Home > webmaster

「アメリカ人でもスペルを悩んでしまう英単語」をGoogleの元データから分析すると衝撃の結果が明らかに|GIGAZINE

英語が母国語ではない人たちは、 スペルの間違いに悩んでしまうこともあるかもしれませんが、 実は母国語が英語である人たちもスペルミスについて 悩んでいることを具体的な分析結果で表した 面白い研究をご紹介します。 この分析は、2017年5月30日、 アメリカ国内で最も間違えられている単語を Googleが州ごとにまとめたマップ 「America’s Most Misspelled Words」 (アメリカで最もスペルミスされている単語) として公開されました。 分析のもととなったデータは、 2017年1月1日から4月30日までの期間に 検索ワード「how to spell~」(~のつづり方)を入れて 検索された単語の数を調べたもの。 州ごとに異なるスペルが挙げられていて 興味深い結果となっています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 英語のテストなどで単語のスペルを間違えて苦い経験をした記憶がある人も多いと思いますが、スペルミスに悩まされるのは日本人だけではなく、英語を母国語とするアメリカ人にも同じことが言えるようです。Googleが持っている膨大なデータをもとに分析して州ごとに「最もスペルミスされている単語」をまとめたところ、実に興味深い結果が明らかになっています。 情報源: 「アメリカ人でもスペルを悩んでしまう英単語」をGoogleの元データから分析すると衝撃の結果が明らかに  

Read More

“世界一の公共図書館”は、なぜフィンランドから選ばれたのか? その理由を探るためヘルシンキを訪れた|Pen Online

アンドラのNEWSで以前ご紹介した フィンランドの図書館「Oodi」。 フィンランド・ヘルシンキに新名所が誕生! ヘルシンキ中央図書館「Oodi」|Visit Finland https://andla.jp/wp/?p=8989 世界最高の図書館に選ばれたヘルシンキ中央図書館「Oodi」、あまりにもレベルが高すぎる|GIGAZINE https://andla.jp/wp/?p=13263 2018年に開館したヘルシンキ中央図書館が話題になり、 他の図書館も改めて来館者を集めるようになったそうです。 今回ご紹介する記事は、ヘルシンキで3つの図書館を訪れ、 その魅力と背景を探ったというもの。 先ほどご紹介した新しくできたヘルシンキ中央図書館「Oodi」、 1882年に開館したリクハルディンカトゥ図書館、 カッリオ地区の中心に位置するカッリオ図書館の 3つの図書館の様子が写真つきで紹介されています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 雑誌『Pen』の公式サイト。ファッションからアートやデザイン、映画や音楽などのカルチャーや日本の伝統工芸、さらには腕時計やカメラといったプロダクトまで。「上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトに、さまざまな情報を発信します。 情報源: “世界一の公共図書館”は、なぜフィンランドから選ばれたのか? その理由を探るためヘルシンキを訪れた。|Pen Online  

Read More

イネ新品種を開発しました-暑さに強いコシヒカリ- | 日本の研究.com

新潟県は米どころとしても知られており、 地域の特徴を生かして、コシヒカリをはじめとして さまざまな品種が育てられています。 新潟米の産地|JA全農にいがた https://www.nt.zennoh.or.jp/eat/sanchi/ 新潟米PRパンフレット「新潟米図鑑vol.2~新潟の銘柄米ガイドブック~」を作成しました|新潟県 https://www.pref.niigata.lg.jp/site/syokuhin/216817.html 最近では、温暖化の影響で高音が続くことがあり、 稲作にも打撃を与えています。 今回は暑さに強い品種改良の研究をご紹介します。 新潟大学は、刈羽村先端農業バイオ研究センターを 拠点として細胞培養変異法を駆使し、 高温、高濃度CO2 耐性を有する コシヒカリの突然変異体を選抜・作出。 これに NU1 号の系統名を付け、鹿児島、福岡並びに 新潟県において高温耐性の評価を実施したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】イネ新品種を開発しました-暑さに強いコシヒカリ- | 日本の研究.com

Read More

極端な抗議行動は支持者を増やすのではなくむしろ減らしてしまうという調査結果|GIGAZINE

政治や社会問題への抗議として デモ活動などが行われることがあります。 最近でも人種差別や政治的な問題などで 様々な場所でデモ活動が行われている様子が ニュースで流れています。 こうしたデモ活動は、時には活動が過激化し、 時に暴動に発展する場合があります。 トロント大学のマシュー・ファインバーグ准教授が、 合計で3399人の被験者を対象に、 「動物の権利保護」「反ドナルド・トランプ大統領」 「中絶の禁止」「黒人への不平等な扱い」といった問題の 抗議行動が被験者の意識にどのような影響を与えたのか について調査。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 政治や社会問題への抗議としてデモ活動などが行われることがありますが、時には活動が過激化し、道路をふさいだり建物を占拠したり、ひどい時は暴動に発展したりすることもあります。活動を広く世に知らしめて支持者を増やすために過激な行動に走るケースもありますが、アメリカの研究チームが発表した論文では、「極端な抗議行動は支持者を増やすのではなく、むしろ減らしてしまう」という結果が示されています。 情報源: 極端な抗議行動は支持者を増やすのではなくむしろ減らしてしまうという調査結果  

Read More

気象衛星による”台風の目”の中の風の観測に初めて成功~台風の強度推定の向上への貢献に期待~ | 日本の研究.com

温暖化の影響もあり、最近では、 台風が強い勢力を保ったまま上陸したり、 前線などを台風が刺激することで大雨の被害が 発生したりと、その影響が大きくなってきています。 北海道大学大学院などの研究グループは、 「ひまわり 8 号」をはじめとする新世代の静止気象衛星で 実現した高頻度の観測を利用して、 台風の中の雲の動きから風を観測するという 新しい手法を開発したそうです。 この新しい手法を用いて、2017年の台風21号の 観測データに適用したそうです。 名古屋大学や琉球大学などのグループが実施した 航空機によるドロップゾンデ観測と照合した結果、 わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】気象衛星による"台風の目"の中の風の観測に初めて成功~台風の強度推定の向上への貢献に期待~ | 日本の研究.com  

Read More

新型コロナ対策に男女差、関西大学元吉教授がネット調査 | 大学ジャーナルオンライン

新型コロナウイルスの感染防止のために さまざまな対策方法がありますが、 どのような項目について対応ができているのでしょうか? 関西大学社会安全学部の元吉忠寛教授が 新型コロナウイルス感染を防止する 生活様式についてインターネットで 聞き取り調査を実施。 緊急事態宣言が全国で解除された直後の 5月26、27の両日、東京都、大阪府、岩手県の 成人1,200人を対象に行われました。 3密(密集、密閉、密接)を避ける行動や 咳エチケットの徹底、外出時や会話時の マスク着用、手洗いに水とせっけんを使用して 30秒ほどかけているかなどの11項目の行動について 調査が行われています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   関西大学社会安全学部の元吉忠寛教授が新型コロナウイルス感染を防止する生活様式についてインターネットで聞き取り調査したところ、女性が男性より新型コロナ対策を意識した行動をしていることが分かった。元吉教授は「男性は感染症リスクとつき合う新しい生活様式をもっと意識すべきだ」と指摘している。 新型コロナ対策に男女差、関西大学元吉教授がネット調査 情報源: 新型コロナ対策に男女差、関西大学元吉教授がネット調査 | 大学ジャーナルオンライン  

Read More

感情を「見える化」してセルフケアを 早稲田大学 熊野教授監修のアプリ | 大学ジャーナルオンライン

新型コロナウイルスによる生活の変化は、 世界中の人々に同時に発生している問題であるがゆえに さまざまな環境の変化があっても、自分の感情を 押し殺したり、こころのうちにしまったりしている という人が多いかもしれません。 早稲田大学人間科学学術院の 熊野宏昭教授の研究室は、株式会社Hakaliと共同で 心のセルフケアを気軽に行える スマートフォンアプリ「Awarefy(アウェアファイ)」を、 2020年5月13日にリリース。 この「Awarefy」というスマホアプリは 「毎日の気づきを増やす」をコンセプトとしており、 自分の感情を見える化することを支援するそうです。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 なお、Android版はダウンロード可能で iOS版アプリは、近日公開予定だそうです。   早稲田大学人間科学学術院の熊野宏昭研究室は、株式会社Hakaliと共同で心のセルフケアを気軽に行えるスマートフォンアプリ「Awarefy(アウェアファイ)」を、2020年5月13日にリリースした。 感情を「見える化」してセルフケアを 早稲田大学 熊野教授監修のアプリ 情報源: 感情を「見える化」してセルフケアを 早稲田大学 熊野教授監修のアプリ | 大学ジャーナルオンライン  

Read More

ワクワク感の脳神経指標による可視化技術を開発しました 広島大学 | 日本の研究.com

美や善などの評価判断に関する「感性」。 感性は、印象の内包的な意味を知覚する 能力とされています。 感性|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/感性 今回ご紹介する研究は、感性の中でも 「ワクワク感」をモデル化する研究です。 この「ワクワク感」は、興味をもったり、 そのことに期待したりする時にもつ感情です。 広島大学脳・こころ・感性科学研究センターの 研究グループは、感性の可視化をテーマとして、 快・活性・期待という3つの心理主観軸から ヒトがイメージし、予期・評価している時の 脳波情報を用いて、「ワクワク感」を定量評価する 感性多軸モデルを世界で初めて報告しました。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】ワクワク感の脳神経指標による可視化技術を開発しました~脳波の独立成分と感性多軸モデルをもちいたワクワク感可視化の可能性~ | 日本の研究.com  

Read More

ピラミッドを建築した労働者の数をピラミッドの位置エネルギーから求めるとこうなる|GIGAZINE

世界三大陵墓といえば、「クフ王のピラミッド」、 「始皇帝陵」、「大仙陵古墳(仁徳天皇陵)」。 今回はそのうちのひとつである、エジプトの ピラミッドに関する研究をご紹介します。 マニトバ大学の環境学名誉教授である ヴァツラフ・スミル氏は、ピラミッドの建設方法そのものではなく、 ピラミッドの建設期間、ピラミッドが持つ位置エネルギー、 成人男性1人あたりが労働に使ったエネルギーから、 ピラミッド建設にあたって何人の人員が 動員されたかを推測。 ピラミッド建設を指示したクフ王の統治期間が 紀元前2589年~紀元前2566年の 約23年であったことから、建設期間を 20年と仮定して、そこから計算した結果とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 エジプトにあるギザの三大ピラミッドは4500年以上前、紀元前2500年頃に完成しました。ピラミッドの建設方法には謎に包まれた部分が多いものの、建築にあたりおよそ何人の労働者が1日に働いていたのかを、マニトバ大学の環境学名誉教授であるヴァツラフ・スミル氏が推測しています。 情報源: ピラミッドを建築した労働者の数をピラミッドの位置エネルギーから求めるとこうなる

Read More

犬は小さじ10億分の1のガソリンを嗅ぎ分けることができる|GIGAZINE

一般的に犬の嗅覚は、臭気の種類によっても 違いますが、人間の1億倍まで 感知できるといわれているそうです。 犬の感覚器官|公益社団法人日本警察犬協会 https://www.policedog.or.jp/chishiki/kankaku.htm アルバータ大学の研究チームは、 犬が果たしてどの程度までガソリンの匂いを 嗅ぎ分けることができるのかを調査するため、 実際に火災現場の捜査で活躍する2匹の犬を用意し、 ガソリンの匂い、あるいはその他の発火性液体の 匂いを探知するように訓練。 陶片や木片にガソリンや発火性液体を染み込ませ、 量を変化させながら犬が検出できるかどうかを 調査したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 犬は人の100万倍も鋭い嗅覚を持ち、警察犬や麻薬探知犬などは訓練によって研ぎ澄まされた嗅覚を使って社会に貢献しています。そんな犬の嗅覚は、訓練次第でわずか小さじ10億分の1ほどのガソリンでさえ嗅ぎ分けることが可能になると、アルバータ大学の研究チームが発表しました。 情報源: 犬は小さじ10億分の1のガソリンを嗅ぎ分けることができる  

Read More
error: