Home > すずき
コラム

卒業論文に取り組むとき

まだ暑い日もありますが、10月も半ばともなると、 秋も深まっていきますね。 いよいよ 卒業論文に挑む頃でもあります。 今回のコラムでは、これから頑張る、 あるいは、今頑張っている皆様に向けて、 アンドラのITスキルのコーナーでご紹介した、 Wordの使い方が卒業論文のどこで役立つか、 手順とあわせてご紹介したいと思います。 (さらに…)

Read More
コラム

鎌倉幕府はいつできた?

大人になって学び直しをして、 面白いなぁと思ったこと。 その一つに、時間の経過によって、 過去に事実としていたことや 正しいと思っていた知識が変化していくことが、 よくあることと気づかされることが挙げられます。 知識として得たものが時の経過で変わることは 当たり前なのかもしれないけれど、 かつて学んだことを 自分の中で「不変」というか、 固定的に捉えているところがあるな と感じることがあります。 だから、「学びって変わるんだな」と気づいたのは、 学び直しをしたときの大きな収穫だったかもしれません。 この「学びの変化」には、2つの種類があると思います。   (さらに…)

Read More
コラム

夏休みの自由研究

8月もちょうど真ん中を過ぎました。 子どもたちの夏休みも残すところあと少し。 この時期になると、やらずにいた自由研究に 慌てて取り掛かろうとするなんていうことも多いかも 。 子どもの頃、自由研究が好きで、 今年は何をやろうかと考えるのが楽しみでした。 考えるのは好きだけど、そこに時間を費やしすぎて、 実施するのはギリギリになっちゃったり(笑) 半べそかきながら夜遅くまで 発表資料を作った時のことを思い出すと、 卒業論文も似たようなところがあるよなぁと気づきます。 そういえば、「自由研究は嫌いだ~!」 という友人も多かったな。 そんな自由研究についてのお話です。   子どもの頃のバイブル   小学生の頃は、図鑑シリーズが自宅にあり、 その中のひとつが 、その名も「自由研究」。 研究例が書かれていて、 まとめ方の見本も掲載されていました。 夏休みになると、この図鑑を開いては、 「何をテーマにしようかな」 なんて考えていました。 この図鑑シリーズ、現在は販売されていないようなので、 暇さえあれば、図鑑を引っ張り出して観ていた私としては、 ちょっと残念。 でも、自由研究に関する本は、昔より細分化されて、 たくさん販売されていますね。 この本などは、結果のまとめ方を見ていると、 ・動機と目的 ・準備したもの ・実験1(方法、結果)←予備実験 ・実験2(方法、結果、考察) ・実験3(方法、結果) ・まとめ ・考察 ・感想 というストーリーになっています。 さらに、発展研究のアイデアが紹介されていて、 大人でも研究に取り組んでいるとき、 方法論や進め方に行き詰ったりしたときに、 こうした本をちょっと覗いてみると、 研究の組み立て方がシンプルなのことで刺激を受け、 頭の中が整理できるんじゃないかなと思います。 小学生向けには、ドラえもんの漫画を読みながら、 自由研究を考える本なども出ているようです。 どんなことに興味があるのか、 それを探すのも楽しいものです。 そして、最近は自由研究をまとめるためのキットもあるらしい。 工作用紙や模造紙(地域によって呼び方がいろいろ)で 作っていた時代とは違うんだなぁ(笑) こちらは「観察」研究用。 こちらは「実験」研究用。 至れり尽くせりですね。   いまやインターネットを使って自由研究   最近は、こうした本を利用するだけで なく、 インターネットで検索する人も多いでしょうね。 企業が公開している自由研究のページが いろいろありますので、いくつかご紹介します。 ●学研「自由研究プロジェクト2017」 https://kids.gakken.co.jp/jiyuu/ さすが学研という情報量。 それだけでなく、動画で方法を観ることができたり、 方法、学年、必要日数で検索できたりといった機能もあり。 ワークシート、おたすけキット、便利ツールという ツールも揃っている!手取り足取り! 面白いのは、たぶんテーマが決めきれない子のためと思われる、 性格診断や占いで研究テーマを探すというもの。 性格診断してみたら、私は科学実験が向いているらしいです(笑) ●ホンダ「自由研究」 http://www.honda.co.jp/kids/jiyuu-kenkyu/ 学年やカテゴリー(実験・観察・工作)から検索ができます。 まとめ方が書かれたPDFをダウンロードできます。 ●サントリー「やってみよう!水の自由研究」 http://mizuiku.suntory.jp/kids/research/ コーポレートメッセージが 「水と生きるサントリー」だけあって、 水をテーマとした自由研究が掲載されています。 こういうふうに、何か興味あるひとつのテーマで 考えるのも面白いですよね。 ●ダイキン「空気の学校 夏休み自由研究スペシャル」 http://www.daikin.co.jp/naze/jiyuu/ こちらは空気の専門家。 お馴染みのキャラクター、 ぴちょんくんもあちこちに登場しています。 ●クックパッド「料理で自由研究」 https://cookpad.com/jiyukenkyu いつも思うのですが、料理って科学ですよね。 ●ベネッセ「夏休みの自由研究カンタン解決策特集」 https://cookpad.com/jiyukenkyu こちらのウェブサイトは、親御さん向け。 びっくりしたのは、励まし方が掲載されていること! こちらもいくつかの実験が動画で見られます。 ●Microsoft「夏休み自由研究特集」 https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/season/homework/(公開終了:2019年6月3日確認) Microsoft は、自由研究についての情報だけでなく、 研究をまとめるために使える様々なテンプレートがダウンロードできます。 自由研究だけでなく、大人も使える様々な英会話や 文字練習、読書管理などのテンプレートもあります。 自分が子どもの頃よりも、 情報を得る手段が増えているなと感じます。 その中には、大人が忘れがちなことを 思い出させてくれような、 そんな基本が詰まっているようにも思いました。 学習で迷ったら、子どもたちの学びの情報にも 目を向けてみると気が付くことがあるかもしれません。 いくつか気になる実験があったので、あとでやってみようっと。   *** 今日の四字熟語 注意を少しでも怠れば、思わぬ失敗を招くから、十分に気をつけるべきであるという戒め。 ▽「油断」は気をゆるめること。油断は大失敗を招くから、どんなものより恐るべき敵として気をつけよ、という意。 (goo辞書より:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/idiom/) 長いようで短い夏休み。 油断大敵。  

Read More
コラム

モチベーション対策(3):元も子もない思い

社会人学生になってみて、一番困ったことは、 24時間では時間が足りないってことでした。 仕事、家庭、そして学業。 いずれもいろいろとやりたいことがあるけれど、 それぞれにかけられる時間には限りがあります。 特に、履修科目の多い年度に関しては、 学習にあてる 時間確保が物理的に必要で、 追われるように毎日を過ごしていました。   (さらに…)

Read More
コラム

スモール・ステップを可視化

以前のコラムで、学習するときのモチベーション対策として、 達成感を味わうためにどのようなことをしていたかを書きました。 モチベーション対策(2) 達成感を味わう https://andla.jp/wp/?p=1356 上記のコラムでは、 「学習することを小さなコマに分けてチェックし、 完了するごとに達成感が味わう」 ということをご紹介しました。 この“チェックする”という行動を目に見える形にする、 つまり「可視化」を伴うことが大事なのではと思います。 今回はそんなお話です。 (さらに…)

Read More
コラム

郵便とインターネット

これまでに通信制の大学で、二度ほど学んだことがあります。 最初に学んだときは、科目受講は郵便でレポートを送り、 さらに、対面の授業を一定期間受けるタイプ。 二度目は、主にインターネットで配信される動画で学習するタイプ。 一度目と二度目の間には、およそ20年の年月が流れています。 異なる時代に異なる通信手段で、 大学での科目履修を経験したので 、 それぞれの体験から、感じたことを書いてみたいと思います。   (さらに…)

Read More
コラム

モチベーション対策(2) 達成感を味わう

働きながら学ぶというのは、なかなか骨の折れることだと思います。 しかも、志がどんなに高くとも、 気持ちが折れるような出来事に遭遇することがあります。 勉強以外のことに時間や気持ちの配分を増やさざるを得ないことが、 実に頻繁に起こります。 そこで、「モチベーション対策」 と いうタイトルで、 私自身がモチベーションを維持するために、 これはよかったということを書いていこうと思い ます。 1回目は、「つながり」を投稿しました。 ●コラム:モチベーション対策(1) つながり https://andla.jp/wp/?p=1021 今回は、その2回目。 テーマは「達成感を味わう」です。   (さらに…)

Read More
コラム

私の受講スタイル:場所と時間

「人の数だけ、受講スタイルあり」 入学してから、いろいろな人と話す度に、 本当に受講スタイルは様々だなぁと実感しました。 子どもの頃と違って、学習するにしても、 大人の場合、その方法やスタイルは、 自分の裁量に任されています。 自分の好きにしていいからこそ、 個性が出てくるわけです。   (さらに…)

Read More
コラム

持っててよかった♪その2

「持っててよかった♪」をシリーズ化しようかなと宣言し、 その1回目として「スキャナー」について投稿しました。 【コラム】持っててよかった♪その1 https://andla.jp/wp/?p=968 「持っててよかった♪」シリーズが続くかどうか不安でしたが、 今回は無事に2回目の投稿ができそうです。 さて 、「持っててよかった♪」ものとは?   (さらに…)

Read More
error: