューリストから[表のプロパティ]を選択

(3) 行タブにあるオプション
「行の途中で改ページする」のチェックを外し、
[OK] ボタンをクリック

行の途中で改ページするのチェックを外しOKボタンをクリック

こうして、行内での分割が回避できました。

行内での分割が回避できた

 

Tip4 各ページでタイトル行を出す

 

Wordで作成した表が大きすぎて、
複数ページにまたがってしまった場合、
各ページの先頭にもタイトル行を表示することが可能です。

下の文書を例に、各ページに黒塗りのタイトル行を表示します。

各ページに黒塗りのタイトル行を表示する方法

(1)タイトル行にカーソルを移動。
メニューバーの表ツール[レイアウト]をクリック

(2) [データ] エリアにある
[タイトル行の繰り返し] をクリック

データエリアにあるタイトル行の繰り返しをクリック

(3)各ページの先頭にタイトル行が挿入されます

各ページの先頭にタイトル行が挿入される

 

こやま
いかがでしたか?
今回は、Wordで作る表について、様々なTipsを紹介しました。
次回Part2では、Excelで作成した表を貼りこむ方法にについて説明したいと思います。お楽しみに。

 

 


error: