Home > webmaster (Page 94)

「八つ当たりする魚」総合研究大学院大学が発見 | 大学ジャーナルオンライン

八つ当たりされることは、人間の世界では よくあることかもしれません。 八つ当たりされた人や物にとっては迷惑な話ですが。 この「八ツ当たり」が、なんと魚の世界にもあることを 発見したという記事をご紹介します。 総合研究大学院大学の伊藤博士(研究当時)らの研究グループは、 ジュリドクロミス・レガニ(以下、レガニと略記)という魚が、 八つ当たり行動を行うことを世界で初めて示したとのこと。 意外というか、やはりというか、 八つ当たりの行動は興味深い内容となっています。 魚が八つ当たりする理由とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   総合研究大学院大学の伊藤宗彦博士(研究当時)らの研究グループは、ジュリドクロミス・レガニ(以下、レガニと略記)という魚が、八つ当たり行動を行うことを世界で初めて示した。  情報源: 「八つ当たりする魚」総合研究大学院大学が発見 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

~これまでの50分の1の時間で検知が可能に~構造物の損傷を非接触で高精度に検知するシステムを開発 | 日本の研究.com

構造物の損傷を非接触で行うことができれば、 開発や改良のスピードでも違ってくるかもしれません。 しかもできるだけ高精度かつ短時間で実施できれば。 そのような要望に応える可能性がある研究を ご紹介します。 芝浦工業大学機械機能工学科の細矢准教授と、 北海道大学大学院工学研究院の梶原教授らの研究グループは、 構造物の損傷を非接触で高精度に検知するシステムを 開発という記事です。 構造物の表面に高出力のパルスレーザーを照射することにより、 診断するという仕組み。 遠隔操作で検査できるこの仕組みであれば、 非接触で高精度な診断を行うとことができます。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 こうした非破壊で素早くできる診断方法の開発により、 最近頻繁に起こる航空機などの部品落下や損傷を いち早く発見できる手段になればと思います。 情報源: 【プレスリリース】~これまでの50分の1の時間で検知が可能に~構造物の損傷を非接触で高精度に検知するシステムを開発 | 日本の研究.com

Read More

人工知能が「読解力テスト」で人間に勝利? マイクロソフトとアリババの発表が波紋|WIRED.jp

AIに注目が集まっている昨今。 開発された人工知能がどのくらいの能力かを示すために、 さまざまな場面で人間と比較することで その能力を超えたか超えないかが語られます。 例えば、チェス、将棋、囲碁などは、 頻繁に取り上げられる比較対象です。 今回ご紹介する記事は、その比較方法について 少し考えさせられるものです。 マイクロソフトと中国のアリババが開発した 人工知能(AI)がスタンフォード大学の考案した 読解力テストで人間を上回るスコアを獲得したと発表。 そのテストというのは、スタンフォード大学が 人間の能力を測るために提供しているテスト 「SQuAD(Stanford Question Answering Dataset)」 のこと。このテストのそもそもの目的や 問題の内容などから考えて、人間を超えたといえるのか という反論が出ているそうです。 その反論とは? 「評価」という視点を考えさせられる記事。 皆さんはこの評価で人工知能が 人間を超えたと言えると思いますか? 詳しくはリンク記事をご確認ください。 マイクロソフトとアリババの開発した人工知能(AI)が、読解力テストで「人間を上回る」との記録を出したことが話題となった。テストの方法や結果については専門家からの異論も多く、人間とマシンの知能を正確に比べることの難しさが浮き彫りになっている。 情報源: 人工知能が「読解力テスト」で人間に勝利? マイクロソフトとアリババの発表が波紋|WIRED.jp

Read More

機械学習を使った調査で「うつ」病の人がよく使いがちな言葉が判明|Gigazine

機械学習を用いて発話を分析し、 その内容を観察することで、 これまでには見えなかった傾向が観察された という研究をご紹介します。 その対象は、うつ病と言語。 この関係を調査する方法として、 テキストの自動解析と機械学習を用いて分析。 その結果、「うつ病」の人たちがよく使う言葉や 表現が明らかになったというもの。 これまでは否定的な感情を表す言葉を多く発すると 考えられてきましたが、分析の結果から得られた中で、 最も興味深いものは代名詞の使用方法だったそう。 「自分」「自分自身」「私」など一人称の代名詞を 多用することが判明したとのこと。 そして、64のオンラインメンタルヘルスフォーラム。 合計で6,400人以上の調査も行ったそうです。 その結果、多用された言葉とは? 詳しくはリンク記事をご確認ください。 この結果は、あくまでも調査したグループの結果ですが、 こうした分析方法を取り入れることで これまで気づかなった視点が得られることが あるかもしれません。 By Jennifer Mathisうつ病と言語の関係を調査する方法として、これまで取られていたアプローチは、研究者が実際の被験者のノートを読み、メモを取ったりすることでした。当然、人の手による 情報源: 機械学習を使った調査で「うつ」病の人がよく使いがちな言葉が判明

Read More

震災による家屋被害が生活習慣・検査データに影響を与えている可能性 | 日本の研究.com

震災のような大きさ災害が、 私たちに及ぼす影響はどのようなものか。 震災直後の被害によって起こる影響もあれば、 その後の環境の変化で影響を受ける場合もあり、 ひとりひとりの体質による影響もあるので、 すべてをひとくくりで語ることはできません。 そうした様々な要因を調査する方法として コホート調査(コーホート調査)という方法があります。 共通の属性をもつ集団から選んだ人に対して、 一定期間ごとに同じ調査を繰り返す手法です。 東北メディカル・メガバンク計画は、 東日本大震災からの復興事業として計画され、 東北大学東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)、 岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構(IMM) が事業主体となり、長期健康調査 (地域住民コホート調査、三世代コホート調査) を実施しているそうです。 今回は、2013年から2016年に得た 地域住民コホート調査参加者のデータを解析。 「平均歩数」 「メタボリック症候群の構成要素」 「自宅周辺の環境とBMI値」 について調査した結果が発表されました。 その結果は? 詳しくは、以下のリンク記事をご確認ください。 また、今回調査を実施している 東北メディカル・メガバンク機構の ホームページへのリンクをこのページ文末に記載しました。 情報源: 【プレスリリース】震災による家屋被害が生活習慣・検査データに影響を与えている可能性ー東北メディカル・メガバンク計画地域住民コホート調査の解析からー | 日本の研究.com 地域住民コホート|東北大学 東北メディカル・メガバンク機構 http://www.megabank.tohoku.ac.jp/chco/index.html    

Read More

Googleドライブ、Microsoft Office文書にプレビューのままコメントできるように|ITmediaNEWS

クラウド上にアップした書類を見る方法が また少し変わりそうなニュースです。 Googleは2月7日(現地時間)に、 クラウドストレージ「Googleドライブ」上の 「Microsoft Office」文書(Word、Excel、PowerPoint)、PDF、画像で、 プレビューのままコメントの閲覧・追加を 可能にしたと発表したという報道記事です。 Googleでは、これまで「Microsoft Office」アプリにあるような ドキュメント、スプレッドシート、スライド などのアプリを提供しており、これらはすでに Googleドライブに入れてあるとプレビューからコメントができます。 しかし、「Microsoft Office」文書(Word、Excel、PowerPoint)、 PDF、画像はプレビューで見ることはできますが、 コメントは入れられませんでした。 向う数週間かけてローリングアウトしていくそう。 先ほど(2月8日午前10時)にテストしてみましたが、 まだコメント機能はありませんでした。 今月末くらいにもう一度チェックしてみたいと思います。 これまでの機能など、詳しくはリンク記事でご確認ください。 プレビューのコメントする機能、 クラウド経由のやり取りに結構使えそうです。 情報源: ITmedia NEWS

Read More

筋肉をまとった有機電極で健康ホルモン分泌をコントロール-「運動すると健康になる」を培養筋肉で再現- | 日本の研究.com

運動と健康は密接な関係にあるということは、 様々な研究でも明らかになってきています。 最近の研究では、筋肉がホルモン様物質を出すことも 分かってきました。 NHKで放送している”人体”という番組の言葉を借りると メッセージ物質のことです。 自分の体の状態を調整するメッセージ物質は、 運動をして筋肉を動かすことで出てきます。 「適度な運動が、ダイエットや生活習慣病に効果的」 と言われますが、さて「適度」とはどのくらいなのでしょう。 それを研究で証明することはなかなか難しいことです。 東北大学大学院工学研究科の西澤教授と 長峯邦明 准教授(現 山形大学)のグループは、 伸縮性の有機電極ワイヤーを開発し、 筋肉(骨格筋)の細胞で包むことに成功しました。 これを利用して、筋肉運動とホルモン様物質の関係を 解明しようとする研究の記事をご紹介します。 さて、その結果は? この研究結果をどのように応用できるでしょうか? 詳しくは以下のリンク記事でご確認ください。 ※このページの最下部には、参考までに NHKの番組へのリンクも掲載しました。 情報源: 【プレスリリース】筋肉をまとった有機電極で健康ホルモン分泌をコントロール-「運動すると健康になる」を培養筋肉で再現- | 日本の研究.com 人体 神秘の巨大ネットワーク|NHK https://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/

Read More

THEアジア大学ランキング2018、東大8位…上位350内は日本最多 | リセマム

大学のランキングは、様々な調査機関から 定期的に公表されます。 今回のランキングは、アジアの大学を ランキングしたものです。 英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション (Times Higher Education、THE)は、 アジア大学ランキング2018 (Asia University Rankings 2018) を発表したという記事。 「教育の質・学習環境(教育力)」 「学生と教員の国際性」 「産業界からの収入」 「研究の質(研究力)」 「論文被引用数(研究の影響力)」 の5分野13指標を評価基準としているそうです。 さて、総合1位はどこでしょう。 また、日本は何校ランキングしているでしょうか。 以下のリンクでご確認ください。 なお、参考までにこの文末に 英タイムズ・ハイヤー・エデュケーションの ウェブページへのリンクも掲載しました。 英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)は2018年2月7日(現地時間)、アジア世界大学ランキング2018(Asia University Rankings 2018)を発表した。 情報源: THEアジア大学ランキング2018、東大8位…上位350内は日本最多 | リセマム WORLD UNIVERSITY RANKINGS|Times Higher Education https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings

Read More

順天堂医学部の花粉症予防アプリ「アレルサーチ」、個別対策に期待 | リセマム

今年は寒い冬となっていて、大雪のニュースも多く、 立春を過ぎても春になるイメージをまだ持てずにいますが、 季節は少しずつ春に向かっています。 しかし、「春」という言葉を聞くと、 少し不安になる方もいらっしゃるかもしれません。 その原因は「花粉症」。 その「花粉症」の発症要因解明と予防を目的とした アプリを利用した研究をご紹介します。 順天堂大学は、花粉症予防アプリ 「アレルサーチ」をリリースしたという記事です。 花粉飛散量や流行状況などを示すだけでなく、 自覚症状や目の赤みの画像から花粉症レベルを 数値化して示すそう。 どのように予防の取り組みを啓蒙するのか、 このアプリで収集するデータはどのようなものか、 詳しくはリンク記事と、順天堂大学のプレスリリースを ご確認ください。 なお、アプリはiPhoneのみの提供となります。 iPhoneをご利用の方は、App Storeで 「アレルサーチ」と検索するとダウンロードできます。   順天堂大学は2018年2月1日、花粉症予防アプリ「アレルサーチ」をリリースした。自覚症状や目の赤みの画像から花粉症レベルを数値化して示すほか、花粉飛散量や流行状況などをリアルタイムで提供。収集データから花粉症の発症要因も解明していく。 情報源: 順天堂医学部の花粉症予防アプリ「アレルサーチ」、個別対策に期待 | リセマム アプリを使って花粉症をチェック!花粉症予防アプリ「アレルサーチ」をリリース|順天堂大学 http://www.juntendo.ac.jp/news/20180201-02.html

Read More

機械学習により実験計画の自動決定が可能に 〜「学習」と「予測」でX線スペクトル測定の高効率化に成功〜 | 日本の研究.com

研究の過程で、設定を細かく変更しながら、 その変化を計測していくという行為は、 細かい変化を観察するためによく行われることです。 しかし、変化を細かく観測するためには、 条件を細かく変更しながら何度も繰り返す必要があります。 その試行回数は数回というものではなく、 何百、何千という回数となることは まれなことではありません。 今回ご紹介する研究は、機械学習を利用して、 こうした実験の効率化を図ろうとするもの。 実験の内容は、電子の振る舞い(電子状態)を調べるための 実験手法のひとつであるX線スペクトル測定。 この測定は、物質にX線を照射し、 X線のエネルギーを連続的に細かく変えて 測定する必要がありました。 この測定に機械学習を取り入れて、 実験計画の自動決定を行おうというもの。 試行の動作ではなく、実験計画そのものを 試験を行いながら自動決定して効率化とは驚きです。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】機械学習により実験計画の自動決定が可能に 〜「学習」と「予測」でX線スペクトル測定の高効率化に成功〜 | 日本の研究.com

Read More
error: