Home > webmaster

スミソニアン博物館、所蔵品280万点を2D-3Dモデルでオンライン公開。自由に再利用可能|Engadget 日本版

アメリカのスミソニアン学術協会が、 無料で所蔵物の2Dおよび3D画像を閲覧できる オンラインプラットフォーム 「Smithsonian Open Access」 に280万点もの高解像度画像を追加したそうです。 追加されたデータは、全19か所のスミソニアン博物館、 9か所の研究センター、図書館、アーカイブ、 国立動物園から提供されたもので、 インターネットブラウザー上で閲覧できます。 どのようなものが公開されているかなどの 詳細はリンク記事でご確認ください。 今回紹介しているオンラインプラットフォームへの リンクは以下からアクセスしてください。 Smithsonian Open Access https://www.si.edu/openaccess Smithsonian Open Accessの紹介動画はこちらでご覧になれます。(英語)   米スミソニアン学術協会が、無料で所蔵物の2Dおよび3D画像を閲覧できるオンラインプラットフォーム「Smithsonian Open 情報源: スミソニアン博物館、所蔵品280万点を2D-3Dモデルでオンライン公開。自由に再利用可能 - Engadget 日本版

Read More

ホタルを食べてその毒性を獲得するヘビ「ヤマカガシ」 | ナゾロジー

ヤマカガシといえば、日本に生息している 日本固有種のヘビで毒があることでも 知られています。 ヤマカガシ|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ヤマカガシ 臆病な毒ヘビ ヤマカガシを知って!|NHK生活情報ブログ(2017年10月4日) https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/news/281171.html このヤマカガシはカエル、特にヒキガエルを 食べることで知られていますが、 京都大学やユタ州立大学、琉球大学、日本大学、 中国科学アカデミーなどの共同研究グループは、 ホタルの幼虫を食べるヤマカガシを発見。 ヤマカガシがヒキガエルやホタルの幼虫を食べる その理由がわかったそうです。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: ホタルを食べてその毒性を獲得するヘビ「ヤマカガシ」 | ナゾロジー  

Read More

アジアゾウの性格は3つの要素で決まることが判明|GIGAZINE

動物園で子どもたちに人気がある動物といえば、 ゾウを思い浮かべる人も多いかもしれません。 大きくて、長い鼻を器用に動かしている様子は 大人がみていてもほのぼのとした気持ちになります。 フィンランドのトゥルク大学の研究チームは、 ミャンマーで木材の運搬を手伝っている 257頭のアジアゾウの性格を分析する研究を 行ったそうです。 ゾウの性格の調査には、現地で実際にゾウを操り、 個々のゾウの性格にも精通しているという 従業員の協力の下、28種類のゾウの行動型について 質問が書かれたアンケートを作成。 合計257頭のアジアゾウの性格について、 他の従業員から意見を集めて分析したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 フィンランドのトゥルク大学のMartin Seltmann氏らの研究チームによると、ミャンマーで木材の運搬を手伝っている257頭のアジアゾウの性格を分析したところ、「注意力」「社交性」「攻撃性」の3つの要素で示すことができると報告されており、オスとメスにおける差もなかったとのことです。 情報源: アジアゾウの性格は3つの要素で決まることが判明

Read More

赤ちゃんへの愛着に分娩様式は無関係、富山大学調査 | 大学ジャーナルオンライン

「対児愛着(ボンディング)」とは、 親から子どもへ向けられる情緒的な関心や愛情を指し、 母親が子どもを守ったり、世話をしたりする 動機づけになるそうです。 富山大学付属病院周産母子センターの研究グループが、 帝王切開とボンディングの程度の関連を調査するため、 環境省と全国15大学の 「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」 に参加している8万3,000人の母親を対象として、 産後1年時点で10項目の質問を実施。 さらに「愛情の欠如」「怒りと拒絶」を示す 気持ちの傾向についても調べたそうです。 その調査により、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   富山大学付属病院周産母子センターの吉田丈俊特命教授らの研究グループが、帝王切開と通常の分娩で出産した母親の対児愛着(ボンディング)の傾向を調べたところ、帝王切開でボンディングが悪くならないことを突き止めた。 富山大学によると、ボンディングは母親から子どもへ向けられる情緒的な関心や愛情を指し、母親が子どもを守ったり、世話をしたりする動機づけになる。しかし、そうした意欲がわかず、イライラしたり敵意を 情報源: 赤ちゃんへの愛着に分娩様式は無関係、富山大学調査 | 大学ジャーナルオンライン  

Read More

繰り返す温暖化と寒冷化 ‐日本の歴史に影響した東京の気候変動‐ | 日本の研究.com

最近は、二酸化炭素の問題もあり、 温暖化が進行していますが、過去には 大きな気候変動のうねりがあり、 温暖化と寒冷化が繰り返し訪れたと言われています。 東京大学大気海洋研究所と海洋研究開発機構の 研究グループは、東京周辺の過去の気候変動を 解明するため、東京湾の中央から 堆積物柱状コアを採取。 この堆積物柱状コアの22層準を対象に、 貝化石の放射性炭素年代測定を行ったところ、 過去4400年間の気候・環境がその中に 記録されていることが分かったそうです。 さらに、その堆積物に含まれる有機物を分析することで、 過去4400年間の表層海水温変動を精密に分析。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】繰り返す温暖化と寒冷化 ‐日本の歴史に影響した東京の気候変動‐ | 日本の研究.com  

Read More

「ストラディヴァリ」などの貴重なバイオリンはなぜ美しい音を奏でるのか?|GIGAZINE

バイオリンといえば、著名な楽器製作者が作った 「アマティ」「ストラディヴァリ」「グァルネリ」といった 名前を聞いたことがある方も多いかもしれません。 オーケストラの花形楽器とも言われ、 美しい音色に魅了されている人も多いかもしれません。 バイオリン|楽器解体新書|ヤマハ https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/violin/ 今回ご紹介するのは2015年の記事です。 マサチューセッツ工科大学(MIT)の 音響技師・流体力学者チームが、 製作者が生み出したデザインの音響効果を 調査するため、博物館や収集家から 17世紀~18世紀に製作された クレモナのバイオリンや図面などの資料を収集。 それぞれの楽器でX線・CTスキャン検査、 音響共鳴測定、各バイオリンの寸法比較を 実施してわかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 17~18世紀の楽器製作者「アマティ」「ストラディヴァリ」「グァルネリ」らが作ったバイオリンはイタリア・クレモナが生んだ世界3大バイオリンといわれ、現代では数億円もの価値を持っています。このような特別なバイオリンの音響効果を確かめるため、マサチューセッツ工科大学(MIT)の音響技師・流体力学者チームが、バイオリン黄金時代にクレモナで生まれた何百本ものバイオリンを測定した結果、名バイオリン特有の形状や材質の厚みがあることがわかりました。 情報源: 「ストラディヴァリ」などの貴重なバイオリンはなぜ美しい音を奏でるのか?

Read More

福井産の原始鳥類に学名が付けられました | 日本の研究.com

福井県といえば「恐竜」というイメージがあります。 福井駅や小松空港にも恐竜のオブジェがあり、 福井県立恐竜博物館は、恐竜好きの方には とても有名な博物館です。 福井県立恐竜博物館 https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/ その恐竜で有名な福井県の勝山市北谷にある 恐竜化石発掘現場で行われた 第四次恐竜化石発掘調査で2013年8月に 動物化石が発見されました。 福井県勝山市で発見された、我国初の中生代の鳥類全身骨格化石について|福井県立恐竜博物館(2015年1月5日) https://www.dinosaur.pref.fukui.jp/research/2015fukuibird/ その後の分析の結果、この化石が鳥類のものである と確認されたそうです。 分析によってわかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】福井産の原始鳥類に学名が付けられました | 日本の研究.com  

Read More

大人になっても新しいスキルを取得し認知能力を向上させることは可能、実現のためにはポイントがある|GIGAZINE

カリフォルニア大学らの研究チームは、 「高齢の人でも学習が奨励される環境で 複数のスキルを学ぶと、子どものように 認知が向上するのではないか」 という仮説を立てて実験を行いました。 58~86歳の被験者に対して、 3カ月にわたって同時進行で 3~5講座を受講してもらったとのこと。 1つの講座は平均して週15時間ほどのもので、 「スペイン語講座」「iPad講座」「お絵かき講座」 「作曲講座」などが含まれます。 また被験者は週に1時間ほど研究者と 「学習を阻害しているもの」「新しいことを学ぶことの価値」、 「老化における回復力」について話合いました。 さらに、「電話番号を数分間記憶する」といった 短期記憶力の変化や、認知制御、タスクの切り替え といった点をテストで測定しました。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 一般的に高齢になると脳は成長をやめ、人は新しいスキルの取得ができなくなると考えられています。しかし、新たな研究で、58~86歳の人でも、適切な学習環境に身を置き、周囲からの励ましを得られるようになれば、新しいスキルの取得は可能だと示されました。実験によって被験者の認知能力は向上し、30代半ばかそれ以下のレベルにまでなったとのことです。 情報源: 大人になっても新しいスキルを取得し認知能力を向上させることは可能、実現のためにはポイントがある

Read More

その空間だけボケさせる隠消現実メガネ 阪大「IlluminatedFocus」開発|ITmedia NEWS

最近では、一眼レフなどのカメラだけでなく、 スマートフォンのカメラなどにも 背景をぼかして被写体にピントを合わせるような 撮影ができるものが増えてきました。 この機能を使うと被写体をより際立たせるように 撮影することができます。 今回ご紹介する研究は、メガネをかけると この機能ようなボケ効果をもたらすことができる という新しいツールについてです。 大阪大学の研究チームが2月に発表した 「IlluminatedFocus」。 ボケを空間制御する視覚拡張メガネシステムだそう。 ユーザーの目から実際のモノまでの距離に関係なく、 実環境の特定のモノのみを空間的にボケさせる機能があり、 特定のモノに人の注目を誘導することができたり、 作業集中のため特定の領域以外をボケさせたり、 あるいは顔のシワやシミを消すということが できるようになるそう。 その仕組みとは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 ※画像は背景ぼかしのイメージ 情報源: その空間だけボケさせる隠消現実メガネ 阪大「IlluminatedFocus」開発 - ITmedia NEWS  

Read More

持続する体内時計の乱れは免疫老化を促進する ~「ズレ」が引き起こす病態メカニズムの一端を解明~ | 日本の研究.com

シフトワーカーを対象とした多くの疫学研究によって、 うつ病、メタボリックシンドローム、心筋梗塞、 脳卒中、不妊症、がんなど多岐にわたる 疾患リスクと体内時計の関連が指摘されています。 アンドラでも「体内時計」に関する研究を これまでにも学習ニュース拾い読みとして 紹介してきています。 「体内時計」に関する記事|アンドラ https://andla.jp/wp/?s=体内時計 京都府立医科大学、京都大学 、 理化学研究所・千葉大学の共同研究グループは、 体内時計を明暗シフト(この実験の場合は、 ライトの ON/OFF のタイミングだけが異なる)によって かく乱する条件下で長期間マウスを飼育し観察する 「マウスコホート研究」という実験系を構築。 約20ヶ月にわたりマウスを飼育し観察して 実験を行いました。 実験の結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   情報源: 【プレスリリース】持続する体内時計の乱れは免疫老化を促進する~体内時計と生活時間の「ズレ」が引き起こす病態メカニズムの一端を解明~ | 日本の研究.com

Read More
error: