学習ニュース拾い読み記事のアイキャッチ画像

幼少期にポケモンにはまった人は、脳に「特化した領域」が出来ている:研究結果|WIRED


耳のすぐ裏の側頭葉にあるひとまとまりの
脳領域は、顔、単語、数、場所、色といった
情報を認識するエンドマメほどのサイズの
小さなニューロンの塊の部位があります。

カリフォルニア大学バークレー校の博士研究員で、
実験当時はスタンフォード大学だった研究者は
「ポケモンマスター」11人と、
ポケモンをプレイしたことのない対照群11人を集め、
fMRIのなかで人の顔、動物、漫画、身体、単語、
クルマ、通路、ポケモンの画像を提示する
という実験を行いました。

実験の結果、達人たちはポケモンのキャラクターに
対して対照群よりも強い反応を示したそうですが、
脳の活動領域にはどのような特徴があったでしょうか?

詳しくはリンク記事でご確認ください。

 

脳は特定の対象物に特化した脳領域を発達させていることがあるが、これはポケモンプレイヤーたちにも言えるらしい。ある研究によると、子どものころ熱心に任天堂の「ポケットモンスター」シリーズをプレイしていた人たちは、数百種のポケモンを区別するのに特化した独自の脳領域を発達させているというのだ。

情報源: 幼少期にポケモンにはまった人は、脳に「特化した領域」が出来ている:研究結果