Home > webmaster (Page 99)

体内時計とうつの関係性が明らかに 英最新研究| BBCニュース

最近は、腕時計型の活動量計も一般的になっていて、 運動の記録だけでなく、睡眠の記録も取れるものも 多くあります。 今回はそうしたモニターを装着して調べた研究を ご紹介します。 医学雑誌ランセットに掲載された、 英グラスゴー大学の研究チームによる調査では、 約9万1000人を対象に調査した結果、 体内時計の不調が気分障害のリスクを高める 可能性があることが明らかになったそう。 調査方法は、対象者に1週間にわたり、 行動モニターを装着。 睡眠と活動の記録から、どのように体内時計が 狂わされるのかを調べたのだそう。 どのような人が体内時計が狂いやすいのでしょうか。 また、体内時計が狂うことで起こりやすい症状とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 医学雑誌ランセットに掲載された研究によると、9万1000人を対象に調査した結果、体内時計の不調がうつや双極性障害などと関係していることが明らかになった。 情報源: 体内時計とうつの関係性が明らかに 英最新研究 - BBCニュース

Read More

犬の心臓病リスク、夏生まれで高く|AFPBB News

心臓病を抱える犬に時々出会うことがあります。 以前友人の飼っている犬が心臓病を抱えていて、 定期的に病院に通っていました。 この犬に発生する心臓病に関する研究結果が 英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌 「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」 に発表されました。 その内容は、 夏季に生まれた犬は、心臓および動脈の疾患を 発症する危険性がより高いということ。 論文の主執筆者は、米ペンシルベニア大学の メアリー・レジーナ・ボーランド助教。 研究チームは今回の最新研究で、 250種以上、12万9778匹の 犬の心臓血管データを詳細に調べたそうです。 その発症に至る傾向とは? また、遺伝的に夏季に心臓疾患を発症しやすい 犬種はあったでしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 【5月18日 AFP】夏季に生まれたイヌは、心臓および動脈の疾患を発症する危険性がより高いとの研究論文が17日、英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に発表された。 情報源: 犬の心臓病リスク、夏生まれで高く 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News  

Read More

透明人間は身体所有感を感じるか? バーチャルリアリティ空間で操作する透明な身体に感じる全身所有感 | 日本の研究.com

子どもの頃からアニメーションでも、 戦隊モノの番組でも頻繁に取り扱われてきた 「透明人間」。 この「透明人間」は人からは見えませんが、 「透明人間」側では身体所有感を感じるのか? その疑問に応える研究がありますのでご紹介します。 豊橋技術科学大学、東京大学先端科学技術研究センター、 慶應義塾大学、慶應義塾大学大学院などの共同研究で、 目の前の手袋と靴下が、 自分の手足の運動と同期して運動することで、 そこに自在に操作可能な透明身体が補間されて知覚され、 それがまるで自分の身体であるかのように感じること (身体所有感の錯覚)があることを示したとのこと。 20人の大学生、大学院生が実験に参加。 実験参加者にHMD(頭部搭載型ディスプレイ)を 装着してもらい、2m前方に手袋と靴下だけを提示。 自分の身体運動と同期して手袋と靴下が動いて見える条件と、 非同期に関係なく動く条件を各2回、 5分ずつ体験したのち、 それぞれについて質問紙に回答したそう。 また、次の実験では、透明身体と全身アバタとの比較を 行なったそうです。 その結果とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 VRが生活に浸透した未来で、「透明人間」となったとき 果たしてどのような世界が待ち受けているのでしょうか。   情報源: 【プレスリリース】透明人間は身体所有感を感じるか? バーチャルリアリティ空間で操作する透明な身体に感じる全身所有感 | 日本の研究.com  

Read More

科学と科学が出会う時 -異分野の概念どうしが学際的に融合する過程を検証- | 日本の研究.com

近年、これまでに発展してきた別の分野における 研究の考え方や手法を取り入れるというような 学際的な研究が積極的に行われるようになっています。 小さなアイデアから生まれた研究も、 ”データの集積・分析・体系化が進み、 基礎的な理論や方法論が確立されて行くにつれ、 やがて派生的な理論が生まれ、 分野の垣根を超えて他の学術領域と交流していく。 そして、最後は複数の分野が収れんすることで、 統一的な理論が確立していく。”という流れがあります。 今回ご紹介する研究は、京都大学大学院情報学研究科の Christian E. Vincenot 助教が学際的な研究を その学際的な研究に発展していくその過程を シミュレーションした結果ですが、 とても興味深い結果となっています。 シミュレーションの対象としたのは、 ・エージェントに着目した複雑系分析  (Agent-based complex systems:ACS)に基づいた  Agent-Based Modeling(ABM)の研究 ・環境学のIBM(Individual-Based Modeling)という名称で発展した、  おもに個体どうしの相互作用と変化に着目した研究 この2つの研究について、 世界最大級の論文データベースである SCOPUS(スコーパス)から抽出し、 引用関係を視覚的に把握できるようにシミュレーション。 その結果とは? 詳しくはリンク先で紹介されている、 シミュレーション動画でご確認ください。 その様子はまるで星が生まれて、惑星ができ、 最後は超新星爆発しているかのように拡大や収斂を 繰り返しているようにも見えて、美しささえ感じます。   情報源: 【プレスリリース】科学と科学が出会う時 -異分野の概念どうしが学際的に融合する過程を検証- | 日本の研究.com    

Read More

目撃情報の聞き取り調査はVR環境でアバターを相手にした方がより正確に行えることが判明|GIGAZINE

事件の捜査で重要な手がかりとなるのは、 目撃情報ですが、人の記憶に頼ることから、 それをうまく引き出す方法が求められます。 目撃情報をうまく引き出すための方法として、 人が聞き取りの相手になるのではなく、 VRを使用してアバター相手にするとどうなるのか。 ロンドンのウエストミンスター大学心理学部の 専任講師ドナ・アン・テイラー氏と、 同学部のコーラル・J・ダンドー教授による研究チームにより、 実際の人とVR環境でアバター相手での実験が行われました。 実験に参加した被験者は、 SNSと口コミで選ばれた18歳から38歳までの38人。 内訳は男性が12人と女性が26人。 ランダムで選ばれた人20人が実際の人と対面し、 残る18人がVR環境でのアバターと対面して 実験が行われました。 さて、その結果とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 このアバターに話しかけるの?というような あまり作り込んでいないリアルとはかけ離れている表情ですが、 むしろ、このデザインだからよいのかも。 By Marco Verch 人間が過去に目撃した状況について証言を行う時、人を相手にするよりもコンピューターが作り出した「アバター」を相手にしたVR(仮想現実)環境で事件を振り返る方がより詳細か 情報源: 目撃情報の聞き取り調査はVR環境でアバターを相手にした方がより正確に行えることが判明

Read More

魅力的な留学先都市、東京が初めて世界2位に | 大学ジャーナルオンライン

最近、日本の大学で学ぶ海外の方が増えていると実感します。 海外からの留学生を受け入れる環境づくりを 精力的に行なっている大学が増えていることもあるかも。 英国の高等教育機関調査会社 「キューエスカッカレリシモンズ」が選んだ、 2018年の魅力的な留学先都市ランキングで、 「東京」が英国のロンドンに次いで、 世界2位に入ったという記事をご紹介します。 魅力的な留学先都市ランキングは 2004年にスタートして、 今回が5回目なのだそう。 日本の他の年は何位にランキングしているでしょうか。 詳しくはリンク記事と、そこに記載されているリンク先 the QS Best Student Cities 2018(英語) でご確認ください。 the QS Best Student Cities 2018(英語)では、 都市名をクリックすると、その理由などが記載されています。   英国の高等教育機関調査会社「キューエスカッカレリシモンズ」が選んだ2018年の魅力的な留学先都市ランキングで、東京が英国のロンドンに次ぐ世界2位に入った。 情報源: 魅力的な留学先都市、東京が初めて世界2位に | 大学ジャーナルオンライン

Read More

ヒトは無意識に顔らしさを見つけてしまう -顔らしさ判断を反映する脳活動 脳波と顔らしさ評定値の相関- | 日本の研究.com

配置が目と口のようなものを顔のように感じてしまう。 そんなことはよくあります。 あるときは建物の窓と枠の関係が顔に見えたり、 ポストが顔に見えたり。 ヒトの顔ではないのに、なぜヒトの顔に見える現象は、 パレイドリア現象と呼ばれ、 「無意味な模様、風景、物体などが、 別の意味のある何かにみえる」ということだそう。 この現象は、比較低次な視覚処理で生じているそうですが、 では、実際にどの視覚処理の段階で生じているのでしょうか? 豊橋技術科学大学が、その謎に取り組んだ研究をご紹介します。 顔らしい物体を見たときの行動と脳活動の関連を調査。 どの段階で起こっている現象でしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   情報源: 【プレスリリース】ヒトは無意識に顔らしさを見つけてしまう -顔らしさ判断を反映する脳活動 脳波と顔らしさ評定値の相関- | 日本の研究.com    

Read More

エルニーニョが台風の異常発生を引き起こす要因を解明 〜ポテトチップスの品薄はかくして起こった~ | 日本の研究.com

昨年、ポテトチップスの一部の商品について 一時出荷が停止されたため、店頭からなくなり、 品薄になるという状態がしばらく続きました。 オイルショックならぬ「ポテチショック」とも 言われました。 原材料であるじゃがいもの不足によって起こったわけですが、 ではなぜじゃがいもが不足したのか。 その原因は、2016 年の8月以降に、 相次ぐ台風が上陸、そしてそれに伴う記録的な大雨による いわば天候不良によるものでした。 今回の研究では、筑波大学生命環境系の 植田宏昭教授、釜江陽一助教らのグループが、 エル・ニーニョ現象がどのような形で、 日本に影響を及ぼしたかという遠因についてを 解明したというもの。 その注目点は、エル・ニーニョ現象が発生した後に 発現するインド洋の海面水温上昇。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】エルニーニョが台風の異常発生を引き起こす要因を解明 〜ポテトチップスの品薄はかくして起こった~ | 日本の研究.com  

Read More

「記憶を移植」 米研究者らがアメフラシの遺伝子で成功|BBCニュース

記憶は脳のどこに保存されているのか。 その謎を解くためのヒントとなる可能性もある 研究をご紹介します。 研究対象は、ジャンボアメフラシ。 アメフラシは、海水中で紫色の液をだす様子が 雨雲がたちこめたようだから この名前が付いている軟体動物。 研究では、このジャンボアメフラシの尻尾に 軽い電気ショックを与えて、 防御反応で体を縮ませるように訓練した個体を作成。 訓練された個体は、体を収縮させる時間が 変わったということ。 この個体の神経から遺伝子のRNA(リボ核酸)を取り出し、 訓練を受けていないジャンボアメフラシに移植。 さて、どうなったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 今回の研究で、すぐに記憶の保存場所がどこにあるかは わからないとしても、この実験が謎を解き明かす 一つのヒントになるかもしれません。 なお、アメフラシと記憶の研究として有名なのは、 コロンビア大学のエリック・カンデル教授の研究があります。 アメフラシを使って、シナプスが変化することで 記憶が形成される仕組みを明らかにしたことで、 2000年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 今回の研究も、この研究で生まれた疑問が研究のヒントに つながっているように思います。 その仕組みについては、こちらの記事に詳しく掲載されているので 併せてご確認ください。 脳と心の不思議に迫る—記憶や言語活動に関与する遺伝子と分子機構を求めて— |サイエンス&テクノロジーVOL.5(2007年5月22日発行)京都産業大学 https://www.kyoto-su.ac.jp/project/st/st05_02.html 記憶の移植は長らく、典型的なSF(サイエンス・フィクション)のテーマだったが、最近の研究によってそれが現実味を帯びつつある。 情報源: 「記憶を移植」 米研究者らがアメフラシの遺伝子で成功 - BBCニュース  

Read More

眼球からレーザーを放つコンタクトの開発に研究者らが成功|GIGAZINE

昔、こんなアニメを見たことがあるような気がします。 戦闘シーンで使われる攻撃手段のひとつとして 目から光線ビームがビーーーっと出るシーン。 アニメの世界の話だろうと思っているとしたら、 この研究はちょっと驚くかもしれません。 セント・アンドルーズ大学の マルテ・ギャザー教授らの研究チームは、 厚さ200ナノメートルの超薄型レーザーを開発する という研究をスタート。 開発した超薄型レーザーは膜状となるため、 なんとコンタクトレンズに貼り付けることもできる可能性が。 牛で実験した結果はどうなったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 以下の画像は、記事にリンクされているものですが、 あくまでもイメージだと思います(笑) by Chris Devers 眼球に装着しレーザーを発射できるという、まるでヒーローが持つスーパーパワーのような技能を一般人でも身につけることができる「コンタクト型レーザー」の開発に研究者たちが 情報源: 眼球からレーザーを放つコンタクトの開発に研究者らが成功  

Read More
error: