Home > webmaster (Page 2)

受験生が関心持つ大学1位、関東は早稲田大学、近畿は関西大学 | 大学ジャーナルオンライン

高校生に進学情報を提供するフロムページが 2019年度の大学受験生約47万人に 2018年10月から2019年4月1日にかけ、 ウェブ上でアンケートを実施したそうです。 有効回答者数は4万605人。 尋ねた質問は、受験生が関心を持つ大学。 全国を6地区に分けて実施したランキングが 発表されました。 ・北海道・東北地区 ・関東地区 ・中部地区 ・近畿地区 ・中国・四国地区 ・九州・沖縄地区 で、それぞれ上位3位まではどこの大学だったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   受験生が関心を持つ大学ランキングで関東地区は早稲田大学、中部地区は名城大学が4年連続、近畿地区は関西大学が3年連続で1位になったことが分かった。 情報源: 受験生が関心持つ大学1位、関東は早稲田大学、近畿は関西大学 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

「フェイクニュースを信じやすいのはなぜか」を心理学の観点から解説、どう対処すればいいのか?|GIGAZINE

災害が起こるとTwitterなどで嘘の情報が いとも簡単に拡散されてしまいます。 情報が本当なのか、それとも嘘なのか。 巧妙に書かれた情報は、どんなに気をつけていても うっかり信じてしまいそうになるかもしれません。 オーストラリアのモナッシュ大学で 認知神経科学を研究している ジュリアン・マシューズさんが、 心理学の観点から 「フェイクニュースを信じやすいのはなぜか」 についてと、その対策方法について語った内容を まとめた記事をご紹介します。 どのようなことが原因でフェイクニュースを 信じてしまうのでしょうか。 その対策に挙げられた方法は? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 「フェイクニュース」を信じた群衆によって2人がリンチ・殺害されたという事件が起きてしまうほど、現代では「嘘」は瞬く間に拡散されてしまい、嘘を信じ込む人も大勢います。オーストラリアのモナッシュ大学で認知神経科学を研究しているジュリアン・マシューズさんが、心理学の観点からフェイクニュースが人間の心に入り込んでくる原理と、フェイクニュースを信じないようにする対策法について語っています。 情報源: 「フェイクニュースを信じやすいのはなぜか」を心理学の観点から解説、どう対処すればいいのか?  

Read More

一人暮らしによる健康リスクは、人のつながりにより緩和される | 日本の研究.com

一人暮らしの高齢者が増えています。 そこで問題となっているのは、 一人で暮らしていること以上に 社会的なつながりを持てているかどうか なのかもしれません。 東京都健康長寿医療センター研究所の研究グループは、 2015 年に板橋区で行った健康調査 「お達者健診」に参加した 400 名の 健康上問題のない高齢者を、 ・居住形態(独居もしくは非独居) ・社会的ネットワークの多寡  (他者とのつながりが乏しい群と乏しくはない群) と組み合わせで 4 群に分け、 2 年後の健康状態の変化を検証したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】一人暮らしによる健康リスクは、人のつながりにより緩和される | 日本の研究.com

Read More

横手市増田まんが美術館、5月1日オープン|日本経済新聞

「釣りキチ三平」で知られる漫画家、 矢口高雄さんの業績を紹介するために 秋田県横手市増田町に1995年にオープンした 「横手市増田まんが美術館」。 2017年4月から休館しリニューアル工事が 進められていましたが、5月1日に リニューアルオープンが予定されています。 原画展示漫画家は、約74名で 展示作品は約200点にのぼるそうです。 GWの連休に東北旅行を計画されている方は 足を伸ばして訪れてみるのも楽しそうです。 今回のリニューアルについて、事前に開催された 報道陣向け内覧会の様子はリンク記事で ご確認ください。 【公式】リニューアルオープン | 横手市増田まんが美術館 http://manga-museum.com/2019renewal/ 横手市増田まんが美術館ホームページ http://manga-museum.com/   秋田県横手市は10日、大規模改修工事をしていた「横手市増田まんが美術館」の報道陣向け内覧会を開いた。漫画家約180人の原画約22万点を収蔵する日本有数の漫画美術館として、インバウンド(訪日客)を含め 情報源: 横手市増田まんが美術館、5月1日オープン

Read More

プラスチックによる海洋汚染がいかに激増したのかが60年分の海洋調査データから鮮明に|GIGAZINE

マイクロプラスチックによる海洋汚染が 最近話題となっています。 実際に、魚の体内からマイクロプラスチックが 発見されることも増えています。 イギリスの海洋生物学協会の クレア・オストル博士らの研究グループが 1931年から大西洋とその近海で継続的に実施されている 「連続プランクトン採集器(CPR)」にとらえられた ごみのデータを60年間にわたって分析したそうです。 この「連続プランクトン採集器(CPR)」は、 海中の微生物について研究することを目的に イギリスの海洋生物学協会が作った装置です。 装置が収集した情報を分析した結果、 わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 世界中の科学者らによってプラスチックごみやマイクロプラスチックによる海洋汚染の問題が叫ばれていますが、これまで長期的に継続された調査による裏付けは進んでいませんでした。2019年4月16日に科学誌Natureに掲載された論文により、60年間にもわたる海洋調査の結果が公開され、プラスチックによる海洋汚染の増加とその推移が明らかにされています。 情報源: プラスチックによる海洋汚染がいかに激増したのかが60年分の海洋調査データから鮮明に  

Read More

死の定義変わるか 死後も脳の一部機能回復 ブタで実験 | NHKニュース

現在、人間の「死」を医学的に判断する際、 呼吸・循環機能の調節や意識の伝達など、 生きていくために必要な働きを司る脳幹を含む、 脳全体の機能が失われた状態を「脳死」とし、 どの範囲を指すかは国によって異なるものの 「脳死は人の死」と定義されています。 脳死|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/脳死 この「脳死」の定義を揺るがすような 研究結果が報告されました。 イェール大学などの研究グループが 特殊な装置を使って、死後4時間経過した ブタの脳に血液の代わりとなる液体を流す という実験を行ったそうです。 その結果、どのようなことが起こったのでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 なお、記事に掲載されたNatureの記事はこちらです。 Cover Story:時間を巻き戻す:死後4時間たった脳で細胞機能が回復|Nature(2019年4月18日) https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/98363 アメリカなどの研究グループが、死んだブタの脳に血液の代わりとなる液体を流したところ、脳の一部の細胞が動き始め、機能が回復… 情報源: 死の定義変わるか 死後も脳の一部機能回復 ブタで実験 | NHKニュース  

Read More

漫画が開く、古典の扉 講談社「まんが学術文庫」アンケート結果分析 | 東大新聞オンライン

東大新聞と講談社が行ったアンケート調査で、 漫画と古典的名著に対して、 東大生がどのように接してきたかを調査した結果が 記事となっていますのでご紹介します。 対象者は、東大の学部生と大学院生。 有効回答は、101人分だったそうです。 「読んでみたけれど理解できなかった名著や、 最後まで読めなかった名著」として合計3冊まで 挙げてもらった結果、リストアップされた人数が 多かった著作とは? 「死ぬまでに一度は読破したいと思う名著」とは? また、講談社が出版している名著シリーズの 「まんが学術文庫」を読んだことがあるかという 質問も行われています。 講談社の「まんが学術文庫」は、 哲学や宗教などの古典的名著を漫画にすることで 知の巨人たちの言葉に触れられるという コンセプトで発刊されている書籍です。 創刊にあたり by 編集長石井徹|まんが学術文庫 https://man-gaku.com/_ct/17155038 その結果とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   今回のアンケートでは、漫画と古典的名著に対して東大生がどのように接してきたか調査した。東大の学部生と大学院生を対象に、古典的名著の読書経験や漫画を読む習慣などについて聞き、合計101人分の有効回答が集まった。 情報源: 漫画が開く、古典の扉 講談社「まんが学術文庫」アンケート結果分析 | 東大新聞オンライン  

Read More

あごひげには犬の体毛よりも多くの微生物が存在している|GIGAZINE

もともとは、MRIによる画像診断を必要とする 犬のために、「人間用のMRIを使って ペットの犬を画像診断することは 衛生的に問題がないか」ということを知るため、 スイスやオーストリアの研究チームが ある調査を行いました。 そこで、思わぬことがわかったという 研究をご紹介します。 調査対象となったのは、犬と人間です。 まず、脳または脊髄に関連する疾患を持つ 30頭の犬の口と体毛から微生物サンプルを採取。 さらに、あごひげを生やした18人の男性の 口とあごひげから微生物サンプルを採取したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 近年ではおしゃれとして「あごひげ」を伸ばす人も多く、中にはあごから耳のそばまで長いひげを生やしている人も少なくありません。そんなあごひげと犬の体毛を比較した結果、伸ばしたあごひげには犬の体毛よりも多くの微生物が存在することが明らかになっています。 情報源: あごひげには犬の体毛よりも多くの微生物が存在している

Read More

むかわ町穂別産“むかわ竜”全身復元骨格が完成! ~むかわ竜,ついに立ち上がる~ | 日本の研究.com

北海道勇払郡むかわ町は、ししゃもの町として 有名ですが、実は恐竜でも有名です。 むかわ町のホームページにも恐竜があちらこちらに 登場していますし、恐竜ワールドという ホームページも開設されています。 むかわ町ホームページ http://www.town.mukawa.lg.jp/ むかわ町 恐竜ワールド|むかわ町 http://www.town.mukawa.lg.jp/dinosaur/ そのむかわ町の穂別で発見された 国内最大の恐竜全身骨格の復元作業が終わり、 ついに立ち上がったということです。 ”むかわ竜”と名付けられている恐竜の 発掘の過程や復元の様子など、 詳しくはリンク記事でご確認ください。 なお、今年の夏に国立科学博物館で開催される 「恐竜博2019」に、この!むかわ竜”も 展示されるそうです。 恐竜博2019|国立科学博物館 https://dino2019.jp/ 情報源: 【プレスリリース】むかわ町穂別産“むかわ竜”全身復元骨格が完成! ~むかわ竜,ついに立ち上がる~ | 日本の研究.com

Read More

日本の科学基礎研究、現場の実感も衰退を裏付け | 大学ジャーナルオンライン

世界における日本の研究期間に関する ランキングが発表されることが多いのですが、 その度に現状の問題がクローズアップされます。 東京工業大学の大隅良典栄誉教授が 2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した際にも このままでは日本の科学、特に基礎研究が 衰退してしまうという危機感について話されていたことは 記憶に新しいと思います。 文部科学省科学技術・学術政策研究所が行った、 「科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP 定点調査 2018)」 の結果が発表となりました。 2018年9~12月に大学や公的研究機関、 産業界の研究者約2,800人を対象に実施し、 2016年度から毎年続けている調査結果と比較し、 その変遷を調べた結果が公表されています。 その結果から、現在の研究活動の難しさが 浮き彫りとなっています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   国立大学関係者の8割以上が研究活動の停滞で教育、指導の質低下が見られると感じていることが、文部科学省科学技術・学術政策研究所の意識調査で明らかになった。 情報源: 日本の科学基礎研究、現場の実感も衰退を裏付け | 大学ジャーナルオンライン

Read More
error: