Home > webmaster (Page 2)

電車の音にはリラックス効果があると判明!|名城大学、名古屋鉄道株式会社|PRTIMES

名古屋鉄道株式会社は、今年度「RELAX」をテーマに、 名鉄グループ受験生応援企画 『MEITETSU SAKURA PROJECT.』を、 2019年11月28日(木)から 2020年3月31日(火)まで実施中。 その企画の一つとして、名鉄電車の音で制作した リラックスミュージック 「Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study」を、 「MEITETSU SAKURA PROJECT.」 特設WEBサイトにて、1月9日(木)より公開しています。 この応援企画に伴い、名城大学と名古屋鉄道株式会社が 名鉄電車の音とリラックス効果に関する調査を実施。 調査の内容は、 ・名古屋鉄道の様々な路線の走行音が、 「1/f ゆらぎ」と呼ばれる指標にどれだけ近いのか ・音の高さの変動がどのような周期を持っているかを、 西野教授が作成したプログラムで計測 ・名鉄の各路線、制作した楽曲全体、楽曲を 3秒ごとに区切った場合 のそれぞれで調査したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 名古屋鉄道株式会社のプレスリリース(2020年1月9日 14時30分)電車の音にはリラックス効果があると判明!名鉄電車の音で制作したリラックスミュージックで、受験生を応援![Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study]1月9日(木)より公開! 情報源: 電車の音にはリラックス効果があると判明!名鉄電車の音で制作したリラックスミュージックで、受験生を応援!「Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study」1月9日(木)より公...  

Read More

「交渉はかえって裏目に回る」との指摘、それではやむをえず交渉をする場合は一体どうすればいいのか?|GIGAZINE

交渉が必要な場面に臨む場面は 仕事をしているときなど誰しもが経験することの ひとつなのかもしれません。 人によって初めから強気で出てくる人もいれば、 穏やかな話し合いの中から双方の利益に つながるような交渉の場がもてることもあります。 交渉に有意義な時間となることもあれば、 無駄な時間を過ごしたと思うこともあります。 ペンシルベニア大学ウォートンビジネススクールの モートン・シュヴァイツァー教授が、 こうした交渉に関して 参加者を会社の労働者に見たてた実験を行いました。 労働者を「賃金について雇用者と交渉するグループ」と 「交渉しないグループ」に分けて、 交渉がその後の仕事にどのような影響を与えるかを 観察したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 家族や友だちとのちょっとしたルールづくりから、仕事での給料や待遇を巡る労使交渉に至るまで、人々の生活には協議や折衝があふれています。こうした交渉を「いかに有利に進めるか」という研究はこれまで多く行われてきましたが、肝心の「交渉した後」についてはあまり注目されてきませんでした。ペンシルベニア大学ウォートンビジネススクールのモートン・シュヴァイツァー教授が、心理学者としての立場から「そもそも交渉をすべきかどうかよく考えるべき」と指摘しています。 情報源: 「交渉はかえって裏目に回る」との指摘、それではやむをえず交渉をする場合は一体どうすればいいのか?  

Read More

「痛み」の感じやすさの違いは「民族の差ではなく差別経験の有無」である可能性|GIGAZINE

痛みの感じ方には人により違いがあると言われますが、 アメリカなどでは人種による痛みの感じ方の違いについてを 科学的根拠のない話として伝わることがあったそうです。 マイアミ大学の研究チームは、 実際に痛みを感じている人の脳を 磁気共鳴機能画像法(fMRI)でスキャンする という実験を行いました。 実験に参加したのは、黒人であるアフリカ系アメリカ人28人、 ヒスパニック系アメリカ人30人、 非ヒスパニック系アメリカ人30人の 合計88人。男女比はほぼ1対1だったそうです。 分析の結果、他の民族よりとは痛みの評価が 異なる場合があったそうです。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 奴隷制が敷かれていた時代のアメリカでは、「黒人はほとんど痛みを感じない」という俗説が信じられ、黒人奴隷に対して激しい体罰が加えられることがありました。この俗説は科学的な根拠がない迷信でしたが、最新の研究により実際に「痛みの感じやすさには差がある」ことが判明。また、その原因は民族ではない可能性があることも突き止められました。 情報源: 「痛み」の感じやすさの違いは「民族の差ではなく差別経験の有無」である可能性  

Read More

疲弊する指導者と遠慮する若手研究者|Nature Japan

ネイチャー・リサーチが2019年秋に 日本の大学に所属する研究者や教職員、 学生を対象に、学術論文の執筆に関する アンケート調査を実施。 アンケートの回答者は1255名で、 「若手」は、学部学生4%、大学院生46%、ポスドク50%、 「指導者層」は、教授、准教授、助教、講師の中で、 論文指導を行うと答えた人を指しています。 メンターのメリットやデメリット、研究費について、 一人の指導にかかる時間、英語による執筆の問題、 そして論文構成についてなどの調査。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 ネイチャー・リサーチが、日本の研究者と学生に対し、学術論文の執筆やその指導に関するアンケートを行った。その結果、メンターや先輩を頼りたくても頼れない現代の若手研究者の姿が浮かび上がってきた。 情報源: 疲弊する指導者と遠慮する若手研究者  

Read More

世界初!よちよち歩きの赤ちゃんのO脚の原因を解明 順天堂大学 | 日本の研究.com

よちよち歩きの1歳半から2歳ごろの赤ちゃんが、 人によっては膝と膝の間が離れているO脚になり、 歩き方が不安定に見えることがあります。 このようなO脚は「生理的O脚」と呼ばれているそうです。 O脚・X脚|日本整形外科学会 https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/bowleg_and_genu_valgum.html 順天堂大学の共同研究チームは、 「生理的O脚」でもくる病と同じように 「骨への軽い栄養障害が起こっているのではないか」 と予想し調査を実施。 O脚を心配して来院した赤ちゃんたちと、 O脚がなく風邪などで来院した同じ年齢層の赤ちゃんを、 男女比が同じになるように調整して、 骨に関する血液検査の結果を比較したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】世界初!よちよち歩きの赤ちゃんのO脚の原因を解明 ~「生理的O脚」と呼ばれている状態とビタミンD欠乏との関連~ | 日本の研究.com

Read More

男女の好感度はチームワークにどのような影響を与えるのか?|GIGAZINE

チームワークは学校でも職場でも 重要なテーマとして取り上げられます。 今回ご紹介する研究は、 相手への好感度がチームづくりにどのように 影響を与えるかという研究です。 ハンブルク大学の研究チームは、 チームワークを要する場面で、 相手への好感度がどのような影響を与えるのかを 調べるため、実験を行いました。 対象者は男女それぞれ16名ずつ、計32人。 まず各参加者に見た目だけで順位をつけさせ、 その結果を結果を全員に伝えました。 ランキングを知らせるのは、自身を高くランク付けした人には 高い好感度を抱き、低くランク付けした人に対しては 低い好感度を持つようになるからだそう。 その後、参加者をペアやグループに分けて、 「架空の投資を行うゲーム」を行いました。 投資の結果を事前に調査した好感度に 照らし合わせてわかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   「誰にでも平等に接する」ことは非常に難しく、好きな相手には優しく、嫌いな相手には冷たく接してしまいがちです。チームワークを要する場面で、相手への好感度がどのような影響を与えるのかをハンブルク大学の経済学者、レオニー・ジェハーズ氏が研究しており、男性の場合は異性間、女性の場合は異性および同性間で、好感度によって協調性が大きく変化することが明らかになりました。 情報源: 男女の好感度はチームワークにどのような影響を与えるのか?  

Read More

ひきこもり者を適切に支援するための新しい国際評価基準を開発 九州大学 | 日本の研究.com

「社会的ひきこもり(以下、ひきこもり)」は、 6 ヶ月以上にわたり就労・学業など 社会参加を回避して、自宅に留まっている 現象のことを一般的に指しています。 社会的ひきこもり|心の健康のためのサービスガイド|京都府精神保健福祉センター|京都府 http://www.pref.kyoto.jp/health/health/health07_f.html ひきこもり者の回避状態を評価することは難しく、 家族は困難な状態を感じていたとしても 本人がひきこもっていることを自覚していない場合もあります。 さらに、海外でも同様の現象が報告されており、 国際的に通用する「ひきこもり」の評価基準が求められています。 九州大学と米国オレゴン健康科学大学の 研究グループは、国際的に通用する病的な 「ひきこもり(hikikomori: pathological social withdrawal)」 の診断評価基準を新たに開発。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】ひきこもり者を適切に支援するための新しい国際評価基準を開発 ~早期介入および国際化するひきこもり現象の対応実現へ一歩前進~ | 日本の研究.com  

Read More

新型コロナウイルスから“世界”を救う研究は、いまも猛スピードで進められている|WIRED.jp

研究者が研究を行い、新たに発見したことを 発表する場は、例えば学会であったり、 さまざまな論文誌であったりします。 特に論文誌に掲載されるためには、 その研究の論文を査読を受け、 採択される必要があります。 論文誌に研究成果が掲載されるまでには、 ある程度の時間が必要となります。 現在、猛威をふるっている新型コロナウイルスのように 治療薬が見つかっていない新規のウイルスが 発見されたときに、その研究成果を通常の 論文誌掲載までのステップを踏んでいては間に合いません。 いち早く研究の成果を世界に共有すべく、 査読・修正前の論文をオンラインで公開する動きが 加速しているという記事をご紹介します。 査読や修正前の論文が公開されるメリットとデメリットは? さらにSNSで伝搬されることのリスクとは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 猛威をふるう新型コロナウイルスから“世界”を救うべく、いまも世界中の研究者たちが猛スピードで研究を続けている。こうしたなか、いち 情報源: 新型コロナウイルスから“世界”を救う研究は、いまも猛スピードで進められている|WIRED.jp

Read More

香りで睡眠学習の効率が大幅にアップすることが判明|GIGAZINE

アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルクの 研究チームは、54人の生徒を対象に、 バラの香りのアロマを用いて実験を行いました。 調査対象となった生徒を、 「自宅学習時・睡眠時・単語テスト時に何の匂いも嗅がない」 「自宅学習時と単語テスト時のみ香りを嗅ぐ」 「自宅学習時と睡眠時のみアロマを嗅ぐ」 「自宅学習時・睡眠時・単語テスト時にアロマを嗅ぐ」 という4つのグループに分け、 単語テストの結果をグループ間で比較。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 「記憶は寝ている時に定着する」という説に基づき、記憶したい内容を睡眠中に音声で流すことでより効率のよい学習を目指す睡眠学習で「匂いを応用することで学習効果を大幅にアップさせることができる」という実験結果を、アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルクの研究チームが報告しています。 情報源: 香りで睡眠学習の効率が大幅にアップすることが判明

Read More

一緒に働く同僚は自分とは正反対の人物のほうがいい、米ハーバード大学研究|@DIME アットダイム

一緒に働きやすいと感じる人はどのような人でしょうか? 昨今はロボットやAIの普及で、人間だけでなく ロボットと一緒に働くということも考えられる時代に なってきていますが、ロボットと一緒に働くことに 皆さんはどのような印象を持っているでしょうか。 ハーバード大学の公共政策大学院の研究グループが スウェーデンの全国民(当時900万人)を対象に 10年以上にわたり、それぞれの教育、仕事、 同僚のヒストリーを辿った調査を実施しました。 高い収入を得る傾向がある組み合わせは? ワシントン州立大学やカナダ・オタワ大学をはじめとする 合同研究チームが、アメリカ、カナダ、フィリピンの さまざまな労働者数百人に対して実施した 上司や同僚との関係など職場での 人間関係の実態を探る調査結果でわかったこととは? また、調査会社の「YouGov」がUAEの人々に対して行った ロボットと働くことに関しての調査で、 上司がロボットであることに対する快不快の分析結果とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 一緒に働く同僚は自分とは正反対の人物のほうがいい、米ハーバード大学研究|@DIME アットダイム

Read More
error: