学びと遊びの歴史|東京学芸大学

東京学芸大学のデジタルアーカイブ

大学名:東京学芸大学

デジタルアーカイブ名:学びと遊びの歴史

https://library.u-gakugei.ac.jp/digitalarchive/archivetop.html

東京学芸大学附属図書館特別コレクションのデジタル本文画像アーカイブ。
平安時代末期から明治前期まで、広く使われた初級教科書である「往来物」江戸時代に始まり明治、大正、昭和にかけて印刷物として大衆に広く流布した遊具の一つである「絵双六」、千代紙風の図鑑的な知育玩具である「おもちゃ絵」、心学資料など。