Home > webmaster

「満月の夜に人は犯罪に走りやすくなる」という俗説は本当なのか?|GIGAZINE

昔見た映画やアニメなどで、満月の夜に オオカミ男に変身する様子などを見ていることもあり、 「満月になると犯罪の発生率が高くなる」という 俗説を唱える人もいます。 果たして月の満ち欠けと犯罪発生数は 本当に関連しているのでしょうか? ニューヨーク大学マロン都市管理研究所の 研究チームは、カリフォルニア州バレホ市で 2014年1月から2018年5月までに起こった 犯罪データを警察から取り寄せ、 月の満ち欠けと照合。 また、カナダのオンタリオ州バリー市や メキシコのグアナファト州イラプアト市の警察と連携し、 同様に月の満ち欠けと犯罪発生率の間に 関係があるかどうかを調査。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 月の重力は地球に影響を及ぼし、潮の満ち引きを起こすことはよく知られています。さらに「月は人間の精神にも大きな影響を与える」という主張もあり、「満月になると犯罪の発生率が高くなる」という俗説を唱える人もいます。果たして月の満ち欠けと犯罪発生数は本当に関連しているのか、ニューヨーク大学マロン都市管理研究所の研究チームが調査の結果を発表しています。 情報源: 「満月の夜に人は犯罪に走りやすくなる」という俗説は本当なのか?

Read More

「忘れられた科学」数学に関する国際比較、日本は論文数で世界9位 | 大学ジャーナルオンライン

文部科学省科学技術・学術政策研究所(NISTEP)は、 2006年5月に、日本を含む主要国の数学研究を 取り巻く状況と数学の必要性についての 「忘れられた科学-数学」報告書を発表しました。 その報告書では、2006年時点で日本の数学研究が 活発ではなくなっている状況についてや、 フランスやドイツなどの数学研究に対する 取り組みの状況、日本における数学研究のニーズを 調査したアンケート結果などが掲載されていました。 この報告書を踏まえ、日本の数学の現況の 客観的な把握を行い数学の振興施策の 基本情報とするため、論文データベース等を用いて 分析が行われ、2020年3月25日に発表されました。 論文数などから見た日本の状況とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   「忘れられた科学」数学に関する国際比較、日本は論文数で世界9位 情報源: 「忘れられた科学」数学に関する国際比較、日本は論文数で世界9位 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

2019年度みんミドPJ結果報告 | 微細藻類生産制御技術研究チーム

2019年4月に、アンドラでは、 理化学研究所と株式会社ユーグレナが 既存の野生株とは異なる性質のミドリムシの収集を 目指して、日本全国の湖沼における採水を 中心としたサンプリングを実施する 「みんなのミドリムシプロジェクト」を開始したことを 『学習ニュース拾い読み』のコーナーでご紹介いたしました。 https://andla.jp/wp/?p=10948   この「みんなのミドリムシプロジェクト」が終了し、 「2019年度みんミドPJ結果報告」というタイトルで このプロジェクトの結果が報告されています。 このプロジェクトでは、全国の高等学校を対象に 協力を依頼し、最終的に17校の高校からの 参加が得られたそうです。 詳しくは以下のリンク記事でご確認ください。 情報源: 2019年度みんミドPJ結果報告 | 微細藻類生産制御技術研究チーム  

Read More

無料で42万点以上の楽譜や音源データをダウンロード可能な「国際楽譜ライブラリープロジェクト」|GIGAZINE

著作権の消滅などによりパブリックドメインとなった 楽譜や音楽などを無料で公開する 「国際楽譜ライブラリープロジェクト」 (別名、ペトルッチ楽譜ライブラリー)。 略称でIMSLPとも呼ばれています。 (International Music Score Library Project (国際楽譜図書館プロジェクト)の略) 国際楽譜ライブラリープロジェクト(IMSLP) https://imslp.org/wiki/Main_Page このウェブサイトでは、主にクラシック音楽の 楽譜や音源データが42万5000点以上を 収録しているそうです。 今回ご紹介するのは、この国際楽譜 ライブラリープロジェクトのウェブサイトで 実際に使ってみた様子の記事です。 どのように検索していくのかなど、 詳しくはリンク記事でご確認ください。 著作権の消滅などによりパブリックドメインとなった楽譜や音楽などを無料で公開する国際楽譜ライブラリープロジェクト(IMSLP)のウェブサイトでは、主にクラシック音楽の楽譜や音源データが42万5000点以上収録されています。どのような音源や楽譜データがあるのか、実際に使って確かめてみました。 情報源: 無料で42万点以上の楽譜や音源データをダウンロード可能な「国際楽譜ライブラリープロジェクト」

Read More

若年層SNSユーザの安全・安心な利用を促すインタフェースデザインの大規模な定量調査研究の成果 | 日本の研究.com

若年層などがSNSを利用する場合に、 そのリスクを理解させてから 利用を促すというのは難しい面もあります。 こうした問題に、行動経済学で知られているナッジ (人々が自発的に望ましい行動を選択するよう 促す仕掛けや手法)を利用して、 安全に利用することができるようにならないかを 実験した研究をご紹介します。 東京大学と株式会社ナナメウエが、 SNS のインタフェースをどのように工夫すれば、 SNS ユーザの安全・安心な利用を促せる 可能性があるかを、大規模な定量調査を 通じて検証しています。 コミュニティアプリ「ひま部」のユーザに対して、 若年層SNSユーザが遭遇しうる 9つのSNS利用シナリオに関して、 11種類のナッジデザインを提示して検証。 さらに、コミュニティアプリ「ひま部」のユーザに対して プライバシーや安全に関する意思決定に関して 2択の質問を配信して検証したそうです。 主に高校生のSNSユーザから29,000件を超える 調査データを収集し、統計的な分析して わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   情報源: 【プレスリリース】若年層SNSユーザの安全・安心な利用を促すインタフェースデザインの大規模な定量調査研究の成果 | 日本の研究.com  

Read More

査読8年、京大教授の「ABC予想」証明理論 ついに論文誌掲載へ|ITmedia NEWS

1985年にジョゼフ・オステルレ(英語版)と デイヴィッド・マッサー(英語版)により 提起された数論の予想である 「ABC予想」。 ABC予想|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ABC予想 京都大学数理解析研究所の望月新一教授が 2012年に提唱した、数学の未解決問題と 言われている「ABC予想」を証明する論文が、 8年もの査読期間を経て、 京都大学数理解析研究所が編集する 論文誌「PRIMS」に掲載されると 京都大学が4月3日に発表しました。 「ABC予想」とは、どのような問題なのでしょうか? また、なぜ8年もの時間がかかったのでしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: ITmedia NEWS

Read More

名作を自宅で鑑賞。世界の主要美術館・ギャラリーが実施するオンラインビューイング&バーチャルツアーまとめ|美術手帖

室内にいながらにして、世界中の様々な芸術に 触れることができるサービスを紹介している 美術手帖の記事をご紹介します。 まず最初にご紹介するのは、Googleが提供する 「Google Arts & Culture」で、Google MAPの おなじみの機能である「ストリートビュー」を 使って楽しむ美術館散策です。 記事の中では、イギリスの大英博物館、 フランスのオルセー美術館、 オランダのアムステルダム国立美術館や、 アメリカのグッゲンハイム美術館 などを 「ストリートビュー」を使って 美術館散策している 様子を紹介しています。 世界各国の各美術館やギャラリーが独自に提供するオンラインビューイングやバーチャルツアーを紹介する。名作を自宅から鑑賞しよう。 情報源: 名作を自宅で鑑賞。世界の主要美術館・ギャラリーが実施するオンラインビューイング&バーチャルツアーまとめ 次に、「Google Arts & Culture」以外で、 各美術館やオンラインギャラリーなどで 芸術に触れることができるサービスを紹介しています。 記事の中では、ルーブル美術館、 国立故宮博物院、メトロポリタン美術館、 ヴァチカン美術館、コートールド美術館、 メガギャラリーであるペース、デイヴィット・ツヴィルナー、 ファーガス・マカフリーなどが紹介されています。 詳しくは各リンク記事でご確認ください。 世界各国の各美術館やギャラリーが独自に提供するオンラインビューイングやバーチャルツアーを紹介する。名作を自宅から鑑賞しよう。 情報源: 名作を自宅で鑑賞。世界の主要美術館・ギャラリーが実施するオンラインビューイング&バーチャルツアーまとめ

Read More

ゲームは圧勝するより「負けるリスク」があった方が楽しいという研究結果|GIGAZINE

室内にいることが多くなる時にゲームで楽しむ という人も多いかもしれません。 今回ご紹介するのは、このゲームの「楽しさ」に 関する研究です。 イスタンブール・セヒール大学の研究グループは、 任天堂のWii専用ゲーム「Wii Sports Resort」で 心理学の実験を行いました。 72人の大学生を対象として、4ラウンドずつ 「Wii Sports Resort」の「チャンバラ」で 居合い斬りモードをプレイしてもらい、 参加者が感じた「楽しさ・はらはら感・ 自分の有能感」などを調査。 「有能感」はどのような時に最高となったでしょうか。 また、「はらはら感」や「楽しさ」を感じたのは どのような時だったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 「対戦ゲームで、勝つと分かりきってる相手に勝つより実力伯仲の試合を制する方が面白い」と思う人は多いはず。実際に、心理学の専門家らが真剣に「Wii Sports Resort」をプレイした実験により、「負けるリスクがある方が楽しい」ということが確かめられました。 情報源: ゲームは圧勝するより「負けるリスク」があった方が楽しいという研究結果

Read More

働くことの優先順位低下、多様性を尊重…世界価値観調査 | リセマム

世界の異なる国の人々の社会文化的、 道徳的、宗教的、政治的価値観を調査するため、 社会科学者によって現在行われている 国際プロジェクトで実施している調査に 「世界価値観調査」があります。 この「世界価値観調査」には、世界の およそ100か国・地域の研究機関が参加しています。 初回調査は1981年に実施され、それ以降 1990年、1995年、2000年、2005年、2010年、 そして今回発表された2019年と計7回実施されています。 世界価値観調査|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/世界価値観調査 2020年3月26日、同志社大学と電通総研が、 人々の意識の変化について分析する 「世界価値観調査」の日本調査の 結果を発表しました。 先行して公表された日本の調査結果でわかることとは? 調査概要はリンク記事でご確認ください。 また、詳細については電通総研のページでご確認ください。 電通総研と同志社大学、「世界価値観調査2019」日本結果を発表|電通総研(2020年3月26日) https://institute.dentsu.com/articles/1037/   同志社大学と電通総研は2020年3月26日、人々の意識の変化について分析する「世界価値観調査」の日本調査の結果を発表した。2010年調査に比べ、「働くことがあまり大切でなくなる」ことを肯定する答えが倍増し、「働く」ことの優先順位の低下が見られた。 情報源: 働くことの優先順位低下、多様性を尊重…世界価値観調査 | リセマム  

Read More

自然や公園の多い場所に住んでいる人は睡眠不足になりにくいという研究結果|GIGAZINE

オーストラリア・ウーロンゴン大学の研究チームは、 6年間にわたって、緑の多い場所に暮らすことと 睡眠時間の関係を調査するため、 自宅の周囲半径1.6kmに緑地が多い人と少ない人で、 睡眠不足になる頻度に差が出るのかどうかを調べました。 対象者は、シドニー、ウーロンゴン、ニューカッスルに住む 3万8982人で、いずれの被験者も調査期間中に 引っ越しを行わなかったとのこと。 緑の多さについては、「自宅の周囲半径1.6kmのうち、 上空から見て木々で覆われている割合が何%か」 を基準にして判別。 分析の結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 自然との触れ合いにはさまざまな精神・身体的利点があることが多くの研究で示されており、日々の生活の中で自然と関わることで精神状態が改善し、健康状態や幸福度が向上することがわかっています。オーストラリア・ウーロンゴン大学で集団の健康や環境との関連について研究するThomas Astell-Burt名誉教授らの研究チームは、「自然や公園の多い場所に住んでいる人は、緑の少ない場所に住む人と比較して睡眠不足になりにくい」との研究結果を発表しています。 情報源: 自然や公園の多い場所に住んでいる人は睡眠不足になりにくいという研究結果  

Read More
error: