Home > webmaster

幼少期の米タンパク質摂取が成熟期の肥満を抑制 幼少期の食事と肥満及び関連する腎臓病の発症との関与について示唆 | 新潟大学

お米の消費が減っているというのは、 最近よくニュースなどでも取り上げられています。 総務省が実施している「家計調査」の結果でも お米の購入が減少しているという結果が出ており、 その結果から以下のような農林水産省の考察も 発表されています。 2)食料消費構造の変化 イ 世帯構造の変化と食料消費の構造|農林水産省  ※参照:コラム:家計調査にみる米とパンへの支出額の変化 https://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h24_h/trend/part1/chap2/c2_3_02_2.html 新潟大学大学院医歯学総合研究科と 亀田製菓株式会社の共同研究グループは、 幼少期における米(胚乳)タンパク質 (Rice Endosperm Protein, 以降REP) の摂取と、その後の肥満および肥満関連腎症への 影響を検討するマウスを使った実験を行いました。 その結果、最近話題の腸内細菌叢との関係が 示唆されたそうです。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 本学大学院医歯学総合研究科病態栄養学講座(寄附講座)らの研究グループは、マウスにおいて幼少期の米(胚乳)タンパク質摂取が成熟期の肥満やそれに関連する腎臓病を抑制することを明らかにするとともに、その機序 情報源: 幼少期の米タンパク質摂取が成熟期の肥満を抑制-幼少期の食事と肥満及び関連する腎臓病の発症との関与について示唆- | 研究成果 | ニュース - 新潟大学  

Read More

レム睡眠とノンレム睡眠では脳内の情報伝達の方向が逆転 〜記憶の固定などへの役割が異なる可能性を示唆〜 | 日本の研究.com

ほ乳類の睡眠ステージは、レム(急速眼球運動)睡眠と ノンレム睡眠からなり、それぞれ全く異なる脳活動を 行っていることで知られています。 レム睡眠というのは、眠っていても眼球が動いている、 眠りの浅い状態。いっぽうのノンレム睡眠は、 眼球が動かない眠りで、ぐっすり寝ている状態です。 健康になる!睡眠の科学|日本医師会 https://www.med.or.jp/forest/health/live/05.html 東北大学と英国ストラスクライド大学の 研究グループは、レム睡眠のときに脳幹で 発生するとされるP波と、 ノンレム睡眠では海馬で発生するとされる リップル波の関係性に着目。 マウスを使った実験で、このP波やリップル波が 睡眠の際にどのように出現するかを 調査したそうです。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   情報源: 【プレスリリース】レム睡眠とノンレム睡眠では脳内の情報伝達の方向が逆転 〜記憶の固定などへの役割が異なる可能性を示唆〜 | 日本の研究.com  

Read More

うつ病の人はユーモアセンスが人と異なり暗いユーモアを好む傾向がある|GIGAZINE

インターネット・ミームとは、インターネットを通じて 人から人へと、通常は模倣として拡がっていく 行動・コンセプト・メディアのことを指します。 インターネット・ミーム|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/インターネット・ミーム こうしたインターネット・ミームは、Twitterなどの SNSで多くやりとりされていて、「いいね」や リツイートなどの機能によって、同じユーモアや興味を 自分たちのフォロワーにシェアし、共有していきます。 イギリスのシェフィールド・ハラム大学の研究グループが インターネット・ミームと抑うつ状態に関する研究として 実験調査を行いました。 18歳から56歳の被験者200人に対して アンケート調査を実施し、抑うつの傾向に基づいて グループ分けを行い、彼らに一般的なトピックに 関連する中立的な26個のミームから、 ネガティブな事柄に関する26個の抑うつのミームまで、 合計で52個のミームを見せられました。 それぞれのミームを評価し、最後に自身の 感情を制御する方法についてのアンケート調査に 回答してもらったデータを分析した結果、 わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 インターネット上で共有される冗談の一種であるインターネット・ミームは、主に面白い画像や画像にキャプションを付けたものなどをSNS上でやり取りし、ミームを理解できる人同士で感情や意見を共有します。そんなインターネット・ミームと抑うつ状態に関する研究から、「抑うつ状態の人は健康な人と違うユーモアセンスを持っており、好みのミームも抑うつ状態の人と健康な人で違う」可能性があると判明しました。 情報源: うつ病の人はユーモアセンスが人と異なり暗いユーモアを好む傾向がある  

Read More

最高速度30キロ以下の区域規制、重傷事故予防に効果 筑波大学が検証|大学ジャーナルオンライン

「ゾーン30」は、生活道路における歩行者や 自転車の安全な通行を確保することを目的とした 交通安全対策の一つです。 最高速度30キロ以下の区域規制の場所を指しています。 ゾーン30とは?|警視庁 https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kotsu/doro/zone30/about_zone30.html 筑波大学の研究グループは、 全国の生活道路で指定が進んでいる「ゾーン30」が、 どのような効果をもたらしているのかを調べるため、 交通事故総合分析センターから 2005年1月~2016年12月の死亡を含む 全国の交通事故外傷データをもとに、 ゾーン30が導入された2011年9月以降、 データにどのような変化があったかを調査。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   筑波大学医学医療系の市川政雄教授らの研究グループが全国の生活道路で指定が進んでいる「ゾーン30」( […] 情報源: 最高速度30キロ以下の区域規制、重傷事故予防に効果 筑波大学が検証 - 大学ジャーナルオンライン

Read More

黄砂の飛来時の過ごし方で、 アレルギー様症状の発現リスクが低減 (エコチル調査 追加調査より) | 日本の研究.com

PM2.5は、大気中に浮遊している 直径2.5μm(マイクロメートル)以下の非常に小さな粒子。 ※1μm(マイクロメートル)=1mmの1000分の1 大陸からの季節風に乗って「黄砂」が飛来する際、 このPM2.5も一緒に運ばれるため、 特に飛来する量が増加する春と秋には大気汚染が深刻化します。 このことで目・鼻・呼吸器のアレルギー症状を強く感じる という方もいらっしゃるかもしれません。 春も秋も花粉症の季節でもあるので注意が必要です。 「PM2.5」による大気汚染 健康に及ぼす影響と日常生活における注意点|政府広報オンライン(2018年2月1日) https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/5.html 2011年に京都大学、富山大学、鳥取大学の 研究グループが「黄砂と子どもの健康調査」を立ち上げました。 今回ご紹介するのは、このうちの富山大学が実施した研究です。 京都、富山、鳥取の子どもの健康と環境に関する 全国調査(エコチル調査)に参加するお母さんを対象に、 黄砂に関する調査の参加者を募集しました。 富山県に設置された濃度判定を行う計測器により、 黄砂が一定レベル以上測定された日 および地域のPM2.5濃度が基準値を超えた日の 夜にメールアンケートを配信。 その日のお子さんの様子を回答してもらったそうです。 分析の結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】黄砂の飛来時の過ごし方で、 アレルギー様症状の発現リスクが低減 (エコチル調査 追加調査より) | 日本の研究.com  

Read More

太陽フレアと地球の磁場の干渉から作られた不気味な「歌」が公開|GIGAZINE

太陽フレアは、太陽の表面で生じている爆発現象です。 その太陽フレアによって放出された荷電粒子は 地球まで届き、地球の磁場に衝突します。 この衝突によって地球の磁場は乱れ、 「磁場の波」が発生します。  その影響で通信機器などに影響が出たり、 時には大規模な停電につながったりします。 米東部時間で2020年2月9日の夜には、 太陽に接近して太陽フレアなどを調査する 探査機「ソーラーオービター」がが打ち上げられました。 太陽フレアを観測する探査機を欧米宇宙機関が打ち上げ|サイエンスポータル(2020年2月12日) https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2020/02/20200212_01.html 今回ご紹介する研究は、ヘルシンキ大学などの 研究グループが、地球の磁気環境と 太陽風の相互作用を3次元的に調査する 人工衛星「クラスター」が収集した 約20年分のデータを元に作成された音。 かつての宇宙関係の映画やアニメで聞いたことのあるような 少し不気味な音とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 by NASA Goddard Space Flight Center 情報源: 太陽フレアと地球の磁場の干渉から作られた不気味な「歌」が公開  

Read More

永久凍土が解けることが地球環境に与える影響は「これまでの推定の2倍」との研究結果|GIGAZINE

永久凍土は、その名のとおり凍っている場所です。 永久凍土は北半球の大陸の約20%に広がっており、 日本では、富士山頂上付近、大雪山頂上付近、 北アルプスの立山などに永久凍土が確認されているそうです。 永久凍土|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/永久凍土 この永久凍土が、地球温暖化の影響で 溶けはじめているというニュースを しばしば耳にするようになっています。 コロラド大学ボルダーの研究グループが 北極圏の永久凍土などの 特に地中に豊富な氷を含む場所では、 永久凍土が溶けることによって 地面にまだら模様がでるような 劇的な地形の変化が起きているとしています。 なぜこのような模様ができるのでしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 永久凍土に含まれる温室効果ガス・メタンの影響により「想定以上の炭素が放出されている」ことが過去の研究から判明していますが、永久凍土の融解がもたらす地形に変化に注目した新たな研究により、その影響は「従来見積もられていた数字の2倍以上」だということが分かってきました。 情報源: 永久凍土が解けることが地球環境に与える影響は「これまでの推定の2倍」との研究結果  

Read More

タマネギ催涙分子生成の複雑なプロセスを解明:食成分変化の解読へ福音 | 日本の研究.com

たまねぎを刻んでいる時に目がツーンとして 涙が出てしまいます。 その対策として、冷蔵庫でたまねぎを冷やしてから切ったり、 水に晒しながら切ったり、あるいはゴーグルをして切ったり(!) といういろいろな工夫をしている方もいらっしゃるかもしれません。 もう泣かされない!タマネギの切り方[涙予防]編|カゴメ株式会社 https://www.kagome.co.jp/vegeday/eat/201702/6728/ 東京大学大学院農学生命科学研究科と、 ハウス食品グループ本社の共同研究グループは、 目を刺激する揮発性成分の酵素に着目し、 催涙成分に変わる仕組みや、その成分が 目を刺激する仕組みを解明したそうです。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】タマネギ催涙分子生成の複雑なプロセスを解明:食成分変化の解読へ福音 | 日本の研究.com  

Read More

コンクリートがれきと廃木材を新たな建築材料に 東京大学など開発成功 | 大学ジャーナルオンライン

セメントはまちづくりに欠かせない素材ですが、 そのセメント生成の際に、二酸化炭素が排出されます。 工業プロセスの排出量の多くと、 産業部門の約5%がセメント産業から排出される 二酸化炭素だそうです。 低炭素社会の実現に向けた取組み|一般社団法人セメント協会 http://www.jcassoc.or.jp/seisankankyo/seisan02/index.html 東京大学の研究グループは、 コンクリートがれきと廃木材を粉砕、混合して 新たな土木建築材料を開発することに成功。 再生過程で新たなセメントが必要ないうえ、 副産物も発生せず、大量に発生する コンクリートがれきの循環利用に役立ちそうだとことです。 その方法とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   東京大学生産技術研究所の酒井雄也講師らの研究グループは、コンクリートがれきと廃木材を粉砕、混合して新たな土木建築材料を開発することに成功した。再生過程で新たなセメントが必要ないうえ、副産物も発生せず、大量に発生するコンクリートがれきの循環利用に期待が持てそうだ。 東京大学によると、研究グループはコンクリートがれきと廃木材を粉砕、混合したうえ、加熱しつつ圧縮形成することでコンクリートと木材が融合し 情報源: コンクリートがれきと廃木材を新たな建築材料に 東京大学など開発成功 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

心理的苦痛の程度は相談相手がいない者で有意に高かった 宮城県応急仮設住宅等入居者健康調査 | 日本の研究.com

東日本大震災で仮設住宅への入居を 余儀なくされた人は多く、これまで暮らしていた 地域のコミュニティを保つことが難しくなり、 心理的な苦痛を抱えている人が多いことは 多くの報道などでも取り上げられています。 宮城県内の35自治体で 自記式質問票を郵送にて配布・回収する調査を ・民間賃貸借上住宅で 2011 年~2016 年の全6回(n=1,084)、 ・プレハブ住宅で 2012 年~2016 年の全5回(n=1,515) 実施したそうです。 東北大学が、この調査に繰り返し全て回答した 18 歳以上の者を対象に、 民間賃貸借上住宅・プレハブ住宅別に、 心理的苦痛に関わる要因を検証した結果、 わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】心理的苦痛の程度は相談相手がいない者で有意に高かった ~宮城県応急仮設住宅等入居者健康調査~ | 日本の研究.com

Read More
error: