Home > webmaster (Page 125)

「スーパーマリオ64」が脳をアルツハイマー病から守るのに役立つという驚きの研究結果|Gigazine

最新の研究により、薬の副作用などを心配することなく、 アルツハイマー病の治療を行う方法が見つかったという記事。 それは、なんと任天堂ゲーム機NINTENDO64で、 スーパーマリオ64をプレイしたトレーニングが効果があるというもの。 この研究は、モントリオール大学で実施され、 研究対象者は、55歳から75歳の被験者33名。 調査は、 A:何もしないグループ B:コンピューターでピアノを弾くグループ C:スーパーマリオ64をプレイするグループ に分けて観察。 グループCがスーパーマリオ64をプレイする時間は、 1日あたり30分。これを6カ月にわたって継続し、 半年後にグループ全体の脳をスキャンして調査した結果によるもの。 ゲームなら何でも効果があるかというと、 そうではないようです。 では、どのようなゲームなら効果があるのか? どのようなゲームだと効果が出なかったのか? 詳しくはリンク記事をご確認ください。 by Robert Norris NINTENDO64向けゲームとして1996年に登場した「スーパーマリオ64」が、なんとアルツハイマー病の治療に役立つという研究結果が公表されています。 情報源: 「スーパーマリオ64」が脳をアルツハイマー病から守るのに役立つという驚きの研究結果

Read More

日本は「社会人の学び直し」に冷たすぎる | 高城幸司の会社の歩き方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本における社会人の学び直しに焦点をあて、 そもそも社会人として一度社会に出てから学び直すことの難しさに加えて、 その環境づくりが進まない現状や、個人で学び直したとしても その先のキャリアに結びつけることの難しさ、 さらに支援体制のあり方について書かれた記事です。 記事の中にもありますが、日本の大学入学者のうち、 25歳以上の割合、特に社会人学生の比率は1.9%と低く、 学び直す、新しい学びにチャレンジしていくことが まだ社会的に浸透していないという現状があります。 かつてに比べれば、社会人を受け入れる高等教育機関が増えたとはいえ、 本当の意味でのリカレント教育に結び付けていくためには、 設備面などのハード面もそうですし、 カリキュラムなどのソフト面においても、 十分には環境が整っていない、あるいは環境は整備されていても、 学生と大学において、ニーズとシーズのずれがあるという印象があり、 まだまだ検討していく余地があると感じています。 もっと様々なチャレンジを応援するような体制が 大学にも、社会全体にも浸透していくとよいですね。 大企業の本社で19時になると照明が一気に消え、管理職は部下の勤務時間を緻密にマネジメントする――。そんな光景が当たり前になりつつあります。職場のワークスタイルを大きく変えるきっかけとなった「働き方改革… 情報源: 日本は「社会人の学び直し」に冷たすぎる | 高城幸司の会社の歩き方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

Read More

高いIQは心理・生理学的に危険―米研究 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

心理学研究レポートを掲載する「インテリジェンス」誌の論文によると、 優れたIQ(知能指数)値は「心理的および生理学的な危険因子」でもあることが アンケート調査によって判明したという記事。 この調査を行ったのは、 アメリカのピッツァー大学とシアトル・パシフィック大学の研究者たち。 対象者は、人口上位2%のIQを持つ人たちが参加する 国際グループ「メンサ」の会員。 「メンサ」については、最近日本のクイズ番組でも 回答者や出題者に「メンサ」会員でIQが高い方が登場しているので、 ご存じの方も多いかもしれませんが、 人口上位2%の知能指数を有する者の交流を主たる目的とした 非営利団体のこと。 メンサ|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/メンサ この記事で興味深いのは、こうした”指標”を特別視したり、 IQを崇拝するように扱うことに対して、警鐘を鳴らしている点。 一つの基準で測った何かのスキルの良しあしで、 その人のすべてがわかるはずはなく、 しかし、背景を無視して狭いある部分だけを取り上げ、 誤解してしまうのも人間だったりします。 リンク記事には興味深い事例がいくつか取り上げられています。 高いIQは心理・生理学的に危険――米研究 心理学研究レポートを掲載する「インテリジェンス」誌の論文によると、優れたIQ(知能指数)値は「心理的および生理学的な危険因子」でもあることが判明した。 情報源: 高いIQは心理・生理学的に危険――米研究 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

Read More

世界中の科学研究者の交流組織が発足、アラブと西側に研究所設立も | 大学ジャーナルオンライン

世界中の科学研究者の交流を促進し、学術全体の発展を目指す 「The Science Bridgeイニシアチブ」(事務局スペイン) が発足し、賛同者122人による声明文が『Neuron』誌に掲載されたという記事。 賛同者の中には日本の大学の教授も含まれており、 京都大学、奈良先端科学技術大学院大学、沖縄科学技術大学院大学などからも 参加され、イニシアチブ自体の賛同者には、 科学技術振興機構CRDSセンター長でノーベル賞を受賞された 野依良治ほか29人のノーベル賞受賞者を含め、 計200人以上の科学者がいらっしゃるとのこと。 最初に取り組むのは分野横断的な領域である神経科学だそう。 共同研究や研究者交流という視点に立ったとき、 現在は様々な問題があり、グローバルに共同することが難しいということで、 この交流組織での情報交換や人脈作りを通じて、 さらに広く国際的につながって研究が広がり深まっていくとよいですね。 活動の詳細はリンク記事でご確認ください。   世界中の科学研究者の交流を促進し、学術全体の発展を目指す「The Science Bridgeイニシアチブ」(事務局スペイン)が発足し、賛同者122人による声明文が『Neuron』誌に掲載された。  情報源: 世界中の科学研究者の交流組織が発足、アラブと西側に研究所設立も | 大学ジャーナルオンライン

Read More

津の国登録有形文化財「旧明村役場庁舎」、曳家で移転 来年9月、生涯学習施設に – 産経ニュース

生涯学習の場づくりについての話題です。 三重県津市と言えば、日本一短い市名としても知られています。 その津市にある、国登録有形文化財の 旧明村(きゅうあきらむら)役場庁舎が、 曳家により移転して、来年の秋には、 地域の生涯学習・コミュニティー施設として 利用されることになったという記事です。 この役場庁舎は、文化遺産オンラインにも掲載されています。 旧明村役場庁舎 http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/196989 木造総2階建、桟瓦葺(さんがわらぶき)、 東西棟の寄棟造で、附属棟が付く構造。 最近、著名な寺社仏閣なども、曳家の技術を使って、 修繕や耐震補強が行われているというニュースを 目にすることが多くなりました。 曳家の技術は素晴らしいですね。 この役場庁舎は、もう一度、曳家作業を実施する予定のようです。 津市芸濃町にある国登録有形文化財「旧明村(あきらむら)役場庁舎」が曳家により移転する。8日には現地見学会が開かれ、地元住民らが作業を見守った。今月中頃にもう一度… 情報源: 津の国登録有形文化財「旧明村役場庁舎」、曳家で移転 来年9月、生涯学習施設に - 産経ニュース

Read More

人はシューズによって本当に速く走れるようになるのか?:研究結果|lifehacker

体調管理や健康づくりにランニングを取り入れている方も多い昨今。 現在、TBSで放送中のドラマ「陸王」でも、 ランニングシューズがテーマとなっています。 スポーツシューズは、特に技術開発競争も激しく、 新しい機能が出る度に、「そんなところに着目しているのか!」と 驚かされることも多いです。 今回の記事は、 「シューズで本当に早く走れるようになるのか?」 という素朴な疑問に対して、 ナイキの「Zoom Vaporfly 4%」というシューズを取り上げて、 研究した内容について説明しています。 研究結果の全文(英語)へのリンクもありますので、 興味がある方はチェックしてみてください。 記事の最後のほうに、フラシーボ効果についても 述べられてて興味深い内容となっています。 前出のドラマ、「陸王」でも話題になっていますが、 選手ごとにウィークポイントや強化したい場所も異なるので、 シューズのカスタマイズするということの奥深さも シューズ開発の面白さでもあり、難しさでもあるのかも。 ほとんどの人にとって、ベストなランニングシューズというのは、走っている時に最高だと感じるものです。しかし、ランニングシューズの会社はある特定のシューズ、特にナイキの約28000円するZoom Vaporfly 4%は、エネルギーの消耗が少な 情報源: 人はシューズによって本当に速く走れるようになるのか?:研究結果

Read More

「世界遺産」を“学び”“触れ合える”新路線誕生! 『新富士駅~「世界遺産センター」アクセス線』12/23運行開始|富士急行株式会社

世界遺産である「富士山」は、山梨県側と静岡県側という 異なる視点で体験できる2つの拠点があります。 それは、山道のみにあらず。 今回ご紹介する記事は、平成29年12月23日(祝)に、 静岡県富士宮市に「静岡県富士山世界遺産センター」が オープンするのにあわせて、富士急行がバスの新路線を 開通しますというニュース。 実は、すでに山梨県側に「富士山世界遺産センター」が存在します。 富士山世界遺産センター http://www.fujisan-whc.jp/ 所在地は、山梨県南都留郡富士河口湖町です。 今回新しくオープンするのは、静岡県側の施設です。 静岡県富士山世界遺産センター<平成29年12月23日開館予定>|静岡県公式ホームページ http://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-150/fujisanwhc-top/fujisanwhc-top.html この二つの施設を見比べつつ、富士山を堪能するというのも面白いかもしれませんね。 富士急行株式会社のプレスリリース(2017年12月7日 14時00分)[世界遺産]を“学び”“触れ合える”新路線誕生! 『新富士駅~[世界遺産センター]アクセス線』12/23運行開始 情報源: 「世界遺産」を“学び”“触れ合える”新路線誕生! 『新富士駅~「世界遺産センター」アクセス線』12/23運行開始

Read More

立教大学、GPSを使ってキャンパス見学ができるアプリ公開 | ICT教育ニュース

大学のキャンパスツアーをはじめとして、 学校の様子を紹介する様々な試みがありますが、 そのひとつとして提供されるサービスの記事。 立教大学は、12月1日から受験生向けの 情報配信アプリ「RIKKYOアプリ」(iOS版/Android版) の提供を開始しました。 このアプリは、ロケーションバリューが提供する 公式アプリ開発サービス「ModuleApps (モジュールアップス)」 を活用して開発されたもの。 受験生向けの情報を発信するだけでなく、「キャンパスツアー」機能ではGPSとキャンパス施設紹介付きのマップを連動させることで、快適なキャンパス見学を実現したほか、進学相談会や説明会などの進学イベント情報を自身のカレンダーアプリに自動登録できる仕様とし、スマートフォンアプリならではの体験を提供します。 とありますので、今の時代ならではの キャンパスツアーが体験できそうですね。 「RIKKYOアプリ」(iOS版/Android版)については、 立教大学の以下のニュースリリースページに リンク先の記載があります。 GPSとマップが連動、キャンパス見学を快適に 立教大学 受験生向け「RIKKYOアプリ」を開発|立教大学(2017/12/1) https://www.rikkyo.ac.jp/news/2017/12/mknpps0000007v3y.html インストールして試してみましたが、 とてもきれいなデザインで、キャンパスツアーは マップに表示されたマークをタップすると、 施設の画像と説明、一部の施設ではさらに詳細に説明された 施設紹介サイトへのリンクも掲載されていて、 自宅に居ながらにしてキャンパスの様子を チェックすることができて便利です。 ロケーションバリューは、同社が提供する公式アプリ開発サービス「ModuleApps (モジュールアップス)」を活用して、立教大学が公式アプリ「RIKKYOアプリ」を1日に公開したと […] 情報源: 立教大学、GPSを使ってキャンパス見学ができるアプリ公開 | ICT教育ニュース

Read More
図書館

2017年度の図書館キャラクター・グランプリ出展社賞が発表される | カレントアウェアネス・ポータル

公立の図書館でも、大学の図書館でも、 図書館のキャラクターが設定されているところがあります。 皆さんの身近な図書館では設定されていますか? 2017年度の図書館キャラクター・グランプリの結果が 続々と発表されています。 この図書館キャラクター・グランプリは、 とにかく発表される賞の数が多い印象。 まず、出展社賞では、 ・内田洋行賞 ・キハラ賞 ・錦城護謨賞 ・金剛賞・サンメディア賞 ・ブレインテック賞 ・メディアドゥ賞 ・日本事務器賞(でん六豆1年分争奪) ・丸善雄松堂賞 が選ばれます。でん六豆争奪って興味深いです(笑) ちなみに、今年は久留米大学医学図書館の イトアくん・医トぇもんが 「サンメディア賞」と「日本事務器賞」の2つの賞を受賞している模様。 でん六豆をゲットですね。 続いて、会場応援賞・ウェブ応援賞・出展企業賞(第2弾)と プレゼンテーション賞・審査委員会賞も発表となりました。 受賞した図書館については、以下のリンクをご参照ください。 受賞した図書館の中には、 大学の図書館や図書館研究会などのキャラクターも多く含まれています。 情報源: 2017年度の図書館キャラクター・グランプリ出展社賞が発表される | カレントアウェアネス・ポータル 情報源: 2017年度の図書館キャラクター・グランプリ、会場応援賞・ウェブ応援賞・プレゼンテーション賞・出展企業賞(第2弾)・審査委員会賞を発表 | カレントアウェアネス・ポータル ちなみに、アンドラでは、 大学と大学図書館のホームページリンクを 作成して公開しています。 こちらも併せてチェックしてみてください! http://andla.jp/wp/?page_id=2321

Read More

大正大、一般入試に英検など7種類の英語外部試験スコアの利用を開始 | ICT教育ニュース

2020年の「大学入学共通テスト」からは、 英語に関して民間の資格・検定試験を活用し、 「聞く」「読む」「話す」「書く」の 4技能評価を導入することが話題となっています。 それを先取りする形で、大正大学は7日、 2018年度 大正大学一般入試に中期日程「2月19日(月)」を新設し、 英検など7種類の英語外部試験スコアの利用を 開始すると発表した記事です。 一口に英語といっても、7種類の民間試験は、 それぞれに測定している能力が微妙に異なるので、 それをどのように点数に反映するのかという点が注目されます。 以下のリンクに掲載されている画像にもあるように、 7種類の民間試験ごとに取得したスコアを 換算する表もできているようです。 こうした目途がわかると、 目標設定しやすいし、準備も検討できますね。 7種類の英語検定についてや、その他試験の特徴などは、 リンク記事を参照してください。 大正大学は7日、2018年度 大正大学一般入試に中期日程「2月19日(月)」を新設し、英検など7種類の英語外部試験スコアの利用を開始すると発表した。 情報源: 大正大、一般入試に英検など7種類の英語外部試験スコアの利用を開始 | ICT教育ニュース

Read More
error: