Home > webmaster (Page 131)

ニューヨークで流行した猫インフルエンザの特性を解明、ヒト感染の可能性も 東京大学 | 大学ジャーナルオンライン

すでにインフルエンザの流行期に入っているため、 病院に行くと、インフルエンザと診断されて、 他の人と離れた場所で待っている人を 多く見かけるようになりました。 そんなインフルエンザのお話です。 2016年12月から2017年2月にかけて、 アメリカのニューヨーク市の動物シェルターで 500匹以上のネコが、H7N2ネコインフルエンザウイルスに感染し、 ネコの治療に従事した獣医師のうちの一人が、 このウイルスに感染し呼吸器症状を示したということが起きたそうです。 この症状を解明するために、 東京大学の河岡義裕教授らの研究グループが、 哺乳類を用いて感染実験および感染伝播実験を行った という記事です。 その結果、ウイルスは1990年代後半から2000年代初めに ニューヨーク近辺のトリ市場で発生が報告されていた 低病原性H7N2鳥インフルエンザウイルスに由来することが判明したそう。 このウイルスならではの特徴も見つかったそうです。 詳しくは、リンク記事でご確認ください。 昨年度のウイルスについて解明するまでのスピードが とても速いことに驚きました。 言葉を持たない動物は症状を伝えることができないので、 ウイルスの実態がわかることによって、 り患した猫の治療方法も具体的になっていくとよいですね。   東京大学の河岡義裕教授らの研究グループは、米国ニューヨーク市で発生した大規模なネコのインフルエンザ流行の原因ウイルスであるH7N2ネコインフルエンザウイルスの性状を解明。かつて同市近辺のトリ市場で発生した低病原性H7N2鳥インフルエンザウイルスに由来することがわかった。 情報源: ニューヨークで流行した猫インフルエンザの特性を解明、ヒト感染の可能性も 東京大学 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

「創造性」の数理モデルを世界で初めて提案 兵庫教育大学 | 大学ジャーナルオンライン

コンピューターの発達や人工知能の登場により、 この世の中で起こる様々な現象をモデル化し、 シミュレートできる時代になってきました。 ただ、これまでは、そうしたモデル化が得意な分野と、 置き換えが難しい分野があったように思います。 その難しい分野の一つが教育。 特に、創造性についてはニーズがあるものの、 モデル化が難しい分野と言われているそうです。 その創造性の中の「創造的な態度」について、 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科博士課程の小山和男氏と 同大学院教科教育実践学専攻自然系教育連合講座の庭瀬敬右教授が、 創造性の時間発展の数理モデルを世界で初めて発表したという記事です。 因子分析によって抽出された創造的態度の二つの主要因子は、 「努力・持続性」と「自主・独自性」。 それらに影響を与える外力(校内テストなど)と、 内力(感動体験や熱心に行った体験)をモデル構築の要素としたそう。 これらの要素をどのような理論に基づいてモデル化したのかは、 リンク記事をご参照ください。 リンク先の記事の文末には、英語論文へのリンクも掲載されています。 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科博士課程の小山和男氏と同大学院教科教育実践学専攻自然系教育連合講座の庭瀬敬右教授は、創造性の時間発展の数理モデルを世界で初めて発表した。 情報源: 「創造性」の数理モデルを世界で初めて提案 兵庫教育大学 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

国立大学では千葉大学が最多 日本学生支援機構が2016年度留学状況を発表 | 大学ジャーナルオンライン

グローバル化が少し鈍化した印象もある昨今。 しかし、海外に留学して視野を広げることは、 多くの気づきとつながりをもたらす絶好の機会とも言えます。 日本学生支援機構が、2016年度の 日本人学生の留学状況の調査結果を発表したという記事です。 ※2016年度(2016年4月1日から2017年3月31日まで) 調査によると、留学期間1か月未満から1年以上まで、 様々な期間の留学とした場合、 海外に留学した学生の総数は 60,643名で、 2015年度の54,455名と比べ、6,188名増加したのだそう。 国別ではアメリカが最も多くなっていますが、 最も多く留学している地域はどこでしょうか。 また、協定等に基づく日本人学生派遣数の多い私立大学は どこでしょうか? 詳細はリンク先のウェブサイトでご確認ください。 なお、リンク先の文章の最後に、日本学生支援機構の 平成28年度協定等に基づく日本人学生留学状況調査結果 の記事へのリンクもあり、そこでは留学期間別や男女別で 集計した結果も閲覧ができます。   日本学生支援機構は、2016年度の日本人学生の留学状況の調査結果を発表した。 この調査は、日本国内の大学等と諸外国の大学等との学生交流に関する協定等※に基づき、教育又は研究等を目的として、2016年度中(2016年4月1日から2017年3月31日まで)に海外の大学等で留学※を開始した日本人学生等について調査したもの。 調査によると、留学期間1か月未満から1年以上まで、海外に留学した学生の総数は 60,643名。2015年度の54,455名と比べ、6,188名増加した。地域別にみると、アジアへ留学した学生が21,605人(2015年度18,086名)と最も多く、続いて、北米18,915名 (17,807名)、ヨーロッパ11,417名(10,945名)だった。 国別では、アメリカ合衆国が13,085名 (12,383名)と最も多く、続いてオーストラリア 6,208名 (5,363名)、カナダ 5,830名 (5,424名)、韓国 4,604名 (3,713名)、中国4,091名 (3,836名)と続いた。専攻分野別では、人文科学の学生が最も多く35,761名 (32,605名)。続いて、社会科学 5,800名(4,945名)、工学4,836名 (4,070名)だった。 また、協定等に基づく日本人学生派遣数の多い私立大学は、関西外国語大学で派遣人数は1,812名。立命館大学 1,585名、早稲田大学 1,469名、関西学院大学1,313名、芝浦工業大学964名と続く。国立大学でみると、千葉大学が793名で最も多く、北海道大学684名、広島大学 661名、名古屋大学643名と続いた。 ※この調査の「協定等」とは、両大学長、学部長等により取り交わされた正式文書だけではなく、正式文書として取り交わしていなくても、学生交流に関わる事務文書が大学等に存在し、交流実績がある取決め又は覚書等をいう。 ※この調査の「留学」とは、海外の大学等における教育又は研究等の活動及び、学位取得を目的としなくても単位取得が可能な学習活動や、異文化体験・語学の実地習得、研究指導を受ける活動等、海外の教育機関(あるいはそれに付属する機関)と関連して行われる各種プログラムへの参加をいう。 ※( )内の数字は2015年度の日本人留学生数 情報源: 国立大学では千葉大学が最多 日本学生支援機構が2016年度留学状況を発表 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

100年前の学生ノート ―古いノートが伝える学びとは―|東京工業大学

パソコンなどの電子機器の発展もあり、 現在はノートの取り方そのものが変化している時代と なってきたようにも思いますが、 選択肢が増えたことにより、ノートをとる方法について むしろ模索する人が増えているのかもしれません。 そんな今の時代だからこそ響く展示が、 2015年に東京工業大学で開催されました。 2015年10月、東工大百年記念館で開催された、 特別展示『ノート考 ―古いノートに学ぶ教育の本質―』。 100年前のノートを見ることができる機会でもあり、 その時の様子や展示されたノートを通じて知ることができた、 大事なこととは何かがまとめられた記事がありますのでご紹介します。 100年前のノートである、明治44年(1911年)に 機械科を卒業した仁木源吉さんのノートとは、 いったいどのようなノートだったのか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 なぜノートをとるのか、それをどう自分で活かすのか。 そのことを問う記事のように思います。 なお、この記事の文末には、展示会の様子や、 公文書室だよりもPDFで閲覧ができます。 情報源: 100年前の学生ノート ―古いノートが伝える学びとは―

Read More

男子の将来就きたい職業 学者・博士が15年ぶり1位に

子どもたちは今、将来何になりたいと考えているのか。 それは、子どもたちの目に、どのようなことが 魅力として見えているのかがわかるだけでなく、 親の思いも見え隠れするものかもしれません。 第一生命保険は1月5日、 子供たちに将来就きたい職業を聞いた 「大人になったらなりたいもの」調査の、 2017年の結果を発表したという記事です。 この調査は、同社が主催する 「夏休みこどもミニ作文コンクール」に応募し 、アンケートに答えた全国の保育園・幼稚園児 および小学1~6年生の1100人を対象に 行われています。 今年の1位は、男子が「学者・博士」で、 女子が「食べ物屋」だったそう。 そして、男子で「学者・博士」が1位になったのは、 なんと2002年以来15年ぶり! なぜ「学者・博士」が1位に選ばれたのか。 女子の「食べ物屋」は何年間続いているのか。 リンク記事でご確認ください。 第一生命保険は1月5日、子供たちに将来就きたい職業を聞いた「大人になったらなりたいもの」調査の、2017年の結果を発表した。1位は、男子が「学者・博士」で、女子が「食べ物屋」だった。男子で「学者・博士」が1位になったのは、02年以来15年ぶり、女子は97年以降21年間、「食べ物屋」が不動の1位となった。 情報源: 男子の将来就きたい職業 学者・博士が15年ぶり1位に

Read More

30歳オールドルーキー区間7位!東京国際大・渡辺「新鮮」|SANSPO.COM

1月2日と3日は、箱根駅伝を応援しないと 始まらないという方も多いかもしれません。 毎年、様々な魅力ある選手が登場しますね。 今年の東京箱根間往復大学駅伝・復路に 東京国際大のオールドルーキーが 箱根路にデビューしたという記事です。 テレビ放送でも、オールドルーキーと紹介されていて、 何歳なのかと思ったら、30歳。 現役世代と比べると年齢は上ですが、 30歳でもオールドルーキーと呼ばれるのだと 妙なところに興味を持ったりしておりました。 多くの方が渡辺さんに興味を持っていたようです。 Twitterのトレンドワードにも挙がっていました。 年齢に関係なく大学で学ぶことが今以上に 普通のことになれば、さらにさまざまな経験を経た 選手が登場するかもしれませんね。 渡辺さんの略歴など、詳しくはリンク記事をご確認ください。  第94回東京箱根間往復大学駅伝・復路(3日、神奈川・箱根町芦ノ湖駐車場-東京・大手町=109・6キロ)東京国際大のオールドルーキーが箱根路にデビューした。30歳の渡辺和也(1年)は7区を走り、区間7位。不本意な成績にも、表情は晴れやかだった。 情報源: 30歳オールドルーキー区間7位!東京国際大・渡辺「新鮮」/箱根駅伝 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

Read More

私大の初年度納付金、平均131万円…医学部は509万円 | リセマム

大学の入学時にかかる費用は、 年々高くなっているというニュースを 耳にすることも多いのですが、 実際にはどうなっているでしょうか。 文部科学省は平成29年12月26日、 平成28年度私立大学の学生納付金に関する 調査結果を発表したという記事です。 調査対象となっているのは、 私立大学(学部)576大学と私立短期大学306大学、 私立高等専門学校3校。 初年度学生納付金というのは、 授業料、入学料、施設設備費の合計のこと。 平均額の算定にあたっては、 平成28年度入学定員を用いて加重平均しているそうです。 初年度学生納付金で見てみると、 対前年度比0.6%増の131万6,816円。 授業料、入学料、施設設備費などの詳細は リンク記事をご確認ください。 文部科学省は平成29年12月26日、平成28年度の私立大学の学生納付金調査結果を発表した。初年度学生納付金は対前年度比0.6%増の131万6,816円。学部別にみると、医学部が509万1,266円ともっとも高かった。 情報源: 私大の初年度納付金、平均131万円…医学部は509万円 | リセマム ※参考 私立大学等の平成28年度入学者に係る学生納付金等調査結果について|文部科学省 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/1399613.htm  

Read More

『大人』の修学旅行で行きたい世界遺産ランキング|世界遺産検定

世界遺産検定を実施している NPO法人世界遺産アカデミーが 2017年7月9日に全国24都市で実施した 「第28回世界遺産検定」の公開会場受検者7,314名のうち 有効回答数5,953件を集計した、 勉強して行きたくなった世界遺産ランキング。 その結果をランキングにまとめた ウェブページが公開されています。 その中で、 『大人』の修学旅行で行きたい世界遺産ランキング も発表されています。 さて、1位はどこになったでしょうか。 そのほかにも、いろいろなランキングが掲載されています。 調査方法なども含め、詳しくは以下でご確認ください。 『大人』の修学旅行で行きたい世界遺産ランキング|世界遺産検定 https://www.sekaken.jp/ranking/datasheet.html#fieldTripSheet 特別編として、学生との違いも特集されています。 https://www.sekaken.jp/ranking/special.html#trip 世界遺産について学びたくなりますね。 “世界遺産検定受検者”が選んだ「卒業旅行で行きたい世界遺産」「『大人』の修学旅行で行きたい世界遺産を紹介します。学生、社会人ならではの結果に注目![進学][就職][仕事]に役立つ。[旅]が楽しくなる。豊かな[教養]が身に付く。世界遺産検定 情報源:https://www.sekaken.jp/ranking/v001/datasheet.html#outline(世界遺産検定)

Read More

将来の夢がある新成人は過去最低の54%、AIには不安も | ICT教育ニュース

成人式のときには、これからの人生を思い、 夢と希望にあふれていて欲しいと考えるのは、 どうやら少し難しい時代になったのかもしれません。 マクロミルは、今年成人式を迎える全国の新成人を対象に 「2018年新成人に関する調査」を実施。 この調査は、今回で 11 年目。 調査手法:インターネットリサーチ 調査期間: 2017 年12月15日~12月17日 有効回答数: 500名 タイトルにもあるように、 将来の夢がある新成人は、過去最低の54%となったそう。 この数字は調査を開始して以来、最も低かったそう。 ある意味、リアリスティックなのだとも言えるかもしれません。 調査結果を見ていると、今の彼らの姿だけでなく、 これからの大人に必要になると考えていることも 見えてくるような気がします。 結果はリンクページをご確認ください。 詳細レポートもリンク先のページに記載があります。 マクロミルは、今年成人式を迎える全国の新成人を対象に「2018年新成人に関する調査」を実施し、その結果を発表した。 将来の夢がある新成人は、過去最低の54%。“AI”は半数弱が不安 […] 情報源: 将来の夢がある新成人は過去最低の54%、AIには不安も | ICT教育ニュース

Read More

講座開催!世界遺産で地球大気環境を調べる|認定NPO法人富士山測候所を活用する会

以前、早稲田大学創造理工学部の大河内教授らが、 富士山頂にある旧富士山測候所で実施している 大気汚染研究が資金不足のため、 クラウドファンディングを利用した、 研究資金集めと研究自体を理解促進の取り組みを アンドラの学習ニュース拾い読みでご紹介しました。 富士山頂で大気汚染研究 早大教授、クラウドファンディング開始|静岡新聞アットエス http://andla.jp/wp/?p=3076 その続報です。 富士山世界遺産センター特別講演会として、 「世界遺産 富士山頂で地球大気環境を調べる」 と題した講演会が開催されるそうです。 日 時: 2018年1月7日(日)13:00 - 15:00 (12:30 開場) 会 場: 山梨県立富士山世界遺産センター この講演会は、3名の研究者の皆さんから わかりやすい解説を直接聞く機会となりそうです。 詳しくは、以下のリンクの記事でご確認ください。 富士山世界遺産センターについての記事も 以前アンドラでもご紹介しましたが、 年明けで富士山について興味を持つ方も増える時期。 ご興味のある方は足を運ばれてみてはいかがでしょうか。 富士山世界遺産センター特別講演会「世界遺産 富士山頂で地球大気環境を調べる」を富士山世界遺産センターにて1月7日に開催 情報源:富士山世界遺産センター特別講演会 世界遺産 富士山頂で地球大気環境を調べる(認定NPO法人富士山測候所を活用する会)(公開終了を確認:2018年11月8日) 認定NPO法人富士山測候所を活用する会ホームページ http://npo.fuji3776.net/

Read More
error: