Home > webmaster (Page 2)

オスのマウスばかり使う実験が科学的研究をダメにしている|GIZMODO

サイエンス誌に掲載された、実験に使われている マウスに関するある主張をもとに、 動物を使った研究におけるオス・メスの性別が 研究に与える影響についてがまとめられた記事を ご紹介します。 サイエンス誌に掲載されたのは、 ノースイースタン大学の心理学科、 レベッカ・シャンスキー准教授の主張です。 その主張とは、長きにわたってオスの動物、 特にマウスばかりが使われてきたというもの。 なぜそのような状況になっていたのか、 そして、現在はどのような状況になっているのか、 詳しくはリンク記事でご確認ください。 科学分野における性差別って人間の女性だけに向けられたものじゃないんですって。今週発表された新しい論文によると、動物研究でもみられるのだそうです。実験に使われるマウスはオスばかりどういうことなのかというと、エストロゲンのようなホルモンが実験 情報源: オスのマウスばかり使う実験が科学的研究をダメにしている  

Read More

「人生の目的」を持つかどうかがあなたの寿命に関係している|GIGAIZINE

若い頃には「人生の目的」を明確にもっていても 年齢を重ねるにつれて、様々な理由により、 「人生の目的」というほど大きな目標を 掲げることなく日々を過ごしている人のほうが 多くなっていくのかもしれません。 ミシガン大学の研究チームは、 「The Health and Retirement Study(HRS)」という 50歳以上の被験者7000人を対象とした調査で ・将来についての計画を立て、計画を実現することを楽しんでいる ・自分の日常行動はささいなことで、重要ではない という文章に対して自身がどう感じるかの評価を行い、 被験者が持っている「人生の目的」の度合いを スコア化したそうです。 分析の結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 長生きをするためには「外食をやめる」「魚を食べる」「運動をする」など、さまざまな方法が効果的だと言われますが、新たな研究で「人生の目的を持つこと」が人の寿命と関係することが示されました。人生の目的を持っているかどうかで、その後5年の死亡率は大きく変わってくるそうです。 情報源: 「人生の目的」を持つかどうかがあなたの寿命に関係している  

Read More

赤ちゃんの泣き声の意味をAIで聞き分けることが可能に|GIGAZINE

赤ちゃんの泣き声は、 さまざまなことを伝えてくれます。 お腹が空いているのか、 おむつが濡れて気持ち悪いのか、 それとも抱っこしてほしくて泣いているのか、 何をしても泣き続けてしまうときなどは、 ついイライラしてしまうということも あるかもしれません。 ノーザン・イリノイ・ユニバーシティの Lichuan Liu氏が率いる研究チームは、 こうした赤ちゃんの泣き声を人工知能を用いて 「周波数的領域における音声特徴」を分析。 その方法とは? 分析の結果、赤ちゃんの泣き声はどのように 区別できたのでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 赤ちゃんの泣き声は親を心配にさせたり、イライラさせたりするものです。そんな赤ちゃんの泣き声を人工知能(AI)を用いて聞き分けることで、「正常な泣き声」と「異常な泣き声」を区別するという研究が進められています。 情報源: 赤ちゃんの泣き声の意味をAIで聞き分けることが可能に  

Read More

シカの増加が川の魚の個体数に影響することを示唆 -長期観察から見えてきた森と川の意外なつながり- | 日本の研究.com

シカの個体数が増加し続けています。 最近では、人が暮らす場所にも出現するようになり ニュースになることも増えています。 このシカの増加によって、生態系が大きく変化し、 川の魚にどのような影響が出ているかを 調査した研究をご紹介します。 京都大学が管理している「芦生研究林」は、 京都府北部を流れる由良川の上流部にあります。 人による開発の影響を受けることない林が これまで大学の管理下で維持されてきましたが、 2000 年代に入ってからシカによる 林床の植物の食べ尽くしが深刻化してきたそうです。 そこで、2007 年 5 月から 2018 年 6 月にかけて、 毎回同じ方法で、シュノーケリングによる 魚類の個体数のカウントと環境の測定。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】シカの増加が川の魚の個体数に影響することを示唆 -長期観察から見えてきた森と川の意外なつながり- | 日本の研究.com  

Read More

放射能汚染土の新処理技術を早稲田大学が開発、高圧洗浄技術でコスト3分の1に | 大学ジャーナルオンライン

東日本大震災の後、福島第一原子力発電所の 事故が発生。放射能汚染が広がりました。 その後、放射能汚染土を除染する作業が 行われ続けており、そこで袋詰された 大量の放射能汚染土が仮置場に山積みに されている状況となっています。 その仮置場などに保管された汚染土は 除染作業を行い、中間貯蔵施設や 仮設焼却施設等に搬出されています。 仮置場について|除染情報サイト http://josen.env.go.jp/soil/temporary_place.html 早稲田大学の松方正彦教授らの研究グループは、 高圧洗浄技術を応用した新しい放射能汚染土の 処理(減容化)技術の開発に成功したそうです。 その仕組みとは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   早稲田大学の松方正彦教授らの研究グループは、高圧洗浄技術を応用した新しい放射能汚染土の処理(減容化)技術の開発に成功した。情報源: 放射能汚染土の新処理技術を早稲田大学が開発、高圧洗浄技術でコスト3分の1に | 大学ジャーナルオンライン  

Read More

鳥はお金持ちが大好き 最新研究で判明|NATIONAL GEOGRAPHIC

都市化が進むと自然が破壊され、 動植物の多様性が失われていきます。 しかし、都市部でも緑化対応をしている場所はあり、 特に経済的に豊かな人たちが暮らす場所は、 緑が豊かな場所が多くなっています。 こうした緑化された場所を住処とする 動物や昆虫なども増えていて、 このような現象を「ぜいたく効果」と呼ぶそうです。 イタリアのトリノ大学のダン・チェンバレンらの 研究グループは、都市化の進行と 生物多様性の喪失が深刻な南アフリカにおいて 在来種の多様性について定量調査を実施。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 富裕層が好んで住む地域と鳥の多様性に正の相関があった。お金で幸せは買えないが、自宅の周りに様々な鳥を呼び寄せることはできそうだ。 情報源: 鳥はお金持ちが大好き 最新研究で判明  

Read More

AIを活用した児童虐待対応支援システムを開発 ―6月に三重県で実証を開始し、システムの実用性を検証― | 日本の研究.com

子どもを虐待するという悲しいニュースが 毎日のように報道されています。 虐待されていることを児童相談所が把握し、 子どもを保護するという活動の難しさも 浮き彫りになってきています。 被害にあっている子どもたちを守るための システムが開発されたという記事をご紹介します。 産業技術総合研究所は、児童相談所の職員向けに、 日本初となる人工知能(AI)を活用した 児童虐待対応支援システムを開発。 本システムを三重県の児童相談所に導入し、 実証実験を6月下旬から開始するとのことです。 児童相談所向けに業務支援アプリ 「AiCAN(Assistance of intelligence for Child Abuse and Neglect)」 とはどのような仕組みなのでしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】AIを活用した児童虐待対応支援システムを開発 ―6月に三重県で実証を開始し、システムの実用性を検証― | 日本の研究.com  

Read More

運動は脳の記憶領域を活性化させ、運動を継続すると記憶に良い影響を与えるという可能性がある|GIGAZINE

年齢を重ねるごとに暗記力の低下や 記憶したことを思い出せないということが 徐々に増えていきます。 このように低下する記憶力を改善することは できないのでしょうか。 メリーランド大学の研究チームは、 55歳から85歳までの被験者26人に、 30分の中強度の有酸素運動を行った後、 著名人の氏名と一般人の氏名を識別してもらう 「一般的な知識を思い出す」テストを実施。 そのテスト中の脳の活動をfMRIで視覚化したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 なお、文中で紹介されている筑波大学の研究は 以前アンドラでも紹介しております。 短時間の軽運動で記憶力が高まる! ~ヒトの海馬の記憶システムが活性化されることを初めて実証~ | 日本の研究.com|アンドラ http://andla.jp/wp/?p=7750 年を取ると「暗記する能力」だけでなく、「一般的な知識を思い出す能力」もまた低下します。しかし、運動直後はこの「思い出す能力」が改善するという研究結果が2019年の国際神経心理学会で報告されています。 情報源: 運動は脳の記憶領域を活性化させ、運動を継続すると記憶に良い影響を与えるという可能性がある  

Read More

親の生活習慣がわるいと親の食育への関心が低く、栄養バランスを考えず、子の孤食も多い 富山大学 | 日本の研究.com

家庭の経済状況や、親の生活習慣は 子どもにどのような影響を及ぼすのでしょうか。 富山大学地域連携推進機構地域医療保健支援部門は、 高岡市内の5 つの小学校に通う 1年生から6年生までの 全児童 2129 名を対象として、平成28年1月に ・家庭の社会経済環境 ・親子の生活習慣 などに関するアンケート調査を実施したそうです。 (有効回答数は 1632 名) 今回の調査では、生活習慣を判断するために Breslow の 7 つの生活習慣を基準にしています。 ブレスローの7つの健康習慣を実践してみませんか|e-ヘルスネット(情報提供)|厚生労働省 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-04-002.html この基準で判断した親の生活習慣は 子どもにどのような影響を及ぼしているのでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】親の生活習慣がわるいと親の食育への関心が低く、栄養バランスを考えず、子の孤食も多いー文部科学省スーパー食育スクール事業の結果よりー | 日本の研究.com  

Read More

MIT Media Lab、脳活動と眼球運動から注意力低下を音声および触覚で警告する眼鏡型デバイス「AttentivU」発表|Seamless

なにかに集中したいと思っていても、 スマホに表示されるメッセージやニュースが 目に入ってきたり、他の人が話している声が 気になってしまって集中できないということは 誰しも経験あることだと思います。 そうした注意力が低下したようなときに 自分だけがわかるレベルで注意が促されたら 「あ、気が散ってたな」と気づいて 一呼吸おいたり、気持ちを切り替えて 改めて集中できることもあるかもしれません。 MIT Media Labの研究チームが、 人の注意力が低下したときに音声や触覚で 警告するという眼鏡型デバイス「AttentivU」を 開発したそうです。 どのような仕組みなのかなど、 詳細はリンク記事でご確認ください。 なお、MIT Media Labの説明ページのリンクも 併せてご紹介しておきます(英語)。 Project「AttentivU」|MIT Media Lab https://www.media.mit.edu/projects/attentivu/overview/ MIT Media Labの研究チームは、人の注意力が低下したときに音声および触覚で警告する眼鏡型デバイス「AttentivU」を発表しました。 情報源: MIT Media Lab、脳活動と眼球運動から注意力の低下を検出し音声および触覚で警告する眼鏡型デバイス「AttentivU」発表

Read More
error: