Home > webmaster (Page 112)

簡便な体力テストによる2型糖尿病のリスク評価 握力や片足バランスの成績が悪いとリスクは高くなる | 日本の研究.com

血糖値を下げるインスリンの効きが悪くなる 2型糖尿病を予防するためには、 日頃の活動量やランニング等の運動を行うことが 有効であるとされているそうです。 運動を長時間続けるために必要な全身持久力が 高いことが予防に役立つという結果があるそうですが、 全身持久力以外には、どのような体力が 糖尿病の予防に欠かせないのでしょうか。 それをテーマとした研究をご紹介します。 東北大学大学院医工学研究科、新潟大学大学院、 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所などの 共同研究グループは、 新潟ウェルネススタディの一環として、 新潟県労働衛生医学協会の健診データを用いて 研究を実施。 体力測定を行った糖尿病ではない健診受診者 21,802 人(20~92 歳)について、 体力項目毎に成績順にそれぞれ 4 グループに分け、 最大 6 年間追跡したそうです。 その結果、どのような体力が 糖尿病の予防に欠かせないとわかったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】簡便な体力テストによる2型糖尿病のリスク評価 ‐握力や片足バランスの成績が悪いと2型糖尿病リスクは高くなる‐ | 日本の研究.com

Read More

なぜ犬はおしっこを済ませたあとに地面を蹴るのか?|GIGAZINE

犬を散歩に連れて行ったときに、 おしっこをしたあとに地面を勢いよく 蹴る動作を行うことがあります。 この習性を獣医は、 「ground scratching(地面ひっかき)」 と呼んでいるのだそうです。 今回ご紹介する記事は、この動作について、 臨床動物行動学のロジー・ベスコビー教授と、 ペンシルベニア・スクール・オブ・ ベタリナリー・メディスン大学で獣医行動学を 教えるカルロ・シラクサ氏の話から 考察した内容を掲載しています。 ・地面引っかきを行うのはオスとメスのどちらが多いか ・犬全体の何%が地面引っかきを行うのか ・地面引っかきを行うのはどのような時か ・犬以外に地面引っかきを行う動物がいるか ・犬以外が地面引っかきを行う理由は何か ・どのような犬が地面引っかきを行うことが多いか などの観点で、これまでの研究を踏まえた 考察が行われています。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 by leonides ruvalcabar 犬はおしっこをしたあとに地面を蹴るような仕草をとることがあるのですが、これが一体どのような意味を持っているのかについて、科学系ニュースメディアのLiv 情報源: なぜ犬はおしっこを済ませたあとに地面を蹴るのか?

Read More

2011年東北地方太平洋沖地震の余効変動を原動力に6年弱の間に同じ活断層が繰り返し動いたことを発見 | 日本の研究.com

東日本大震災が発生したのは、2011年のこと。 毎月11日になると、当時を振り返ることが増え、 その後に過ごしてきた日々を思います。 大地震が発生してあの時から7年が経過したことで 地震について明らかになってくることもあります。 これまでの歴史を振り返ると、 大地震が発生したという記録は多く残っていますが、 ひずみの蓄積が速いと言われるプレート境界でも、 数十年〜数百年という間隔で 大地震・巨大地震が繰り返されるとされてきました。 実際に、記録もそういった、ある程度の年数を 経過してから地震発生が記録されています。 東北大学災害科学国際研究所の研究チームは、 2011年の東北地方太平洋沖地震 (東北沖地震、マグニチュード M9.0) の後の、茨城県北部にある活断層に着目して、 衛星レーダ画像と全球測位衛星システム の計測データを解析したそうです。 その結果、これまで考えられていた想定とは 異なる事実を確認したそうです。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】2011年東北地方太平洋沖地震の余効変動が原動力となり、6年弱の間に同じ活断層が繰り返し動いたことを発見 | 日本の研究.com

Read More

昆虫食は腸内の善玉菌を増やし胃腸の健康にいいことが判明|GIGAZINE

最近流行りの「昆虫食」。 食料問題の解決策のひとつとして、 栄養価も高く有用なタンパク源として、 世界中で注目されています。 日本では昔から、イナゴやはちのこを食べる習慣がありますし、 食用の赤い色素として有名なコチニール色素は、 カイガラムシの色素を抽出したものだったりと、 案外身近に昆虫を摂取する環境にいることに気づきます。 その「昆虫食」と腸内細菌の関係に 着目した研究をご紹介します。 ウィスコンシン大学マディソン校の栄養学者Valerie Stull氏は、 昆虫が外骨格に持つ、野菜や果物とは違う 「キチンナノファイバー」という繊維に着目し、 これが胃腸に対してどのような働きを行うかを調査。 研究対象者は、18~48歳の健康な成人20人。 被験者の半数には朝食としてマフィンと 「コオロギの粉を混ぜたシェイク」をとってもらい、 もう半数にはマフィンとコオロギの粉を含まない シェイクをとってもらって実験したそう。 被験者には2週間にわたって指定の食生活を送ってもらい、 血液検査と検便、テストの開始前後に おなかの調子について尋ねるアンケートを実施。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 今後の大規模調査と長期間実施した際の変化をみる 研究が待たれるところです。 by Tirachard Kumtanom 昆虫を原料とした食糧危機を救う可能性のある新食材「パワー小麦粉」が開発されるなど、昆虫食が近年注目を浴びています。そんな中、新たな研究によって昆虫は栄養 情報源: 昆虫食は腸内の善玉菌を増やし胃腸の健康にいいことが判明

Read More

肥満の「病的な脂肪組織」を「健康的な脂肪組織」に変換し、2 型糖尿病の発症を抑制することを発見 | 日本の研究.com

サーチュイン遺伝子とは、その活性化により 生物の寿命が延びるとされるため、 長寿遺伝子とも呼ばれています。 現在までのところ、酵母、線虫、ショウジョウバエで 寿命延長効果があることがわかっているとのこと。 サーチュイン遺伝子|wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/サーチュイン遺伝子 このサーチュイン遺伝子のうち、 Sirt1 遺伝子は、長寿遺伝子サーテュインファミリーに 属する遺伝子で、抗糖尿病作用が知られているそうです。 富山大学大学院医学薬学研究部の研究グループは、 Sirt1 遺伝子の活性化化合物 SRT1720 を 高脂肪食で誘導した肥満マウスに投与して 糖尿病が改善されるかを実験。 その結果、脂肪組織に変化が見られたそう。 その大きな変化とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】前駆脂肪細胞での長寿遺伝子Sirt1の活性化は脂肪組織での血管の発達を促すことにより、肥満の「病的な脂肪組織」を「健康的な脂肪組織」に変換し、2 型糖尿病の発症を抑制することを発見 | 日本の研究.com

Read More

「ドラゴンボール」重力室の効果を再現、高い重力下で運動能力が向上 中部大学 | 大学ジャーナルオンライン

人気漫画の「ドラゴンボール」。 その中で、主人公の孫悟空が修行していた”重力室”。 この重力室で、過重力によって、 戦闘のための運動能力を高める修行をしたわけですが、 実際に過重力の中で運動するとどうなるのでしょうか。 中部大学工学部ロボット理工学科の平田豊教授らは、 遠心力を利用する過重力付加装置を使って行なった 実験をご紹介します。 通常の重力と遠心力が合わさって、 2Gの重力加速度を体軸方向に付加することが できる装置を用意。 実験では、こうした過重力環境下において、 視界が左に約17度ずれるプリズムゴーグルを装着し、 正確に指標(タッチパネル上の赤い円)を 指差す訓練を行ったそうです。 被験者4名が行なったのは、 ・1G ・2G の環境でどうなるかを実験。 その結果、運動能力は高まったでしょうか。 また重力の違いでその効果はどのような違いが あったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。   中部大学工学部ロボット理工学科の平田豊教授らは、人の運動学習能力が、重力を地上の重力加速度1Gを上回る過重力にすると高まることを実験で確認した。 情報源: 「ドラゴンボール」重力室の効果を再現、高い重力下で運動能力が向上 中部大学 | 大学ジャーナルオンライン

Read More

心の中に潜んで悪意のある考えや行動のもととなる「ダークコア」とは?|GIGAZINE

心理学や犯罪学、行動経済学などの分野で 最近注目されている、社会的に到底受け入れられない と思うような行動を平然ととる人物。 こうした人たちに共通する特徴は、 Dark Traits(闇の特徴)と名付けられているそう。 そして、こうした人たちの人格の中に Dark Core(ダークコア)が存在しているとしています。 ドイツのウルム大学とデンマークのコペンハーゲン大学 による研究チームが、このDark Traitsには複数の要素があり、 それぞれが相互に関連していることを明らかにし、 「D-factor(D因子)」と呼ばれる概念が 存在していることを提唱しているという記事をご紹介します。 「D-factor(D因子)」は、心理学者である イギリスの心理学者チャールズ・スピアマンの (スピアマンの順位相関係数は有名) 因子分析でも馴染みのある 「g因子」と「s因子」の関係と類似するものなのだそう。 ただし、「D-factor(D因子)」の場合は、 人の悪意に関連する因子としてですが。 この「D-factor(D因子)」には9つの特徴があるそうですが、 それらはどのようなことに強い相関があったでしょうか。 D因子が高い人の特徴とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 By yori kato この世の中には実にさまざまな考え方を持つ人が共に暮らしているものですが、その中には明らかに倫理的に疑問を抱かせる行動やモラル的に問題のある行動、または社会的にとても受け入 情報源: 心の中に潜んで悪意のある考えや行動のもととなる「ダークコア」とは?

Read More

家庭生活に伴って排出されたCO2の都道府県別変動要因を特定 長崎大学・滋賀県立大学など|大学プレスセンター

温暖化の影響が徐々に表面化しているような 気候変動が起こっている昨今。 世界中が取り組みを必要とする中で、 日本も例外ではありません。 日本全体での取り組みを考えるとき 条件が異なる都道府県の状況を把握することが 重要になってきます。 今回ご紹介する研究は、日常生活での 二酸化炭素(CO2)排出量について、 47都道府県における1990年から2015年までの 都道府県ごとの排出変化の特徴を 可視化したという研究です。 長崎大学大学院、株式会社E-konzal、 滋賀県立大学の研究グループは、 日本の47都道府県における日常生活 (家庭内のエネルギー利用を対象とし、乗用車の利用を除く) に伴う二酸化炭素(CO2)排出量を、 人口動態・エネルギー消費・エネルギー技術の観点から 6つの要素に分解。 1990年から2015年までの都道府県ごとの 排出変化の特徴を可視化した。 エネルギー消費形態の改善によって 排出量の削減に成功していたのは、 どこの都道府県だったでしょうか。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 長崎大学・滋賀県立大学などの研究グループが家庭生活に伴って排出されたCO2の都道府県別変動要因を特定 -- 温室効果ガス削減目標の達成に向けて都道府県ごとの取組みの必要性を示唆

Read More

フッ素化学の錬金術:フロンガスを医薬品に変換する製造プロセスの開発に成功 | 日本の研究.com

フッ化化合物は私たちの暮らしの案外近くに かなりの数が存在しています。 パソコンや携帯電話などに用いられる液晶、 フライパンなどのテフロン加工製品、 農薬や殺虫剤、治療薬、人工血液や人工血管、 そして歯の再石灰化を促す働きがあるため歯磨きにも。 利用範囲の広いフッ素化合物ですが、 人工物から製造するために莫大な費用がかかることが難点で、 特に医薬品や農薬など使われる有機フッ素化合物は、 その化学構造が複雑であるため製造費がかかるのだそう。 名古屋工業大学の柴田教授らの研究チームは 数年前からフロン23の有効利用に関する研究を 行なっていました。 長年、廃棄物でしかなかったフロン23。 このフロン23をリサイクルできる方法を発見したそう。 これまでの研究でリサイクルができること自体は 見出せていたようですが、今回の研究では、 安価な塩基と汎用溶媒を組み合わせるだけで 簡単に実施できる方法なのだそう。 その具体的な仕組みとは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】フッ素化学の錬金術:フロンガスを医薬品に変換する製造プロセスの開発に成功 | 日本の研究.com

Read More

中年期に「お酒を飲まなかった人」は認知症リスクが「高い」という研究結果|GIGAZINE

「酒は百薬の長」と言われますが、 それは本当でしょうか。 健康に関連するとして、それはどのような 疾患に対して影響があるのでしょうか。 今回ご紹介するのは、認知症と飲酒経験の関係について 1980年代中頃に開始したコホート調査です。 開始当時35~55歳だったロンドンの公務員9000人を対象とし、 被験者の年齢が平均50歳だった 1985年から1993年にかけてアルコール消費量を計測。 その後、平均23年にわたって被験者の状態を追跡調査したそうです。 研究者が中年期におけるアルコール摂取と その後の人生の認知症のリスクを調べて わかったこととは? その摂取量との発病との関係は? 詳しくはリンク記事をご確認ください。 飲酒については、個人の体質もあるでしょうし、 現在だけでなく過去の飲酒経験も関係あると思います。 今回の研究対象は中年期ですが、若年期の影響や 高齢期にどうなるかは次の研究が待たれるところ。 いずれにしても、「百薬の長」を目指すなら 飲み過ぎにはくれぐれもご注意を。 by Natasha Kapur 飲酒と認知症の関係を長期間にわたって調査した研究で、中年期にお酒を全く飲まなかった人は、その後の人生で認知症と診断されるリスクが高くなるという調査結果が発表されま 情報源: 中年期に「お酒を飲まなかった人」は認知症リスクが「高い」という研究結果

Read More
error: