Home > webmaster (Page 99)

心不全患者における個々の心血管イベント発生を予測できるモデルの作成に成功 | 日本の研究.com

病名が同じであっても、実際は個人差がありますし、 退院後に再度発生するまでの期間も 一定ではありません。 再発の予測ができるようになれば、 指導する医師にとっても患者にとっても 一つの指針になるはずです。 今回ご紹介する研究は、「心不全」に罹患した方の 予後を数式モデルを作ることで、 予測したながら治療方針を決めたり、 外来スケジュールを決めたりできるように なるかもしれないという研究をご紹介します。 国立循環器病研究センター研究開発基盤センターらの研究チームは、 心不全患者における退院後の心血管イベント発生と 個人の臨床因子との関係を、 数学的に予後予測モデルとして定式化することに成功しました。 この研究は、大阪大学産業科学研究所、北海道大学、 九州大学との共同研究の成果として報告されました。 調査対象者は、国立循環器病研究センター病院に、 2007~2009年に心不全症状増悪のため入院し、 その後退院した患者167名。 患者因子は50項目。 心疾患による死亡や再入院などの 心血管イベントが発生するまでの期間のほか、 年齢や性別、基礎疾患、検査所見、投薬内容などの 寄与度を求め数学的モデルを作成しています。 具体的にはどのような数式モデルで、 臨床因子はどのような寄与度になったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】心不全患者における個々の心血管イベント発生を予測できるモデルの作成に成功 | 日本の研究.com

Read More

日本とイギリスで追跡調査10年、高齢者の寿命を左右する要因とは | 大学ジャーナルオンライン

高齢者の研究においては、追跡調査によって、 その変化を観察・分析することでわかることが 多くあるようです。 今回も、大規模な追跡調査の研究がありますので ご紹介します。 東北大学大学院歯学研究科の相田准教授ら 日英の共同研究チームが、65歳以上の 日本人と英国人を追跡調査したそうです。 調査対象者は、65歳以上の ・日本人1万3,176人 ・イングランド地方在住の英国人5,551人 で、彼らを約10年にわたって追跡調査・分析したそう。 結果として、日本人が英国人よりも、 男性で132日、女性で319日長生きしていたそうです。 また、結果を「低体重」「喫煙習慣」「家族や友人とのつながり」 という要素で男女別に比較してみたそう。 結果からわかる大事なこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   東北大学大学院歯学研究科の相田潤准教授ら日英の共同研究チームは、65歳以上の日本人、英国人を追跡調査し、低体重や喫煙習慣が少なく、家族や友人とのつながりが多い人が長生きしていることを突き止めた。 情報源: 日本とイギリスで追跡調査10年、高齢者の寿命を左右する要因とは | 大学ジャーナルオンライン

Read More

陶芸療法は自律神経機能を安定化させる―心拍変動のゆらぎが健やかに変化― | 日本の研究.com

佐賀大学保健管理センターでは、 精神的な問題を抱える学生を対象に 週に1回の陶芸療法を実施しているそうです。 陶芸で土に触れて、形を作っていくということで、 癒されたり、心のうちを表出させたりという 効果があるようです。 佐賀大学が陶芸療法の効果を心拍変動解析を用いて 生理学的に示した結果が公表されました。 対象者は、陶芸療法のセッションに参加した11名 (平均年齢20.6±1.4歳、うち男性6名、女性5名)で、 週に一回、陶土を用いて手びねりの技法で 器や置物などを作るグループセッションを実施。 制作の前と制作後、共に両腕内側に 心拍測定のパッドを貼付し5分間の測定をおこなったそうです。 その結果は? また、この研究を通して、 陶芸療法が有効であると思われる場面での共通した条件が 見出されたようです。その条件とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   情報源: 【プレスリリース】陶芸療法は自律神経機能を安定化させる ―心拍変動のゆらぎが健やかに変化― | 日本の研究.com

Read More

ホーキング博士は、時空を“超越”した物理学者だった─『WIRED』US版による追悼|WIRED.jp

昨日、突然の訃報が世界中を駆け巡りました。 イギリスの理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士が、 3月14日に76歳で亡くなりました。 筋萎縮性側索硬化症を患いながらも、 多くの学術的な業績を残しただけでなく、 彼が語る言葉で多くの人を魅了しました。 スティーヴン・ホーキング博士の軌跡をまとめた 『WIRED』US版による追悼記事をご紹介します。 宇宙の不思議を独創的なアイデアで捉えてきた スティーヴン・ホーキング博士。 リンク記事から、さらに過去記事で 彼の実績を辿ることができます。 新しい話をもう聞くことができないと思うと 本当に残念です。 スティーヴン・ホーキング博士が、3月14日に76歳で亡くなった。常人には見通せない独自の理論を通して宇宙を語ったホーキングの軌跡を、いま改めて振り返る。 情報源: ホーキング博士は、時空を“超越”した物理学者だった──『WIRED』US版による追悼|WIRED.jp なお、ホーキング博士が1966年に執筆した博士論文を、 ケンブリッジ大学がインターネット上で無料公開した途端、 ウェブサイトには人が殺到し一時的にダウンしたことがありました。 その時の様子が記事になっているので、併せてご紹介します。 ホーキング博士の博士論文がオンラインで無料公開されて人が殺到しケンブリッジ大学のサイトがダウン|GIGAZINE https://gigazine.net/news/20171024-stephen-hawking-thesis-website-crash/ また、ホーキング博士の代表的な書籍を併せてご紹介しておきます。    

Read More

関西大学が発電量100倍の摩擦発電機を開発、1歩でLED10個以上を点灯 | 大学ジャーナルオンライン

摩擦を使って発電できたら。 近い将来、歩きながら充電ができる日がくるかもしれない。 そんなことを予感させる研究をご紹介します。 関西大学システム理工学部の谷弘詞教授らのグループは、 柔軟で軽量な摩擦発電機の開発に取り組み、 従来の100倍以上の発電量を有する摩擦発電機の開発に成功したそう。 靴のインソールに組み込み、発電量を評価した結果、 1歩の着地で0.6mW(瞬間的には10mW)の発電が 可能なことを確認したそうですが、 この発電量で可能なこととは? さらに目指すものとは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 なお、関西大学のニュースリリースも出ており、 この発電で点灯したLEDの様子などが確認できます。 ■ ビーコン信号の発信による位置情報やスマートフォンなどのバッテリー充電も可能! ■ 従来の 100 倍以上の発電量を有する摩擦発電機を開発 ~ たった 1 歩で LED10 個以上が点灯!靴のインソールで 0.6mW/ステップの発電量 ~ (関西大学プレスリリース|研究活動 2018 年 2 月 26 日/No.64) http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/pressrelease/2017/No64.pdf   関西大学システム理工学部の谷弘詞教授らのグループは、柔軟で軽量な摩擦発電機の開発に取り組み、従来の100倍以上の発電量を有する摩擦発電機の開発に成功した。 情報源: 関西大学が発電量100倍の摩擦発電機を開発、1歩でLED10個以上を点灯 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

幼い頃の記憶を失ってしまう理由が解明される|GIGAZINE

幼い頃の記憶を、特に生まれて間もない頃や 2〜3才くらいの頃のことを幼稚園児や 小学生くらいの頃にはもっと覚えていたはずが、 いつの間にか忘れてしまっている。 自分でそのような経験をした人もいらっしゃるかもしれないですし、 子育て中にそれを感じた方もいらっしゃるかもしれません。 この幼少期のことを忘れてしまう現象と、 子どもの脳の発達との関係についてを考える研究があります。 エモリー大学のパトリシア・バウアー氏の研究では、 単純なおもちゃを使い、幼児に一連の遊び方を学習させます。 その後、子どもが正しい手順でどれくらいの期間、 遊ぶことができるかテストしました。 生後6カ月、生後9カ月、2歳では記憶の保持期間が異なったそうです。 幼児のうちは、人生の最初のうちに作り出した思い出に アクセスすることができても、これらの記憶の多くは 成人になって経験する「忘れ」を はるかに上回る勢いで消えてしまう のだそうです。 なぜ、幼い頃の記憶を忘れてしまうのか。 「幼児期健忘」解明のヒントとなるような マウスを使った研究など、詳しくはリンク記事でご確認ください。 By lovecatz 幼い頃の記憶は覚えていたとしても、3歳半ごろまでの記憶とのことで、これ以前の記憶を覚えている人はほとんどいないそうです。この現象は「幼児期健忘」と呼ばれており、ここ数年の研 情報源: 幼い頃の記憶を失ってしまう理由が解明される

Read More

カナダ国立図書館・文書館(LAC)、楽団の演奏や器楽曲などのレコードをデジタル化して公開 | カレントアウェアネス

過去のレコードがデジタル化されることで 世界中のどこからでもその音を楽しむことができる。 そんな時代になりました。 少し前の記事ですが、 過去の音源として保存されていた レコードをデジタル化したという、 音源のデジタルアーカイブを紹介する記事が ありますのでご紹介します。 カレントウェアネスの2月18日の記事によると、 カナダ国立図書館・文書館(LAC)は、 歴史的音源をデジタル化して公開するサイト “Virtual Gramophone”を運営しており、 今回、新たに楽団の演奏や器楽曲などの レコードをデジタル化して公開したことを発表したとのこと。 カレントウェアネスの記事はこちらです。 今回発表の記事へのリンクだけでなく、 カナダ国立図書館・文書館(LAC)に関するリンクも 掲載されています。 情報源: カナダ国立図書館・文書館(LAC)、楽団の演奏や器楽曲などのレコードをデジタル化して公開 | カレントアウェアネス・ポータル 上記の記事の中で紹介されている “Virtual Gramophone” のウェブサイトはこちらです。 Virtual Gramophone: Canadian Historical Sound Recordings(LAC) https://www.bac-lac.gc.ca/eng/discover/films-videos-sound-recordings/virtual-gramophone/Pages/virtual-gramophone.aspx カナダ国立図書館・文書館(LAC)が ニュースリリースとして投稿している、 実際の音源が聞けるページはこちらです。   New additions to the Virtual Gramophone – band and instrumental music By Margaret Ashburner In addition to the many popular songs we have digitized, LAC is also fortunate to have a diverse collection of band and instrumental recordings in our 78-rpm

Read More

脳卒中発症に関わる22の新しい遺伝的変異を同定|理化学研究所

スーパーコンピューターの発達により、 莫大なデータを分析することが可能になっています。 その代表といってもよいのが遺伝子解析。 今回ご紹介する研究は、 欧州系、南北アメリカ系、アジア系、アフリカ系、 そしてオーストラリア系の集団に、日本人集団を加えた、 6万7,000人の脳卒中患者を含む、 52万人という大規模なゲノム解析を実施して 新たな発見があったという研究です。 理化学研究所統合生命医科学研究センター、 統計解析研究チーム、大阪大学大学院医学系研究科、 九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野などの 国際共同研究グループは 「MEGASTROKEコンソーシアム」の一員として、 世界中から集めた52万人規模の遺伝情報を用いて、 ゲノムワイド関連解析(GWAS)を行い、 22の新規座位(遺伝的変異)を含む、 32の脳卒中に影響する座位を同定したそうです。 今回得られた結果を過去に実施した、 さまざまな他の血管系疾患や血管リスク因子の GWASの結果と比較したところ、 関係があることがわかったそう。 よく聞く、あの疾患とも関係がありそうです。 今後のオーダーメイド治療と呼ばれる 個人の遺伝子的な特徴に合わせた治療にも寄与しそうな 研究結果となっています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 脳卒中発症に関わる22の新しい遺伝的変異を同定 | 理化学研究所

Read More

英文の聞き取りに男女差が 中学生の脳活動の研究で明らかに|教育新聞 電子版

英語を勉強したいけれど、なかなか頭に入らない。 そんな思いをされた方もいらっしゃるかもしれません。 もしかしたら、それは性別にマッチした 学習方法ではなかったからかもしれません。 首都大学東京の教授で組織する研究グループは、 英語を外国語(第二言語)として学習している 中学生を対象にした調査結果を公表。 英文を処理する際の脳活動に男女で顕著な差があり、 英文を聞き取る方略に違いがある可能性を発見したそうです。 研究対象者は、中学1年生から3年生の合計53人。 ・英文を聞き取る際の脳活動の計測  音声による英語の正しい文と間違いを含めた文をそれぞれ聞き取り。 ・行動指標の調査  英語テスト(総合的能力を測るテストと文法テスト)を実施。 それに加え、文の中から単語を覚える課題に取り組ませて、 短期的に情報を記憶しながら、記憶した内容を 更新・操作・分析する能力(ワーキングメモリ)の容量も調べたそうです。 さて、その結果とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 今回の研究では、対象者が53名ですが、 同様の研究を今後も継続していくと、さらに特徴がわかるかもしれません。 首都大学東京の教授で組織する研究グループは3月9日、英語を外国語(第二言語)として学習している中学生を対象にした調査結果を公表、英文を処理する際の脳活動に男女で顕著な差があり、英文を聞き取る方略に違いがある可能性を発見したと発表した。学校での英語の習得において、性差を考慮した効果的な教授法や、脳科学研究の根拠に基づく英語学習法の開発に向けた基礎資料になると期待される。 情報源: 英文の聞き取りに男女差が 中学生の脳活動の研究で明らかに

Read More

縄文女性の瞳は茶色だった DNA解析で顔を初復元、国立科学博物館 |産経ニュース

国立科学博物館などの研究チームが、 縄文人の骨から採取したDNAのゲノムを解析。 その結果から、顔つきに関係する遺伝子に基づいて、 初めて復元した顔の像を公表したというニュースが 昨日報道されました。 昨日、ニュース番組でこの映像を見た時に、 現代人でも見かけると感じた顔の持ち主は、 約3800年前の40~50歳代の成人女性だそう。 遺伝子からは、顔の特徴だけでなく、 この方が持ち合わせている遺伝子的な特徴も わかったそうです。 復顔された顔とは? リンク記事に復顔された顔が掲載されていますので ご確認ください。 その顔は、近所で見かけるような、 現代にも存在する顔つきにも見えます。 また、この復顔された女性の顔は、 国立科学博物館で今日から展示が開始される 特別展「人体―神秘への挑戦―」 で、実際に見ることができます。 展示の詳細はこちら。 特別展「人体―神秘への挑戦―」|国立科学博物館 会期:2018年3月13日(火)~6月17日(日) http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2018/jintai/ 縄文女性の瞳は茶色だった-。国立科学博物館などの研究チームは12日、縄文人の骨から採取したDNAのゲノム(全遺伝情報)を解析し、顔つきに関係する遺伝子に基づいて… 情報源: 縄文女性の瞳は茶色だった DNA解析で顔を初復元、国立科学博物館 - 産経ニュース

Read More
error: