Home > webmaster

はやぶさ2画像データ解析による小惑星リュウグウの衝突クレーター分布 | 日本の研究.com

日本の宇宙探査機「はやぶさ2」が、 小惑星「リュウグウ」で採取した砂や石を持ち帰るため、 2019年11月13日午前に地球に向けて帰還を 開始しました。少しずつ離れている様子が、 以下のリアルタイム配信ページで確認できます。 さよならリュウグウ:リュウグウ出発 航法画像のリアルタイム配信|JAXA http://www.hayabusa2.jaxa.jp/galleries/onc/nav20191113/ この「はやぶさ2」のリモートセンシング画像を データ解析したという研究をご紹介します。 神戸大学大学院の研究グループは、 小惑星探査機はやぶさ2のリモートセンシング画像 データ解析によって、小惑星リュウグウの クレーター分布を調査しました。 クレーターの位置とサイズの計測で 最も労力を使う部分はどんなところだったでしょうか。 また、分析の結果からわかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】はやぶさ2画像データ解析による小惑星リュウグウの衝突クレーター分布 | 日本の研究.com  

Read More

テストの時間が長くなるほど男女のパフォーマンス差が減少することが判明|GIGAZINE

エラスムス・ロッテルダム大学と バレアレス諸島大学の研究チームは、 男女の学力差に関する疑問を調査するため、 経済協力開発機構(OECD)が実施する 「国際生徒評価のためのプログラム(国際学習到達度調査)」 の結果を分析。 2006年・2009年・2012年・2015年に実施された テストのデータセットを分析し、 男女のパフォーマンスにどのような差が出たのかを 調査した結果、わかったこととは? また、さまざまな解答時間で実施された 400以上の数学テストのデータセットを分析。 その結果からわかった、ある傾向とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 「男性の方が女性よりも数学や科学のテストで好成績を収める」というイメージは根強くありますが、近年の研究では、数学・科学のテストにおける男女の成績差はそれほど大きくないこともわかっています。オランダの研究チームが国際的な学力調査テストの結果を分析した新たな研究では、「女性はパフォーマンスを持続させる能力が高く、テストの時間が長くなるほど成績の性差は少なくなる」ことが判明しました。 情報源: テストの時間が長くなるほど男女のパフォーマンス差が減少することが判明  

Read More

カマンベールチーズで認知症が予防できる可能性 桜美林大学と明治など | 大学ジャーナルオンライン

BDNF(脳由来神経栄養因子)は、 うつ病やアルツハイマー型認知症、記憶・学習などの 認知機能との関連性が報告されている 神経栄養因子の1つです。 このBDNFは、加齢とともに認知症でも 低下することが報告されているそうです。 桜美林大学、東京都健康長寿医療センター、 株式会社明治の共同研究グループは、 チーズとBDNFの関係について実験を行いました。 東京都に居住する70歳以上の高齢女性689人のうち、 軽度認知障害と判断された高齢女性71人を対象として、 白カビ発酵チーズ(カマンベールチーズ)と カビ発酵していないプロセスチーズ(対照チーズ)の 摂取によるBDNFへの影響を評価する 試験を実施。 その試験の結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   桜美林大学、東京都健康長寿医療センターと株式会社 明治の共同研究グループは、軽度認知障害の高齢者において、白カビ発酵チーズ(カマンベールチーズ)の摂取が、認知機能との関連が報告されているBDNF(脳由来神経栄養因子)を上昇させることを確認した。 カマンベールチーズ摂取による認知症予防効果を示唆する基礎的な研究成果はこれまでも報告されていたが、今回、世界で初めてヒトを対象とした試験でカマンベールチ 情報源: カマンベールチーズで認知症が予防できる可能性 桜美林大学と明治など | 大学ジャーナルオンライン  

Read More

大人たちが「最近の若者はダメだ」と思ってしまう理由が研究によって判明|GIGAZINE

「今の若い者は・・・」と上の世代が下の世代を 自分たちの時代と比べて批判的に語るというのは、 昔からよく見かけるシーンとも言えるかも。 こうした現象は日本だけではなく、どうやらアメリカでも 若者世代を批判する傾向にあるようです。 今回ご紹介する研究は、カリフォルニア大学の 研究チームが、上の世代が若者世代を批判しがちな 現象について調べるため、5つの実験を行いました。 1つ目の実験では、1824人のアメリカ人を対象にして、 「最近の若者が上の世代に対して礼儀正しいと思うか、無礼だと思うか」を、 2つ目の実験では「最近の若者が上の世代より賢いか、賢くないか」を、 3つ目の実験では「最近の若者は読書を好んでいるか、嫌っているか」 を尋ねたそうです。 4つ目の実験では、3つ目の実験を再現し、加えて 「今現在の自分はどれほど読書を楽しんでいるか」 「子ども時代はどれほど読書を楽しんでいたか」 「子ども時代、周囲の子どもたちのうち何人ほどが読書を楽しんでいたか」 を尋ね、5つ目の実験で、1500人の新しい参加者に対して 読解力テストを実施したそうです。 これらの結果からわかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 上の世代が若い世代について「最近の若者は……」と批判することは珍しくありませんが、実際には「若者は親世代よりも模範的である」というデータも示されているなど、客観的に若者世代が上の世代に劣っていることを客観的に示す証拠はありません。一体なぜ、大人たちが「最近の若者はダメだ」と思い込んでしまうのかについて、カリフォルニア大学の研究チームが実験を行ったところ、「大人たちには下の世代が劣っていると考えやすい心理的効果が存在する」ことが明らかになりました。 情報源: 大人たちが「最近の若者はダメだ」と思ってしまう理由が研究によって判明  

Read More

2017年度の図書館資料費対前年度比0.8%減、文部科学省が調査 | 大学ジャーナルオンライン

どこの大学で学ぶかを決めるときに、 図書館が充実していることも検討する際の 大事な要素の一つです。 現在の大学図書館でどのような予算が確保され、 どのような本が購入されているかを知ることで 見えてくるものがあるかもしれません。 国公私立大学の大学図書館や コンピュータ・ネットワーク環境の現状を明らかにし、 その改善・充実への基礎資料とするため、 文部科学省が毎年調査している 「学術情報基盤実態調査」の2017年度の 調査結果をまとめた記事をご紹介します。 図書館資料費、電子ジャーナルや電子書籍の 電子媒体資料費などはどのような結果だったでしょうか? また、最近の学習スタイルの変化を反映した変化とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   全国の国公私立大学図書館が2017年度に支出した図書館資料費が前年度に比べ、0.8%少ない713億円にとどまることが、文部科学省の学術情報基盤実態調査で分かった。 情報源: 2017年度の図書館資料費対前年度比0.8%減、文部科学省が調査 | 大学ジャーナルオンライン  

Read More

飢餓を感知する感覚神経は新たな行動戦略を生み出す | 日本の研究.com

「飢餓」は命を脅かすとても危険な状況です。 「飢餓」を余儀なくされるような環境からは、 できるだけ早く脱出し、食べ物を得られるように 行動する必要があります。 こうした、動物にとっては嫌な環境を経験したとき、 そのことが脳内の神経細胞で記憶され、 なるべくその環境から逃げるように行動を変化させる ということに関する研究をご紹介します。 東京大学大学院理学系研究科の研究グループは、 シンプルな神経系を持つ線虫用いて、 特定の塩濃度とエサもしくは飢餓を同時に経験させました。 その経験をした線虫に、塩濃度勾配上を 自由に動いてさまざまな塩濃度を感知し、 選択できるようにした結果、どのような行動を とるようになったでしょうか?その仕組みとは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   情報源: 【プレスリリース】飢餓を感知する感覚神経は新たな行動戦略を生み出す | 日本の研究.com  

Read More

運動後にマウスウォッシュをすると運動の「血圧を下げる効果」が著しく減少する|GIGAZINE

動脈硬化は、血管の一番内側にある 内皮細胞の機能低下によって始まります。 この血管の内皮細胞の働きを維持するためには、 少し汗ばむ、中程度の運動が効果的である とされています。 その理由は、血管拡張物質である、一酸化窒素と 関係があります。 【血管老化の予防法】血管拡張物質「一酸化窒素」の働き|健康.ch|NHK https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_131.html イギリスのプリマス大学とスペイン・バルセロナの ゲノム制御センターの合同研究チームは、 23人の健康な被験者にルームランナーで ランニングしてもらった後に、殺菌作用のある クロルヘキシジン濃度が0.2%のマウスウォッシュで 口をすすいでもらい、血圧を測定。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 by Marco Verch Professional Photographer and Speaker 情報源: 運動後にマウスウォッシュをすると運動の「血圧を下げる効果」が著しく減少する  

Read More

脳・神経系を持たない菌類に決断・記憶能力、東北大学が発見 | 大学ジャーナルオンライン

森の落ち葉や枯れ木を土に返すために働く菌類。 この菌類は、菌糸を枝分かれさせることによって 成長したり、広がったりしていきます。 脳や神経系を持たない菌類に、 決断・記憶能力があるかどうかを調べるため、 東北大学大学院農学研究科、英国カーディフ大学 の研究グループが実験を行いました。 担子菌類の菌糸体を定着させた木片を、 土壌を板状に敷いたシャーレに置き、 菌糸体が土壌に伸びてきた段階で えさとなる新しい木片を少し離れた場所に置いて観察。 その結果、菌糸体はどのような行動をとったでしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   脳や神経系を持たない菌類に決断・記憶能力があることが、東北大学大学院農学研究科の深澤遊助教、英国カーディフ大学のリン・ボッディ教授の調査で分かった。 情報源: 脳・神経系を持たない菌類に決断・記憶能力、東北大学が発見 | 大学ジャーナルオンライン  

Read More

囚人のジレンマで搾取が発生する仕組みを解明 〜対等な個人の関係が学習により非対称化〜 | 日本の研究.com

搾取する側と搾取される側。 社会的な問題の構図として、常に話題になります。 こうした構図は、社会における行動選択を表現する 数理モデル「囚人のジレンマ」で表すことができ、 アンドラでも何度か「囚人のジレンマ」に関する 研究を紹介しています。 「囚人のジレンマ」に関する記事|アンドラ https://andla.jp/wp/?s=囚人のジレンマ 東京大学大学院総合文化研究科の研究チームは、 最初は対称的な関係であったにもかかわらず、 搾取する側と搾取される側という非対称的な関係に 変化する過程を(自分がより利益を得るように 学習を行う過程)を定式化。 さらに、学習によってどのような関係が形成されるかを 計算機によってシミュレーションしました。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】囚人のジレンマで搾取が発生する仕組みを解明 〜対等な個人の関係が学習により非対称化〜 | 日本の研究.com  

Read More

最も効率的に学習できる問題の難度は「正答率85%レベル」であることが判明|GIGAZINE

何かを学ぶときに、問題集を解くことで 習得を目指すことがあります。 そこでしばしば問題として取り上げられるのが、 問題集の難易度。 簡単すぎる問題集は正解はできるけれど、 学習が進んでいる実感がありません。 その逆で、難しすぎる問題集は正解できないストレスがたまり、 時には学習を放棄したくなることも。 アリゾナ大学の研究チームは、手書きの数字を 「数字の大小」や「奇数あるいは偶数」といった要素で 分類するといった、単純なタスクをコンピューターに 教える一連の機械学習実験を行いました。 条件をさまざまに変更してコンピューターの 成長速度を分析。 最も成長する問題集とはどのようなものなのでしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 何か新しい物事を学習する時、人やコンピューターはさまざまな練習問題を繰り返し解き、時には間違うことを通じて学習を深めていきます。「機械学習アルゴリズムを用いた実験により、学習に最適な問題の難度は正答率85%程度であると判明した」という研究結果を、アメリカの研究チームが発表しました。 情報源: 最も効率的に学習できる問題の難度は「正答率85%レベル」であることが判明  

Read More
error: