Home > webmaster (Page 137)

新しいMOOC「オートファジー」を世界に向けて公開|東京工業大学

2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞された、 東京工業大学の大隅良典栄誉教授、 中戸川仁准教授(生命理工学院 生命理工学系)、 アレクサンダーメイ特任助教(科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センター) がedxでMOOCによる講義を世界に向けて公開されます。 大隅教授がノーベル賞を受賞された研究テーマが 「オートファジー」。 その「オートファジー」を、 1週目 : オートファジーの基本的なメカニズムと役割 2週目 : 大隅栄誉教授のノーベル賞を受賞した研究 3週目 : 私たちの体におけるオートファジーの役割、 ヒトの疾患とのつながり、オートファジー研究の未来 という内容で説明されるとのこと。 edxで提供される講義は英語ですが、 動画で配信されるので、イメージはつかみやすいかと。 11月29日開講です。 東工大の新しいMOOC(ムーク )※1「Autophagy: Research Behind the 2016 Nobel Prize in Physiology or Medicine(オートファジー:2016年のノーベル生理学・医学賞の裏側の研究)」が、プラットフォームであるedX(エデックス)※2にて、2017年11月29日に世界へ向けて公開されます。 大隅良典栄誉教授、中戸川仁准教授(生命理 ※情報源:https://www.titech.ac.jp/news/2017/039696.html(東京工業大学)

Read More

入学費用のカード決済に対応 近畿大が国内大で初導入|近畿大学

入学費用などを振り込むために、銀行の窓口に並び、 長い時間待つという経験を私もしましたが、 かなりの時間を取られるし、対応できる時間が限られるし、 カードで支払いができたらいいのになと思っていました。 近畿大学が国内大学で初めて、入学費用などの クレジットカード決済に対応したという記事。 今回の導入で、入学時に必要な入学金や授業料、諸経費の支払いがインターネット上で行える。これにより、出願から入学までネット上の手続きとカード決済で完結できるようになる。 ということで、仕事が終わって自宅に戻ってからでも、 決済ができて便利になりますね。 多くの大学で採用されると便利になりそう。 詳細は以下のリンクでご確認ください。   近畿大学はこのほど、平成30年度入学試験の合格者に対し、入学時に必要な費用をクレジットカードで決済できるサービスを提供すると発表した。編入学試験を除く、すべての学部入試に導入する。三井住友カード㈱によると、日本の大学としては初めてだという。 情報源: 入学費用のカード決済に対応 近畿大が国内大で初導入|近畿大学

Read More

ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チームが109通りの「論理回路」の作製に成功|WIRED.jp

プログラミングしたツールが役に立つというのは、 よく聞く話ですが、こちらは驚きのニュース。 ボストン大学の研究チームが、ヒト細胞のプログラムを書き換え、 109通りの論理演算命令に従わせることに成功したというもの。 DNA組み換え酵素と呼ばれるタンパク質を使ってDNAを切り刻み、シャッフルして、再度くっつけることで演算命令を実行する。組み換え酵素は、DNA鎖のなかの特定部位に反応する。そして研究チームは、この酵素の反応を引き起こす方法を発見したのだ。組み換え酵素が活性化されているか否かにより、細胞はDNAの特定部位にエンコードされたタンパク質の生産を開始したり中止したりする。 本当に「細胞の演算処理」です。驚き。 とはいえ、この演算処理された細胞をヒトに戻して 病気の治療などに応用するためには、まだまだ方法を考えたり、 研究を進めなくてはいけないと思いますが、 こうした考え方で遺伝子そのものを操作する方法の 研究が進んでいることに驚きました。 ボストン大学の研究チームが、ヒト細胞のプログラムを書き換え、109通りの論理演算命令に従わせることに成功した。生物学的な論理ゲートの作製は過去にも成功例があるが、これだけの数を安定して生み出したのは初めて。化学物質の生成からガン治療まで、さ 情報源: ヒトの細胞がプログラミング可能に:米研究チームが109通りの「論理回路」の作製に成功|WIRED.jp

Read More

関西医科大学が、ほくろを自然消滅させる仕組みを解明 | 大学ジャーナルオンライン

ほくろができる場所や大きさで悩んでいる人は、 多いかもしれません。 関西医科大学の研究チームは、 ほくろの細胞である母斑細胞に着目。 母斑細胞を死滅させれば自然と色素が体内に吸収されて、 ほくろを消すことができるのでは?という仮説を立てて研究。 今回の研究では、母斑組織を比較的低い2,000気圧で10分間処理。これにより、皮膚の主要成分であるコラーゲンなどを損傷することなく自然のまま残し、母斑細胞などの細胞を完全に死滅させることに成功した。 ということで、母斑細胞さえ死滅させれば、 ほくろが自然に消滅することを、世界で初めて解明したそうです。 すでに、研究は臨床試験の段階に進んでいて、 今回の研究成果を加え、厚生労働省が定める「先進医療B」 の承認に必要な5例程度の新たな臨床研究を準備しているそうです。   関西医科大学の森本尚樹准教授らの研究チームは、ほくろ(色素性母斑)の色成分・メラニン色素が体内に吸収され、自然に消滅する条件を世界で初めて解明した。 ほくろが黒いのはメラニン色素が存在するためだが、メラニン色素は生体内では長期間安定して存在し続けることができない。それでも・・・ 情報源: 関西医科大学が、ほくろを自然消滅させる仕組みを解明 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

2040年の全国市町村の姿がわかる「未来カルテ」無料ダウンロード開始 千葉大学 | 大学ジャーナルオンライン

千葉大学大学院の倉阪秀史教授らが、 人口減少・高齢社会のインパクトを地域レベルで実感できるよう、 全市町村に対応した「未来カルテ」発行プログラムを 無料ダウンロードできるようにしたという記事。 プログラムは誰でもダウンロードができ、 指示に従って市町村コードを入力すれば、 誰でも指定した市町村の「未来カルテ」を入手できます。 (プログラムはマクロを使用したものであり、 インストール時にはよく確認してから利用するようにしてください)  この「未来カルテ」は人口減少・高齢化のインパクトを基礎自治体レベルで実感するための手段であり、現在の傾向が継続した場合の2040年の産業構造や、保育、教育、医療、介護の状況、公共施設・道路、農地などの維持管理可能性など約10分野について、国勢調査や国立社会保障・人口問題研究所の人口予測などの各種統計データを用いて、5年ごとの推移をシミュレーションした結果が掲載される。 とあるように、高齢化や地域が急速に過疎化していく というニュースを耳にする機会が増えていますが、 具体的に何がどう足りなくなっていくのかが シミュレーションできると、今何をするべきかの 検討材料になりそうです。   千葉大学大学院の倉阪秀史教授らは、人口減少・高齢社会のインパクトを地域レベルで実感できるよう、全市町村に対応した「未来カルテ」発行プログラムを無料ダウンロードできるようにした。「未来カルテ」には各種統計データなどを用いて現在の人口減少・高齢化傾向が継続した場合の2040年の各地域の状況を予測した結果が掲載される。・・・ 情報源: 2040年の全国市町村の姿がわかる「未来その根本的な理由は、『物は壊れる』ということにあります。カルテ」無料ダウンロード開始 千葉大学 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

人間が永遠に生き続けることは数学的に「不可能」|Gigazine

「老化」についての研究はとても盛んです。 人間はどこまで健康で生きられるのかというテーマは、 人類にとって関心がとても高いテーマでもありますし、 これまでも様々な研究がおこなわれてきました。 この記事は、生物学的なアプローチではなく、数学的なアプローチ。 アリゾナ大学の研究者らは、最新の研究結果で 「数学的・論理的に見て死は避けられない」と伝えています。 記事の最後の文章はとても説得力があります。 得られる結論とは? by Ali Marel この数百年の間に人間の寿命は大きく伸び、「老い」そのものを避けるという研究も進んでいることから、いつか人間は永遠に生きられるようになるのでは?という考えを抱いている人もい・・・ 情報源: 人間が永遠に生き続けることは数学的に「不可能」

Read More

京都大学、痛みの情報を変換し伝播する「波のうねり」の仕組みを発見 | 大学ジャーナルオンライン

京都大学大学院生命科学研究科の研究グループが、 ショウジョウバエの幼虫が持つ痛覚神経細胞を対象に研究し、 神経細胞が痛みの情報を変換・伝播する メカニズムの一端を明らかにしたという記事。 確かに痛みには波があることが多く、 以前救急車で運ばれるような痛みがあった時も、 痛い、そうでもないというのが波のように 繰り返したということもあったし、 頭痛などもとても痛い瞬間とそうでもないときがあったり。 今回発見された痛みの情報変換メカニズムは、痛覚神経細胞が強い痛みを感知すると、カルシウム依存症のSKチャネルによって神経活動の波のくぼみが生成され、波のうねりが増加する。このうねりが強い痛みの信号として、下流のネットワークに伝播する、というものである。 あの波は、下流のネットワークに信号として 情報を伝えようとしているとすると、 それによってどんな影響があるのかも興味が出てきます。 記事の中に、英語の論文へのリンクがあります。   京都大学大学院生命科学研究科の研究グループは、ショウジョウバエの幼虫が持つ痛覚神経細胞を対象に研究し、神経細胞が痛みの情報を変換・伝播するメカニズムの一端を明らかにした。・・・ 情報源: 京都大学、痛みの情報を変換し伝播する「波のうねり」の仕組みを発見 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

機械学習やビッグデータを扱うデータサイエンティストの年収や使用言語などを赤裸々にするデータ

世界中のアナリストやデータサイエンティストが 予測モデリングや分析手法を競い合うプラットフォーム「Kaggle」。 2017年時点での機械学習やデータサイエンスに携わる人々が どのようなツールを使っているのかや、 どれくらいの給料を得ているのかを如実に示すデータを公開したという記事。 The State of ML and Data Science 2017 | Kaggle https://www.kaggle.com/surveys/2017 大学や大学院で学び直しをしている社会人には、 アナリストやデータサイエンティストを目指す人も多いと 思いますが、世界においてどういう状況なのかを 理解しておくことも大人の学びにおいては重要なことかと。 回答者の年齢の中央値が30歳。 回答者の中で最も多いのは修士号を取得しているユーザー。 給料が最も高い15万ドル(約1700万円)以上の回答者には、 博士号取得者が多いという結果も。 時代の変化に影響を受ける象徴のような職業とも言えるかと。 今後はどう変化していくでしょうか。 By Carlos Muza 企業や研究者がデータを投稿し、世界中のアナリストやデータサイエンティストが予測モデリングや分析手法を競い合う、というプラットフォームの「Kaggle」が、2017年時 情報源: 機械学習やビッグデータを扱うデータサイエンティストの年収や使用言語などを赤裸々にするデータ

Read More

九州大学、体内時計の乱れを栄養学的に改善できる可能性 | 大学ジャーナルオンライン

九州大学大学院農学研究院と芸術工学研究院、 そして株式会社ファンケルとの共同研究により、 アミノ酸の一種であるL-セリンを摂取すると、 体内時計の修正が容易になることを明らかにしたという記事です。 最近は、睡眠研究も盛んで「体内時計」という言葉を 耳にすることも増えてきましたね。 この「体内時計」が朝の光を浴びることで 毎日針合わせが行われているそうですが、 不規則な生活が続くなど頻繁に生活リズムが狂うと 針合わせが追いつかなくなります。 先程出てきたアミノ酸の中でも「L-セリン」と呼ばれるものを 摂取すると、光による体内時計の針合わせが強められることを マウス実験により発見したそうです。 その他にわかったことは記事をご覧ください。 九州大学が発表した記事は以下で確認ができます。 研究成果:アミノ酸の一種L-セリン摂取で体内時計の修正が容易に -体内時計の乱れや時差ぼけの改善に期待—(九州大学) https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/186   九州大学大学院農学研究院の安尾しのぶ准教授、芸術工学研究院の樋口重和教授は、株式会社ファンケルとの共同研究により、アミノ酸の一種であるL-セリンを摂取すると、体内時計の修正が容易になることを明らかにした。 ・・・ 論文情報:【Journal of Nutrition】L-Serine Enhances Light-Induced Circadian Phase Resetting in Mice and Humans 情報源: 九州大学、体内時計の乱れを栄養学的に改善できる可能性 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

タコも「街」をつくることが判明─米研究チームが発見した「オクトランティス」の秘密|WIRED.jp

生物の研究は面白い発見が多いですよね。 今回ご紹介するのは、単独行動すると思われていた タコがどうやら貝殻などを積み重ねた住まい、 アパートのようなところに暮らして、 街を作っているということがわかったという記事。 ところが16年、人間の関与が考えられない別のタコのコミュニティが見つかった。タコたちは貝殻を集めて山をつくり、その「アパート」のなかのそれぞれの巣に住んでいた。科学者たちは、タコはこれまでもずっと群生してきたのかもしれないと考え始めている。 面白いですね。 記事には、タコたちの社会的行動を観察した様子なども 掲載されています。 私たちが知っていることは、まだまだ「ほんの少しだけ」なのかも。 タコは単独で行動すると考えられてきたが、貝殻を集めて山を築き、それを数世代続く「アパート」にしていることがオーストラリア沖で確認された。しかもそのアパートが集まって、小さな村のようなコミュニティをつくっていたのだ。 情報源: タコも「街」をつくることが判明──米研究チームが発見した「オクトランティス」の秘密|WIRED.jp

Read More
error: