新型コロナウイルスの第2波をGoogleやTwitterのリアルタイムデータから予測するアルゴリズムを研究者が開発|GIGAZINE

新型コロナウイルスの流行を予測する方法について 世界的に研究が進められています。 日本でも数理モデルを用いた予測情報が 活用されていることでも多くの人が予測モデルについて 知る機会となっています。 ハーバード大学やノース…

さらに表示 新型コロナウイルスの第2波をGoogleやTwitterのリアルタイムデータから予測するアルゴリズムを研究者が開発|GIGAZINE

ウナギの保全が淡水生態系の生物多様性保全につながる 神戸大学など | 大学ジャーナルオンライン

環境の変化が大きい現代では、生態系を維持する ということがとても難しくなってきています。 ある生態系を代表する種(サロゲート種)に絞って 保全努力を集中させることで、その生態系全体を 保全しようとする考え方があるそうです…

さらに表示 ウナギの保全が淡水生態系の生物多様性保全につながる 神戸大学など | 大学ジャーナルオンライン

鳥の歌が北米大陸を3000キロメートルも横断し新しい流行を生み出していたことが判明|GIGAZINE

渡り鳥は、長距離を飛んで移動します。 今回ご紹介する研究は、北米大陸に生息する渡り鳥の ノドジロシトドの鳴き声に関する研究です。 カナダのノーザン・ブリティッシュ・コロンビア大学の 生物学者であるケン・オッター氏は、カナ…

さらに表示 鳥の歌が北米大陸を3000キロメートルも横断し新しい流行を生み出していたことが判明|GIGAZINE

英語のLとRの聞き分け力、瞳孔反応で客観的に推定 豊橋技術科学大学 | 大学ジャーナルオンライン

日本人が英語を学ぶときに難しいことのひとつが 「L」と「R」に聞き分けと発音です。 LightとRight GlassとGrass longとWrong などは舌の置き場所で発音が変わるため、 その聞き分けは難しいもので…

さらに表示 英語のLとRの聞き分け力、瞳孔反応で客観的に推定 豊橋技術科学大学 | 大学ジャーナルオンライン

喫煙率の社会格差は縮小していない ~格差を考慮した喫煙対策を~ | 日本の研究.com

喫煙率は、職業階層・教育歴・収入といった 社会経済的要因と強く関連していることが 国際的に広く報告されているそうです。 健康格差だけでなく、経済格差にもつながっているという 調査報告が国際的にはあるものの、日本においては…

さらに表示 喫煙率の社会格差は縮小していない ~格差を考慮した喫煙対策を~ | 日本の研究.com

花の観賞は心身のストレスを緩和する – “花の癒し効果”を実証 – | 日本の研究.com

花を見たり、花を部屋に飾ったりすることで、 気持ちが穏やかになったり、癒された気持ちに なったりすることがあります。 農業・食品産業技術総合研究機構と筑波大学などの 研究グループは、花にストレス緩和や癒しの効果が あるの…

さらに表示 花の観賞は心身のストレスを緩和する – “花の癒し効果”を実証 – | 日本の研究.com

20年間「実験終了後のマウス」の養子縁組を行い続けてきた科学者|GIGAZINE

アンドラでご紹介している研究の中でも、 マウスを使った実験を行っているものが多くあります。 動物実験に使われたマウスは実験が終わると 処分される運命にあります。 ウィスコンシン=グリーンベイ大学の生物学者である リチャー…

さらに表示 20年間「実験終了後のマウス」の養子縁組を行い続けてきた科学者|GIGAZINE

新型コロナによる公演中止を後世に伝える。早稲田大学坪内博士記念演劇博物館が資料提供を呼びかけ|美術手帖

新型コロナウィルスの影響で、様々な芸術関係が 影響を受けています。 集客を伴うため、多くの演劇公演が中止となり、 関係者は大きな打撃をうけています。 アジアで唯一の演劇専門総合博物館として知られる 早稲田大学の坪内博士記…

さらに表示 新型コロナによる公演中止を後世に伝える。早稲田大学坪内博士記念演劇博物館が資料提供を呼びかけ|美術手帖

甘いもの好きほどお酒に弱い、東京大学などが関連遺伝子領域を発見|大学ジャーナルオンライン

東京大学と株式会社ジーンクエストの 共同研究グループは、甘味の嗜好性に 東アジア人集団に特有のアルコール代謝に 関わる遺伝子領域が関与しているかどうかを 調べるため、日本人約12000人の ゲノム情報とWebアンケート情…

さらに表示 甘いもの好きほどお酒に弱い、東京大学などが関連遺伝子領域を発見|大学ジャーナルオンライン

夜中にスマホの光を浴びたマウスはうつ病のような症状を見せることが判明|GIGAZINE

睡眠の直前までスマートフォンやゲーム機などを 利用していると睡眠の質が低下するといった 研究結果について取り上げられることが増えています。 アンドラでも睡眠や睡眠とブルーライトなどの光に関する 研究をこれまでにも紹介して…

さらに表示 夜中にスマホの光を浴びたマウスはうつ病のような症状を見せることが判明|GIGAZINE