Home > webmaster (Page 100)

最新の国勢調査に基づく将来人口予測が可能に! ~地区レベルの将来人口予測ツールを改良~ | 日本の研究.com

国土技術政策総合研究所から、 研究や調査に利用できるツールの 改良版が公開されたのでご紹介します。 国土技術政策総合研究所では、 「小地域(町丁・字)を単位とした将来人口・世帯予測ツール[試行版]」 を平成29年1月27日に公開しました。 今回は、平成 27年国勢調査結果に基づく 最新の将来人口予測等が可能になったいうもの。 利用方法は、 ポータルサイト「G 空間情報センター」 https://www.geospatial.jp/ においてユーザー登録の上、 国土交通省国土技術政策総合研究所のサイト https://www.geospatial.jp/ckan/organization/nilim から、ツールをダウンロードして利用できます。 (無償利用可能) こうしたデータを利用して研究や分析を行いたいとき 活用できそうです。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 ツールの主な特長についての詳細はリンク記事で ご確認いただけます。 Excel上で利用できるので、操作が簡単であることや 予測結果をグラフにできたり、マップ表示もできるのは とても便利な機能だと思います。 情報源: 【プレスリリース】最新の国勢調査に基づく将来人口予測が可能に! ~地区レベルの将来人口予測ツールを改良~ | 日本の研究.com

Read More

夫婦仲の悪さは健康にも悪い影響があることが明らかに|GIGAZINE

「喧嘩するほど仲がいい」 といわれることも多いかもしれませんが、 本当に夫婦の仲が悪い場合には、 健康にどのような影響を与えるでしょうか。 アメリカのネバダ大学とミシガン大学の 合同研究チームは、「育児」「金銭」「趣味」などの 意見の相違が健康にどのような負の影響を与えるか を調べるために、373組の夫婦を 16年間に渡って調査したそうです。 この調査は対象の夫婦(夫と妻の両方)に アンケート用紙を配布して、自身の健康状態を 5を満点とした5段階で評価してもらうというもの。 その結果とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 記事に掲載されたリンク先(英文)には、 男性と女性のどちらに大きく影響が出ているのかなどの 考察も掲載されています。 結婚生活は心臓病や脳卒中のリスクが減少するなど、健康面にプラスの影響を与えると言われていますが、夫婦仲が悪いと逆に健康リスクにつながってしまうことが、アメリカのネバダ大学とミシガン大学の合同研究チ 情報源: 夫婦仲の悪さは健康にも悪い影響があることが明らかに  

Read More

「フリマアプリ利用者における消費行動の変化」に関する実態・意識調査|株式会社メルカリ

スマートフォンのアプリを利用して、 簡単にフリーマーケットでモノの売り買いを 行うことができるようになっている昨今。 フリマアプリを利用する人に消費行動の変化が 起こっているのかどうかの調査結果がありますので ご紹介します。 株式会社メルカリは慶應義塾大学大学院 経営管理研究科の山本晶准教授監修の下、 全国のフリマアプリ利用者1,032名を対象に、 「フリマアプリ利用者における消費行動の変化」 に関する実態・意識調査を実施した結果を公表しています。 【調査概要】 調査時期 :2018年7月6日(金)~7日(土) 調査方法 :インターネット調査 調査対象 :全国、20~59歳、男女1,032名 (フリマアプリ利用者1,032名) 調査内容として報告されているのは、 ①フリマアプリの利用前後で利用頻度が増えたお店やサービス ②利用頻度が増えたお店やサービスの具体的回数 ③利用頻度が増えたお店やサービスの具体的金額 ④ リペア(修繕)サービスの利用意向 などです。 利用頻度が変化したこととは何でしょうか。 詳しくはリンクしたプレスリリースでご確認ください。 その記事の中に、3月に実施された、 「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査 の結果へのリンクもありますので、 併せて確認すると行動の変化がわかりやすいと思います。 株式会社メルカリのプレスリリース(2018年7月31日 18時06分) [フリマアプリ利用者における消費行動の変化]に関する実態・意識調査 フリマアプリによる周辺サービス業界への経済効果 ※1 最大年間約752億円 情報源: 「フリマアプリ利用者における消費行動の変化」に関する実態・意識調査 フリマアプリによる周辺サービス業界への経済効果 ※1 最大年間約752億円

Read More

日本でも人気の「森林浴」、英大学が健康効果を分析 | Forbes JAPAN

英イーストアングリア大学の研究チームが 「Environmental Research」に発表した論文によれば、 緑の多い場所で長い時間を過ごしている人は、 多くの慢性疾患の発症リスクが 大幅に軽減されているとみられるという 結果となっているそう。 この研究は、過去の関連の研究について実施した メタ分析の結果をまとめたもの。 対象とした研究は、 ・観察研究が103件 ・介入研究が40件 チームが分析した研究結果は最終的に、 20カ国のおよそ2億9000万人を対象に含むものとなったそうで、 対象者の50%は欧州の居住者であり、 その対象とした研究のうち24件は、 森林浴が広く行われている日本で行われたものだったそうです。 緑に囲まれた空間でより長い時間を過ごすことは、 人間の体にどのような影響を与えるのでしょうか。 また、森林浴を通じて陽の光を浴びたり、 その空気中に含まれている様々な物質の影響などについても 言及されているようです。 詳しくはリンク記事をご確認ください。   健康促進のために森など緑の多い場所で時間を過ごす「森林浴」の人気は近年、日本をはじめとする各国でますます高まっている。英イーストアングリア大学の研究チームが先ごろジャーナル「Environmental Research」に発表した論文によれ 情報源: 日本でも人気の「森林浴」、英大学が健康効果を分析 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)  

Read More

職場のストレスがメタボリックシンドローム発症リスクを高める 北里大学など | 大学ジャーナルオンライン

毎年受診する特定健診では、 「メタボリックシンドローム」かどうかの 診断が下されるため、その数値に一喜一憂している方も いらっしゃるかもしれません。 以下の厚生労働省の情報サイトで、 メタボリックシンドロームについて詳しく情報を 確認することができます。 メタボリックシンドローム|e-ヘルスネット|厚生労働省 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic 職場における仕事の量的負担の多さ、裁量権の低さ、 上司や同僚からの支援の低さ、交代制勤務および長時間労働等、 好ましくない職場の心理社会的要因が、 メタボリックシンドロームを構成する 高血圧や肥満等の発症に影響することも知られているそう。 北里大学などの研究グループは、 「メタボリックシンドローム」と 職場の心理社会的要因との関連を明らかにするため、 これらを検討した研究論文を系統的に収集し、 メタ分析を行ったそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   北里大学などの研究グループは、両者の関連を明らかにするため、これらを検討した研究論文のうち、前向きな研究デザインを採用した質の高い研究を系統的に収集し、メタ分析を行った。 情報源: 職場のストレスがメタボリックシンドローム発症リスクを高める 北里大学など | 大学ジャーナルオンライン

Read More

高齢期の社会的孤立と閉じこもり傾向による死亡リスク約 2 倍 | 日本の研究.com

超高齢化時代を迎えている日本では、 高齢化でどのような問題が起こるのかが 次第に明らかになってきています。 今回ご紹介する研究も、高齢者に起こりがちな ”閉じこもり”がどのように影響するかが 明らかになっています。 東京都健康長寿医療センター研究所の研究グループは、 2008 年から 2014 年に、埼玉県和光市において 郵送調査結果を用いた調査を実施したそうです。 研究参加者は、公共交通機関の使用や 日常品の買い物、食事の用意などの 日常生活動作に問題のない健康な方。 「社会的孤立」および「閉じこもり」傾向の 有無の組み合わせで 4 群に分け、 6 年間の死亡率の違いを検討したそうです。 この研究で「社会的孤立」と定義しているのは、 同居家族以外との対面および電話やメールなどの 非対面のコミュニケーション頻度が 両者を合わせても週 1 回未満の人のこと。 さらに、「閉じこもり」傾向としているのは、 普段の外出する頻度(買い物、散歩、通院など)が 2~3 日に 1 回程度以下の人( 1 日 1 回未満)。 研究の結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】高齢期の社会的孤立と閉じこもり傾向による死亡リスク約 2 倍 | 日本の研究.com

Read More

「人はなぜ夢を見るのか?」が明らかに|GIGAZINE

夢をテーマにした研究に興味を持つ人は多く、 夢を見ることと記憶の整理に関係があるなど 様々な関係についての研究も行われています。 ただ、人が見ている夢を直接観察するツールはなく、 夢を調査するときに人の記憶に頼らざるを得ないことで なかなか難しい研究分野であることは確かです。 今回ご紹介する研究は、イギリスのスウォンジー大学の 研究チームが行なった研究です。 覚醒している状態で経験した出来事の「感情的な強さ」は、 夢を見ている際の「脳活動の強度」および 「夢の内容」に関連しているのではないかという仮説を立て、 これを検証するための研究を行うことにしたそうです。 その方法とは、20人の学生ボランティアに、 日常生活の出来事に関する詳細な日記を10日分書いてもらい、 日常生活を記録。そのときにどのように感じたかの 感情の強さを番号付きの尺度で毎回評価。。 10日分の日記をつけ終わったら、 被験者に脳波を記録するための非侵襲型の装置をつけてもらい、 数日にわたって睡眠時の脳波を記録。 この脳波を記録するために使用された装置で、 被験者が眠ってレム睡眠が検知されると、 研究チームは被験者を起こして、 見ていた夢の内容を尋ねて記録したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 レム睡眠の途中で起こされた被験者の皆さんが どの程度ストレスを感じたかも知りたいところです。 夢の途中で起こされるのは、なかなか大変そう。 by Alexander Mils 「人が夢を見ている間に何が起こっているのか?」については諸説あり、夢の内容に「全く意味などない」と主張する科学者もいれば、「多くの著名人が夢からアイデアを得てお 情報源: 「人はなぜ夢を見るのか?」が明らかに

Read More

ジンベイザメの寿命は…なんと130歳。新研究で判明|GIZMODO

あの大きなジンベイザメは何歳まで生きるのでしょうか。 モルティブにいる科学者チームが、 ジンベイザメの調査に乗り出しました。 これまでは標本として捕獲した個体の脊椎の輪をもとに 年齢を推測してきましたが、そうまでして計測しても 本当にその脊椎の輪がサメの歳を表しているのかは 不明だったのだそう。 今回、チームは44匹のジンベイザメを選んで追跡。 ほぼ10歳ほどの若いジンベイザメたち。 新しいサメと戻って来たサメは、 体の柄で見分けることができるのだそうです。 そして体長データを数学的モデルに入れ込み、 過去の調査と照らし合わせ、 一定の大きさではどれくらいの歳なのかを 推測した結果は? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 こうした調査方法が確立されていくことで、 捕獲しなくても推測ができるようになるので、 海洋資源を守る意味でも意義は多きそうです。 また、今回はオスのジンベイザメでの 調査結果だったそうですが、 メスに対して同様の調査を行なった場合の 結果も気になります。 あんなにでっかい上に長寿って最強じゃないですか?魚類で最大種であるジンベイザメ。その重さは最大19トン、体長は18メートルにも及ぶ大きなものまで存在します。そして寿命は130歳ということが最近の研究で判明しました。謎多きジンベイザメ、年齢 情報源: ジンベイザメの寿命は...なんと130歳。新研究で判明

Read More

りんごから抽出したポリフェノールで 変形性膝関節症の症状を抑制 | 日本の研究.com

変形性膝関節症にかかってしまい、 立ち上がったり座ったりする動作や 歩行のときに支障を感じている人は多く、 その研究も盛んに行われています。 関節において緩衝作用を担う 「軟骨」が擦り減ることが主な原因のため、 サポーターを巻いたり、服薬しても限界があり 別なアプローチでの治療が期待されています。 近年の研究により、膝関節の軟骨細胞における ミトコンドリアの機能低下が、変形性膝関節症の 発症と悪化に関連していることが見出されたそう。 千葉大学大学院の研究グループは、 アサヒグループホールディングス株式会社との共同研究により、 食品素材である「りんごポリフェノール」が、 変形性膝関節症の進行を抑制することを、 細胞および疾患モデルマウスを用いた試験により、 明らかにしたとのこと。 マウス胎児より樹立した軟骨細胞を用いて、 りんごポリフェノールがミトコンドリアに与える実験と、 軟骨細胞でのミトコンドリア機能不全を起こした マウスに対し、靭帯切除術により変形性膝関節症を 誘導した後でりんごポリフェノールを 経口投与する実験を行なったそうです。 その結果、どのようになったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】りんごから抽出したポリフェノールで 変形性膝関節症の症状を抑制 -内科的治療への可能性を細胞・動物実験により検証- | 日本の研究.com

Read More

脳は積極的に「記憶を失おうとしている」ことが判明|GIGAZINE

人間の脳の仕組みの中でも、「記憶」に関する研究は 盛んに行われている研究領域です。 人工知能の開発にも影響を与えますし、 記憶に関連する様々な病気の治療にも関連性があります。 この様々な「記憶」に関する研究のうち、 「記憶」をどう保持するかではなく、 「記憶」がなぜ失われるのかに関する研究を まとめた記事をご紹介します。 これまでの研究では、脳内で記憶を保持する ニューロンが破壊されたり、 記憶を保持している領域にアクセスできなくなる といったことで記憶は失われるとされてきました。 しかし、今回ご紹介する様々な研究を見ていると、 どうも「脳が積極的に記憶を消去している」のではないか、 つまり能動的に記憶を忘却するシステムの存在があるのでは? という方向となってきているようです。 昆虫やウミウシ、マウスを用いた実験から 見えてきたこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 覚えておきたいこともあるけれど、 忘れたいこともありますよね。 by ian dooley 「そういえば先週の休みは何したんだっけ」「おとといの夕ご飯は何を食べたんだっけ」と考えてみると、意外にもなかなか思い出せなくて驚くことがあります。「記憶がなくならずに、 情報源: 脳は積極的に「記憶を失おうとしている」ことが判明

Read More
error: