Home > webmaster (Page 2)

セキュリティ警告を数多く見過ぎると人間の脳は部分的に停止するということがMRIで判明|GIGAZINE

ウェブサイトを見ていると、セキュリティに関する警告や 何かのアラート表示などのポップアップ画面が 表示される場合があります。 危険な状態になる前にお知らせしてくれている とわかっていても、うんざりすることもあります。 こうしたセキュリティ警告が実際に 「どれほどの抑止力を持っているのか?」ということを、 ピッツバーグ大学・ブリガムヤング大学・Googleが MRIを使って検証する実験を行いました。 研究チームは25人の学生に MRI(核磁気共鳴画像法)の中で560枚の ソフトウェアのウィンドウやセキュリティ警告を見てもらい、 脳の注意力に関連する部分の反応を分析を実施。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 SSLサーバ証明書の設定方法などに問題があるページや認証されていないソフトウェアを開くと、セキュリティ警告がポップアップします。インターネットに親しんできたユーザーなら何度も見ている警告ウィンドウですが、このセキュリティ警告を何度も見ることで、人間の注意力が極端に低下していることがGoogleと複数の大学との共同研究論文で明らかになっています。 情報源: セキュリティ警告を数多く見過ぎると人間の脳は部分的に停止するということがMRIで判明  

Read More

興奮・興味・喜びの感情、学習中の記憶力向上に効果 | リセマム

学習を行っている時に気になるのは「記憶力」。 たくさん覚えたいことがあっても、 思うように覚えられないというとき、 記憶力を高めるために何かコツはないかなと 思うことがあります。 今回ご紹介する研究は、記憶力と感情について 研究した内容です。 NTTドコモとすららネットは、 小学4年生~中学3年生123名を対象に、 その被験者に対して、 「怒り」「興奮」「興味」「喜び」「落着き」「退屈」など 14の感情をそれぞれ持っている状態に誘導した後、 記憶力テストを実施したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくは以下のリンク記事でご確認ください。   NTTドコモとすららネットは、学習前の生徒に、学習内容とは無関係に「興奮」「興味」「喜び」の感情を持たせると、学習中の記憶力が有意に向上することを明らかにした。これを活用して、感情に寄り添った学習指導・フォローにより学力向上を図るサービスの実現を目指す。 情報源: 興奮・興味・喜びの感情、学習中の記憶力向上に効果 | リセマム

Read More

コンピューター科学の栄誉「チューリング賞」は、かくしてピクサーを支えたCG研究者に贈られる|WIRED.jp

ピクサー(ピクサー・アニメーション・スタジオ)といえば、 トイストーリーやモンスターズインク、 ファインディング・ニモなどのアニメーションで有名な アメリカの企業です。 Pixer Animation Studio https://www.pixar.com/ コンピューターサイエンス分野のノーベル賞として 知られる「チューリング賞」が今年も発表されました。 2020年の受賞は、ピクサー(Pixar Animation Studios)の 黎明期の2人のメンバーに決まりました。 世界初の長編CGアニメーションの映画である 「トイ・ストーリー」制作のカギとなったCG技術を 開発した功績で表彰されることになった、 エドウィン・キャットマルとパトリック・ハンラハンは どのような人物なのでしょうか? エドウィン・キャットマルが大学で行なっていた研究とは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 コンピューターサイエンス分野のノーベル賞として知られる「チューリング賞」が、ピクサーによるコンピューターアニメーション映画の制作を支えた技術者ふたりに贈られることが決まった。『トイ・ストーリ 情報源: コンピューター科学の栄誉「チューリング賞」は、かくしてピクサーを支えたCG研究者に贈られる|WIRED.jp

Read More

歴史とともに大盛りになりつつある「最後の晩餐」、特盛りとなる日も近いかもしれません|GIGAZINE

「最後の晩餐」というタイトルの絵画は レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた、以下のリンクの 絵画が有名です。 作品解説「最後の晩餐」|西洋絵画美術館 http://www.artmuseum.jpn.org/mu_saigonobansan1.html しかし、過去1000年の間に「最後の晩餐」を テーマに描かれた絵画は他にもたくさんあります。 今回は、この「最後の晩餐」の絵画52作の 食事部分に着目して分析したという 2010年に公開された面白い研究記事をご紹介します。 コーネル大学のBrian Wansink教授と、 Virginia Wesleyan CollegeのCraig Wansink博士の兄弟は、 2000年に出版された「Last Supper」に収録されたうち 最も有名な「最後の晩餐」の絵画52作をサンプルとし、 食事の盛りつけの量・皿の大きさ・パンの大きさを、 描かれた人々の頭の大きさとの比較により分析しました。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 「最後の晩餐」というとキリストの体と血を象徴するパンとワインの質素な食事と考えられていますが、最も有名なレオナルド・ダ・ヴィンチによるものを始め、過去1000年間に描かれてきた数々の「最後の晩餐」の絵画を分析したところ、キリストと使徒たちが囲むテーブルに盛られた食事は徐々に豪華に、大盛りになっていることが明らかになりました。 情報源: 歴史とともに大盛りになりつつある「最後の晩餐」、特盛りとなる日も近いかもしれません  

Read More

日本全国440火山の情報がひとめでわかるウェブ総合システムを開発 産業技術総合研究所 | 日本の研究.com

日本には火山がたくさんあります。 その火山活動で得られる地熱を利用したり 温泉が出たりと有効利用できるという側面もあれば、 噴火などにより大きな被害に見舞われることがある という側面もあるという状況の中で暮らしています。 国立研究開発法人産業技術総合研究所の 地質調査総合センター 活断層・火山研究部門の 研究チームは、日本の陸域に分布する 約440の第四紀火山の火山噴出物分布や 地質情報を表示、検索できる 「20万分の1日本火山図」を、 「日本の火山」データベースの新コンテンツとして公開しました。 詳しくはリンク記事でご確認ください。 また、「日本の火山」のウェブサイトは以下のリンクで ご確認ください。 日本の火山|産業技術総合研究所 地質調査総合センター https://gbank.gsj.jp/volcano/ 情報源: 【プレスリリース】日本全国440火山の情報がひとめでわかるウェブ総合システムを開発 -世界的にも高精度な「20万分の1日本火山図」データベースを公開- | 日本の研究.com

Read More

自然とのつながりを感じられる子どもは「子ども自身が幸せなだけでなく他人にも優しい」ことが判明|GIGAZINE

緑豊かな場所で過ごすことは、大人だけでなく 子どもの成長にも重要な意味をもつという 研究結果も発表されています。 メキシコのソノラ工科大学の研究グループは、 自然とのつながりと子どもの行動の関係について メキシコに住む9~12歳の子ども296人を対象に、 3つのアンケートを実施しました。 自然にまつわる好き嫌いや感覚についての16の設問を 「完全にあてはまる」から「まったく当てはまらない」の 5段階で回答するリッカート尺度形式の アンケート調査で実施しています。 2つ目の調査は、「持続可能な社会行動」に関する 質問については、「利他主義的傾向・環境に優しい行動・ 公平さ・節制」などについて回答してもらう内容で実施。 3つ目の調査では、主観的幸福感尺度(SHS)で 子どもの「幸福度」調べるアンケートを実施し、 これらの結果を分析した結果、相関関係があると わかったのはどの項目だったでしょうか? 「幸福度」と最も関係が深かったものは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   これまでの研究により、「緑の少ない場所で育った子どもは精神疾患のリスクが55%も高い」ということが分かっており、子どもの健全な発達には自然が必要だとの見方が強まっています。今回行われた新しい研究により、「自然とのつながりは子どもの幸福だけでなく、人に優しくなれる人間性を育む」ことが確かめられました。 情報源: 自然とのつながりを感じられる子どもは「子ども自身が幸せなだけでなく他人にも優しい」ことが判明  

Read More

シカ死体の除去に関わる動物たち―日本の森林生態系に新たな知見 | 大学ジャーナルオンライン

ハイエナやジャッカル、ハゲワシやハシブトガラスなどは 動物の死体の肉を食べることで知られており、 腐肉食動物(スカベンジャー)と呼ばれて、 生態系において重要な役割を担っています。 腐肉食|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/腐肉食 日本では、ハゲワシなど死肉の採食に特化した 動物がいないため、どのように大型動物の死体が 消失するのかはよくわかっていないそうです。 東京農工大学、イリノイ大学、東京農業大学の 共同研究チームは、日本における大型動物死体の スカベンジャーになりうる動物種と、 それらの動物による死体の利用状況を調査。 日本において、シカ死体のスカベンジングを 行っているのはどのような動物でしょうか? 詳しくはリンク記事でご確認ください。   動物の死体は、捕獲などのコストをかけずに得られる食物資源である。また、死肉を食べる動物(スカベンジャー)は、生態系の維持や物質循環の上で重要な役割を担う存在だ。 シカ死体の除去に関わる動物たち―日本の森林生態系に新たな知見 情報源: シカ死体の除去に関わる動物たち―日本の森林生態系に新たな知見 | 大学ジャーナルオンライン  

Read More

「THE世界大学ランキング日本版2020」発表|PRTIMES

英国の教育専門誌である 「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」(以下「THE」)は 「世界大学ランキング」を2004年から発表しています。 アンドラでは、その結果が公開されると 「学習ニュース拾い読み」でご紹介しています。 https://andla.jp/wp/?s=世界大学ランキング 毎年、世界におけるランキングの他に、 日本国内の大学におけるランキングも発表。 ランキング指標として、「教育リソース」「教育充実度」 「教育成果」「国際性」の4分野で構成されており、 今回は278の大学を対象として評価が行われ、 ランキング結果が発表されました。 今年ランキングが1位となった大学とは? 分野別ランキングの結果は? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 株式会社ベネッセホールディングスのプレスリリース(2020年3月24日 17時00分)[THE世界大学ランキング日本版2020]発表 情報源: 「THE世界大学ランキング日本版2020」発表

Read More

抽象画に「深いことを言ってるっぽく見えるデタラメなタイトル」を付けると評価が高くなるという研究結果|GIGAZINE

美術館に絵画を観に出掛けた時に、 絵の横や下に小さく記載されているタイトル。 作品番号の場合もあり、絵を表すような その絵に意味付けしているような場合があります。 ウォータールー大学の研究チームは、 抽象画に「コンピューターが生成した絵を表すような 意味は持たないけれども、深遠なことを言ってるように 見えるタイトル」を付け、抽象画を見る人の判断に どのように影響するのかを調べる実験を行いました。 1つ目の実験は、被験者200人の学部生を対象に、 コンピューターで生成されたさまざまな抽象画 (タイトルのあるものやタイトルがないもの、 絵の内容には関係ないタイトルがついたものなど) を鑑賞してもらうというもの。  2つ目の実験では218人の大学生を対象に、 「ありふれたタイトル」と「深いことを言ってるように 見えるデタラメなタイトル」が付けられた抽象画を評価。 3つ目の実験では、「人間の芸術家が描いた抽象画」と 「コンピューターが生成した抽象画」を混ぜて同様の実験を実施。 4つ目の実験では「コンピューターが生成した 深いことを言ってるように見えるデタラメなタイトル」の中に 「実際に国際芸術の場で使用される 『International Art English(国際芸術英語)』を使ったタイトル」 を混ぜて、抽象画の評価が変わるかどうかを調査。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 具体的な対象を描かない抽象画は時に「訓練したチンパンジーでも描ける」といった批判にさらされることもあり、実際にチンパンジーの「コンゴ」に描かせた抽象画も取り引きされています。ウォータールー大学の研究チームが発表した研究では、「抽象画にコンピューターが生成した『深いことを言ってるように見えるデタラメなタイトル』を付けると、鑑賞者が抽象画をより高く評価する」と報告されました。 情報源: 抽象画に「深いことを言ってるっぽく見えるデタラメなタイトル」を付けると評価が高くなるという研究結果

Read More

「柿」の全ゲノム解読 ~ 植物における「性の進化」のヒント | 日本の研究.com

柿は日本で最も古くから利用される果物で、 奈良時代までさかのぼることができるのだそうです。 甘柿と渋柿があることでも知られています。 学名にも”カキ”という言葉が用いられているのだそうです。 柿|学んでみよう|アグリマーケット|全農とっとり https://www.jan-agri.com/study/kaki/ カキノキ|Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/カキノキ 100年以上も謎に包まれていた「植物の性別」を 決定する遺伝子が世界で最初に発見されたのは 柿(カキ属)だそうです。 岡山大学、カリフォルニア大学デービス校、 かずさDNA研究所、京都大学の研究グループは、 柿の野生種の一つであるマメガキについて 全ゲノム配列を解読したそうです。 その結果、わかったこととは? 詳しくはリンク記事でご確認ください。 情報源: 【プレスリリース】「柿」の全ゲノム解読 ~ 植物における「性の進化」のヒント | 日本の研究.com

Read More
error: